上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Sakuraです。


「こんなところでやっていけるのかしら・・・」と始まった
ニュージーランド生活。

Day.2


朝一で、不動産屋さんに行き、部屋の交換の交渉。

二人の精神に打撃を与えていたのが、
主にキッチンの汚さと、部屋の目の前のバルコニーの煙草の吸殻。

煙草を吸わず、家で料理をしてゆっくりくつろぎたい
生活スタイルの二人にとって、今の現状は我慢できないものでしたw

といっても、共同生活なので(住むところは、8人)、
ある程度の汚さは、掃除しろってことで、
煙草の吸殻にフォーカスして、不動産屋さんと相談。



最初は、ケンカも覚悟の上でしたが、
不動産の人は意外と真剣に「それは困ったねぇ。どうしようか」と
考えてくれました。
(どうやら、不動産屋も汚いということを認識していた様子)


いま住んでいるところは、他に2棟建物があるのですが、
2人で住めるタイプの部屋は開いていないとのこと。


結局、その日の午後、掃除の人がきて部屋を片付けるということと、
2月15日まで待てば、他の棟に空きが出るので、
そこに移れるよ、ということで一旦合意しました。


少々の不安を抱えつつも、ひとまず車で10分ほどの
大型スーパーへ。


1日目は、「なにもないど田舎だ・・・」と思いましたが、
大型スーパーは想像異常に大きく。
(郊外のイオンモールの2倍くらい)


なんとかなるかなぁってことで、次はAuckland Cityへ。



Toruくんは英語でちゃんと生活できますが、
残念ながら私は右とか左ぐらいしかわからないので、
情報収集を兼ねて、語学学校の紹介所へ向かいました。


久々(といっても、1日ぶり)に日本人と話して少しスッキリ(笑)
来週、語学学校を2つほど見学させてもらうことにしました。


語学学校を出た時点で、すでに夕方の6時。
といっても、真夏のニュージーランドは9時ぐらいまで明るいです。


お腹が空いたので、ふらふら。
おいしそうなタイ料理屋さんを見つけて、入ってみました。


豚のオイスターソース炒めと、MUSSAMANカレー(伝統的なタイのカレー)を注文。


昨日のスカイタワーのお店とは真逆の雑然としたお店でしたが、
これが意外とおいしい!!
本格的なタイ料理でした。


2日目の朝ご飯は、大型スーパーのフードコートで簡単な
中華料理を食べただけだったので、これがニュージーランドに来て
初めてのまともな料理でしたw


少し元気が出たところで、家までの帰り道を調べる。
レンタカーは帰してしまったので、バスなり電車で帰るしかないのです。

オークランドはニュージーランドで第一の都市ですが、
電車は日本ほど発達していません。

主な交通手段と言えば、マイカーかバス。
バスは、区間でZone1$1.60、Zone2$2.40と料金が決められていて、
Cityから家までは片道$5.40。


バスの運転手さんやインフォメーションセンターで聞きつつ、
1時間かけておうちに辿り着くことができました。



帰ってくると、玄関前のテラスで、フラットメイトが酒盛り中。
話してみると、二人ともなんと料理人だということで、
Toruくんがこれから料理学校に入ることを話すと、
盛りあがって、仕事で指切ったときの話とか、ミシュランで有名な
お店のシェフの話とか、いろいろとしてくれました。


ちなみに、話したフラットメイト。

デン

見た目35歳くらい。しかしなんとToruくんと同じ28歳。
Northshoreでは1,2番目ぐらいのイタリアンレストランで働いている。

モヒカンくん(名前忘れた…)

めっちゃモヒカン。ロックやってそう。
と、思いきや30代らしい。20歳ぐらいに見えます。
見た目怖いにーちゃんだけど、話すとフレンドリー。



1日目は暗澹とした気持でしたが、
2日目の終わりのころは、少し前向きな気分。


見上げてみると、天の川が見えました。


がんばろうね、と部屋に戻りましたが、
残念ながら煙草の吸殻は片付いておらず。掃除の人来てないじゃん・・・


まぁなんとかなるだろうと、そんな気持ちで眠りについた2日目でした。






スポンサーサイト
2010.01.19 Tue l 気ままな暮らし l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aotearoagohan.blog28.fc2.com/tb.php/51-46122556
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。