上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Toruです。


引越しの荷物の山に埋もれてます。。。
こうやって引っ張り出し始めると意外に荷物があることに
驚くんですよね。

そして、いっぱいゴミ箱に行くことに・・・・。




さて、前回の続きですが、ワイナリーのセラールーム(試飲とかするとこ)に
入って行って、Headchefと話がしたいんだけど、と切り出します。


何の用?と聞かれることもあれば、
あ、ちょっと待ってくださいねーと中に入っていくところもあります。

何はともあれ、しばし待つことに。
その間に、販売員をしているお兄ちゃんからちょっと情報収集。

やっぱり夏はとっても忙しいけど、冬は静かなんだとか。。。
まぁ、わかってることなんだけど、と思いつつ待つこと数分。



やってきた、青い目のちょっとイケメンなシェフ。
仕事を探してることを伝えると、
夏と冬ではシェフの数が4分の1!になってしまうんだとか。


経済というのは厳しいもので。。。


ま、それでも一応どんな店で働いてたとか、何やってたとか話をする。
すると彼が、なんとびっくり夏の終わりにさらに二人辞めるかもしれないとのこと。
だから、通常は考えられないけどもしかしたら1か月ほどしたら一人雇うかもとぼそっと。


おぉ、これは詰めなくては!!
と営業マンセンスを発揮。


火曜の夜に帰るから、月曜のランチ、ディナー、火曜のランチのどこかで
トライアルに来れないかな?と聞いてみる。
もしそれでOKというなら、やめるタイミングに合わせて
オークランドから移ってくることも可能かもしれないし・・・・と提案。



んー・・・・と言いつつ、月曜も火曜もランチは暇なんだけど、
月曜のディナーがファンクションだから、皿の盛り付けを手伝いに来てくれるかな?とのこと!

喜んで!ということで、なんと奇跡的にもう一件トライアルにいけることに。


この間Sakuraさんは外にあるソファで日曜日の昼下がりをのんびりと楽しんでました。
ちょっと疲れたのもあったみたいですが。



ということで、次の日。

ちょこちょこっと町をみたり、貸家を見に行ったりして時間は過ぎ、
約束の四時にキッチンに入ります。



とりあえず、着替えてちょっとした仕込み。
びっくりしたのがキッチンが最新すぎることと、驚くほどきれいなこと。
そして、何より明るいこと。

あー、こんなキッチンいいなぁと思わされたのです。


まずはアボカドとサーモンのムース作り。
言われたままに作るものの、あんまりにも久しぶりすぎて、
細かいところで”コツ”を忘れてしまっている自分にちょっとがっかり。。

そして、アボカドのムースは見事にちょっと失敗。。。
まぁ、何とかなる範囲だったからよかったけど。



そんなこんなしながら無事にトライアル終了。



ヘッドシェフと話をすることに。




・ぜひ来てほしいと思うんだけど、払える給料は安いんだが・・

おーー、なんとびっくり、今まで受けてきた中でも最低ライン、
そして何より冬は営業時間が短い・・・。
つまり時給で働く身としてはますます給料は安い。

これは大丈夫なのか??


・こちらで、いつシェフが辞めるのかとかを確認はするけど、
 可能なら3月中に来てほしいんだけど。。。

えーーーー、さっき四月の終わりとか言うてたやん!!
まぁ、どっちにしても仕事はやめるから来れなくはないですが。。。



ということで、いったん双方持ち帰り。






選択肢が二つになりました。



一方は、お金の面では不満は全くありませんが、料理のレベルと職場の雰囲気に違和感を感じる仕事。


もう一方は、料理のレベル、職場の雰囲気はとってもいいけど、給料がとっても安い仕事。




子供が生まれてくるからこそ引っ越そうと決めて、
でも、育てるだけのお金が手に入らないなんて、本末転倒なんじゃないか。



sakuraさんと延々話しました。
エージェントからは、給与の面等を含め強烈なプッシュが。






最後に僕たちが出した結論は、

「Napierに引っ越したいよね。」

というもの。



それじゃ答えにはなってませんが、
僕はelephanthillに行くことに決めました。


正直、会社からの給料だけでは生活していけなさそうですが、
僕たちには幸い屋台の経験があります。


仕事がないなら、自分たちで始めればいい。
拘束されない分時間はあるんだから、やればできるさ!

という、まったくもって根拠も何もない思いと、
やはり「いい環境で勉強したい、仕事したい」という思いが上回りました。



一応、お金がどれくらいもらえて、どれくらい赤字になるのかも計算をして、
正直なところなんかやらないと生計が立たないねというところまでは判明w



ということで、イースターホリデーの月末から、
僕はこの世のものとは思えない立地のワイナリーで働きます。






そして、早々に自分たちで何かを立ち上げなくていけません。
ぼんやりしてると冬がやってくるからね。


まずは、引っ越し、その後立ち上げと大変だけど、
頑張ってみたいと思います!!





ということで、最終的にはオークランドのバーのSousChefの仕事は断り、
オークランドでは考えられなかった時給のところに行くという、
いつものことながら、結論は前提を覆すものになってしまいましたw

これが僕の転職活動の今回の結論です。

さて、NZの地方暮らしどうなることやら・・・























スポンサーサイト
2013.03.21 Thu l 気ままな暮らし l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aotearoagohan.blog28.fc2.com/tb.php/471-b4f0e26a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。