上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Toruです。

学校が始まって3週間。
いまだ、包丁を握る気配もなく、日々カスタマーサービスや職場の安全に関する勉強をしています。
最近は英語だけではなく、韓国語を学ぶ日々です。


さて、そんな中、昨日はMairangi Bayというところにある、
PaperMoonというレストランに行ってきました。

ここは、先日脱出してきた隣の棟に住んでいるDenというジャイアンのような
ナイスガイがシェフの一人として働いているお店。
彼が「Northshoreでは、2番目に美味い店だ」と言い切った店でもあります。
ちなみに、イタリアンに分類されるらしい。
一番美味しい店がどこかは不明。。


ということで、

wine200210.jpg
まずは二人で乾杯のスパークリングワイン

本当はシャンパンにしようと思ったんですが、シャンパンはボトルでしか販売しておらず、
ウエイターさんにグラスはないの?と聞いたところ、

「こっちのスパークリングワインだったらグラスがあるよ。
 シャンパンとの違いは、シャンパーニュ地方のスパークリングワインじゃないって言うだけさ。」
と陽気にお勧めしてくれました。
(後にこの彼は日本語が話せることが判明!)

ということで、NZのCloudy Bayという世界にNZのSauvignon Blancを知らしめた
ワインの産地で作られたスパークリングワインにしました。

残念ながらお酒の弱い僕は3口でノックアウト。
いや、この日は朝から何も食べてなかったし、疲れていたからに違いない・・・

残りはSakuraさんによって消費されました。
ちなみに、彼女はその後、赤ワイン、およびデザートワイン代りにベイリーズの
ホットチョコレートカクテルを飲んでおりました。


Artichoke200210.jpg
Alcachofas Rellenos [Stuffed Artichoke]

生まれて初めてのアーティチョーク(朝鮮アザミのつぼみ)にチャレンジです。
やや酸味のきいたアーティチョークにオリーブの実とバルサミコドレッシングがよく合います。

日本のイタリアンレストランでも食べたことがないので比較対象はないですが、
なかなかに前菜としてはいい感じで食が進みます。


chips200210.jpg
Skinny Chips & Aioli

続いての一品は、Skinny Chips。

僕は、Aioli(マヨネーズのようなソース)をRavioli(パスタの一種)と勘違いしており、
SakuraさんはなぜかCalamari(イカの一種)と勘違いしていたため、二人とも一瞬「ポテトだけ???」。

まぁ、よくわからないけど食べてみようと食べてみると・・・
「うまい!!」

いわゆるチップス(フライドポテト)にはない、なんだか美味しい味がする。
そして、なんとなく懐かしい味わい。

それは、日本の「コンソメパンチ」と同じ、
そして、ファーストキッチンでコンソメ味のフレーバーを追加したときと
同じ味わい。

何とも高級なジャンクフードですw



pizza200210.jpg
Seafood Pizza

続いて、いよいよメインへと向かいます。
随分前に、Denが賄いのピザを持って帰ってきたときのピザが美味しかったことを覚えていた二人は、
しっかりとピザを注文。

マッスル(ムール貝)、エビ、ホタテ、イカ、鯛がのったシーフードピザ。
上に乗っているレモンを絞っていただきます。


これがまた、絶品。
トマトソースとチーズ、それにレモンの酸味のバランスが絶妙で抜群でした。
具も新鮮な上に、いい火の通り方です。

日本ではあんまり高いお店に行かない二人は、このレベルのピザを食べることがないので
ひとしきり感動。

あっという間になくなりました。


lamb200210.jpg
Organic Lamb Shoulder Confit

そして、もう一品。
やはり、ニュージーランドと言えばラムです。

写真手前がボケてますが、ラムのコンフィ。
真中にバターソテーのホウレンソウとオーブンで軽く火を入れたトマト。
奥がうすーくスライスしたジャガイモを積み重ねて焼いたグラタン。


海外の人は、固くて歯ごたえのあるものを好みますが、これはコンフィだったこともあってか
とろけるような柔らかさ。
甘口のバーベキューソースのようなソースもおいしくて、またまた感動。

グラタンにいたっては上にかかっているソースの中身や作り方が
イメージできないにも関わらず、味は美味しい。
スモークチーズが入っており、甘さのある中にもコクがあります。

文化の違い、料理の世界観の違いを感じます。
そして、バイトをしている居酒屋風の日本食レストランとは違う、
料理の世界がありました。


creambrule200210.jpg
White Chocolate and Raspberry Creme Brulee

もっと食べたいというSakuraさんをなだめすかし、最後はデザートです。
(ちなみに、二人で食べるには通常より多い量をすでに食べています)

こちらは、正直いかにも外国の味付けで、僕には甘すぎました。
ただ、バニラアイス一つとってもバニラビーンズがしっかりと入って
バニラの香りがするなどしっかりと作られていました。

アイスの練られ方をみる限り、自家製なのか、仕入れているアイスだとしても
一度アイスメーカーでかき混ぜてあるようで、手が込んでいます。


これだけ食べて、合計は$135。(日本円で1万円くらいかな)
ちなみに、ドリンクでそのうち$60を占めることを考えると、
非常に安く美味しいものが食べられると思いました。

日本で食べるイタリアンのような、繊細で少しずついろんな味をということでは
ないかもしれませんが、圧倒的に世界観の違う料理に出会えたことは、
今後の洋食を学ぶ上でいい勉強になりました。



ちなみに、めったに外食をしない二人がなぜこんなところでご飯を食べたかというと、
昨日は、ウェディングの写真撮影をする日だったんです。

makeup200210.jpg
化粧をするSakuraさん

beach200210.jpg
こんな感じのところで撮影


結婚式を結局あげないまま、結婚指輪もないままの結婚ではありましたが、
写真くらいはちゃんと撮ろうということで、フォトツアーとなりました。

写真は明日の夕方にでもデータで納品されるそうです。

フォトツアーについては、写真が納品されたらSakuraさんが記事をアップすると
思いますのでお楽しみに~~
(上の2枚は自分のカメラで撮った写真です)
スポンサーサイト
2010.02.21 Sun l 外ごはん l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aotearoagohan.blog28.fc2.com/tb.php/72-b4d2aa91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。