上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Sakuraです。


Napierは春にもかかわらず、日差しが強く早くも夏がやってきたみたいです。
ビジネスのほうもおかげさまでピークシーズン目指して忙しくなりはじめ、
私は一日1時間とか、娘を背負ってちょっと店を手伝いつつ、
娘を公園に連れ出して遊ばせつつ、
家事したり、またちょっと新しいことを始めるべくがんばってみたり、
まあいろいろとしています。


週1で参加しているPlaycentreも今週でいったんホリデーとなり、
2週間おやすみです。

登録するまで3回、Visitorとして参加できるのですが、
それとあわせるともう6回は行ったことになります。


毎回、大人同士での英語に苦労しつつ、
歩けるようになってちょろちょろ興味のあるところで遊ぶ娘についていっている
Playcentreですが、行くたびにほかの子供の様子とか、お母さんの子供への
接し方とか「へー」と勉強になることが多いです。



私の行っている曜日では、最年長は4歳で、3歳、2歳、1歳8か月、1歳半、1歳、8か月...等々
いろんな月齢+年齢の子供たちがいます。


娘より下の赤ちゃんをみると、「あーこんな赤ちゃん赤ちゃんの時もあったんだっけー早いなー」
と懐かしくなるし、上の年齢の子をみると、「こんな風に成長していくんだな」とまだ見ぬ
娘の成長を想像したりします。


Playcentreはみんなで子供の面倒を見る、という雰囲気があるので
他の子供にも声をかけたり、遊ぶ手助けをしたりするのですが、
その中で難しいなあと思うのは、子供への声のかけ方と接し方。


娘は1歳になったばかりで、歩き始めているもののまだまだBabyといった感じで
2歳前後の子供が寄ってきては、ぺち、と頭を叩こうとしたり
娘のもっているおもちゃを持っていったりすることがあります。


この前も、娘がWalkerを押して遊んでいたら、横から寄ってきた男の子が
娘の持っていたWalkerを引っ張ってあやうく娘が転びそうになりました。


そういう時、英語でなくても日本語でもなんていうのがいいんだろうなあーと
悩むのですが、他のお母さんを見てると、「赤ちゃんにはやさしくしてね」とか
「一緒に仲良くあそんでね」とか「いまはその子が使ってるからこっちのおもちゃで遊ぼう」とか
うまーく話しかけている気がします。


2歳前後の子って、言葉の発達と自分の感情の処理の仕方がアンバランスで、
小さい子と遊びたかったり仲良くしたかったりする気持ちを、
おもちゃをとろうとしたり、頭をたたくことで表現してしまう、
ということを知ったのはPlaycentreに行き始めて大きい年齢の子をみてからです。


それを知らないと、「意地悪してる」と子供の行動をとらえて「注意」しようと
しちゃうんですが、それだと子供は罪悪感をかかえ萎縮するだけで、
そのアプローチは間違ってるんだなあ、と。


Playcentreにいるお母さんたちは、その辺の声掛けの仕方が上手で、
肩の力が入りすぎず、否定せず、でも上手く子供が学んでいけるよう
自然に促しているような気がします。


例えば、赤ちゃんも子供もいろんなもの、特に新しいものを口に入れるのが
好きなわけですが、子供がものを口にいれても「あーダメダメ!」って言うのではなく、
「それは食べるものじゃないよ~」と言ったりとか。


まあ、その辺は「砂とか葉っぱとか口にいれても別にだいじょぶ」
というような気持ちの余裕がないとできないなあと思ったりします。
私も、娘が口に物を入れ始めたころは、外で娘が葉っぱやら砂やら木やら
口にものいれるのを「だめだめー」と止めていましたが、いまは慣れました。
(止めても口にいれるし、少しぐらい入れてもちゃんと出すし・・)


甘やかすのも子供をダメにするけど、
親の肩に力が入りすぎるのもダメだなーと、
自分の子供との距離の取り方を見直しつつ、学ぶことの多いPlaycentreです。


(終わった後、どっと疲れるんだけれども)


スポンサーサイト
2014.09.26 Fri l NZで子育て l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aotearoagohan.blog28.fc2.com/tb.php/548-f70cab3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。