上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Toruです。

先日、読んだ記事によると、オークランドではほとんどの地域で平均売買価格が
1ミリオンを超えたらしいです。
初めて家を買う人たちで、ある一定以下の価格の家を買う場合に政府が補助金を出すんですが、
その家の価格が、55万ドル以下。

つまり、初めて家を買おうと思っても、物価の感覚的には5500万ないと家が買えないということ。
しかもその値段で家を買えそうなのは、オークランド地域120を超えるエリアの中でたった3つ。
どれもが、街まで通勤に時間のかかる郊外のエリアばかり。

普通に家を買いたければ、1億円持ってこないといけない。。。
もっというと、5500万の家を買おうと思っても、実際には収入の規定などが
政府の規定を上回るため、補助金をもらえる人も少ないんだとか。

必然的にオークランドの人たちが初めて家を買うときには、マンションがその対象に上がってくるそうです。
それでも、20-30万ドル位。


家を買う市場は、東京よりひどいかもしれないですね。。。。。

家の価格の年間の上昇率が10%を超える現状はいつまで続くのか。
我々も冷や冷やしながら家探ししてます。
資産のインフレは経済のインフレを上回って進んでいくので、
目に見えて、手が届かなくなっていくのがわかります。

これならいっそのことどこかでバブルが弾けてくれればいいのにと
正直思ったりもします。。。


さて、先日の初めてオファーを出した続き。

予算いっぱいいっぱいというわけではないけど、我々としてはその家に対して、
それなりの金額でオファーを出しました。
営業マンと依然話をした時の感覚からしても、売主の希望価格にはマッチしてるだろうし、
買えてもいいだろうと思って家に帰りました。

5時半にマネージャーが売主にオファーの書類を一式持っていくとのことだけはわかっているものの、
その場で返信が来るものなのか、来ないものなのかもよくわからず、
とりあえず家に帰って待つ。

5時半。
特に何もなし。

6時半。
特に何もなし。
とりあえず晩御飯。

7時半。
変わりなし。
片づけしつつ、あれ、もしかして今日返事は来ない??と思い始める。

8時半。
変わらず連絡は来ず。
これはきっと一晩悩んで明日なんだろうということで、もうおいておこうと決める。

9時半。
電話が鳴る!!

来たっっ!!と思うものの、一方で今日来るなら遅くない?とも思いつつ、
電話に出てみると、営業マンから。


結論としては、残念ながら我々は負けてしまった。
一番高いオファーは2万ドル以上高かったらしい。
不動産屋も正直驚きの金額だったそうで、我々のオファーが悪かったというより、
いいオファーが入ったという感じでした。



流れも、よくわからないままドキドキのまま、とりあえず最初のオファーを入れてみて分かったことは、
オファーを入れるだけならただであるということ。
思ってるよりも高い金額が入る状況になりつつあるということ。

この二つではないかと思います。

特にオファーを入れるだけならお金はかからないというのは、
我々にとって今までオファーを入れるだけでも弁護士に1000ドルとか払うのかなーと思っていたことを
考えると心理的な敷居はぐっと下がったのです。

そして、その勢いのままさらにオファーを入れていきます。
続く。
スポンサーサイト
2016.06.17 Fri l NZで家を買う l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aotearoagohan.blog28.fc2.com/tb.php/566-84c030fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。