上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
久々登場Toruです。


昨夜は、現在バイト中の日本食レストランにて、揚げ場のトレーニング。
天ぷらを揚げたり、揚げだし豆腐を作ったりしています。

しかし、片付けがやたら大変で、終わったのが12時15分。
家に帰ってきたのが12時40分ごろでしょうか。。

ところが、バイト先に財布を忘れてきたのと合わせて、とても大切なものを
忘れて来てしまったため、あわてて再度出発。

夜の街を再度バイト先まで20kmほどドライブ。。。
そんなこんなで昨夜は2時過ぎに就寝。



それでも、今朝は久々な程の重い体を引きずって朝の7時に起床。
バイトの筋肉痛もあいまってゾンビのように服を着替え出発。


バスに乗って向かう先に待ち受けるのは、こちら!!

Ports of the Auckland Round the bay

参加者数8万人に迫ろうかという世界最大規模のランニングイベントです。
距離はわずかに8.4キロ。

ちなみに、参加者のうち約4万人がランナーで、残りが歩く人たちだと推測されています。


東京マラソンが3万5千人。
世界最大といわれるニューヨークマラソンが3万8千人。

日本では有名なホノルルマラソンで2万人~2万5千人という規模です。

(もっともマラソン大会とランニングイベントでは参加するハードルが違うのは事実・・)



それだけの規模の大会だけあって、スタートのために並ぶスペースも片側2車線の道路を完全封鎖して、
1キロにわたって人が並びます。

スタートには、NZのキー首相もお目見えするほどの力の入れよう。
(日本でいうと、鳩山さん)

quay.jpg
手を振るキー首相。


僕たちは、スタートまで30分みたいな状況は嫌だったので、だいぶ前の方でスタンバイ。
アナウンスによると8万人以上の参加者となったとかならないとか・・・


とにかく走っていてもすごい人・人・人。。。

こんな綺麗なビーチ沿いをひたすら走るわけです。
DSC04090.jpg


ちなみに、とてもわかりにくいですが、ビーチを左に回って、写真左側にある小屋のようなところを
更に右に回り込んでいきます。
その先まですでに人が走っている状況。

多分、先頭集団がゴールしたタイミングではまだスタートを切っていない人がいるという感じです。



また、このイベントはベビーカーを押して参加することが認められており、
kiwiハズバンドなる男性が、押しながら走っている姿を何台も見ました。
この人たちがまた早いこと早いこと。
(ランニング用のベビーカーはNZで発明されたんだそうです)

このあたりも文化の違いを感じるところです。





そんなイベントも二人して約70分かけて、途中止まって写真を撮ったり、
水を飲んだりしながらのんびり走りました。

ただ、大規模なイベントながら、スタート地点、ゴール地点ともに屋台なども特になく。。。
ゴール後、ずっと背負っていたバナナとリンゴをかじり、家へと帰ってきました。
シャワーを浴び、遅めの昼ご飯を食べ、その後夕方まで爆睡となりました。


帰りのバスで寒かったのかやや風邪をひいてしまい、
いまだ背中が痛いのは風邪のせいなのか、筋肉痛なのか。
悩ましいところです。


11月のオークランドマラソンに向けて、トレーニングを開始しなくてはと
改めて思ったイベントでした。


スポンサーサイト
2010.03.15 Mon l ランニング l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aotearoagohan.blog28.fc2.com/tb.php/82-63428411
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。