上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Sakuraです。

昨日、神戸で食べたもの。


・「瓢たん」の味噌だれ餃子

・南京町の豚まん

・「老祥記」の豚まん

・豚の耳のねぎだれ

・「上海餃子」の水餃子

・六甲牧場のソフトクリーム

・「蛸の壺」の明石焼きと焼き蛸

・「一芳亭」のシューマイ、鶏のからあげ、八宝菜



明らかに食べ過ぎですね

でも楽しかったからよし

よく食べて、よく歩きましたの神戸食べ歩き記録です。



昨日は、快晴

義父に車で送ってもらい、芦屋での所要を済ませて、元町へ。


ますは、味噌だれ餃子の「瓢たん」へ。
以前、テレビで放映されていて、行ってみたかったお店

元町店と三宮店がありますが、今回は本店の元町店へ。
元町店は、創業40年以上だとか。

こじんまりとした店構え。
カウンターのみで、8人も入れば満席です。
(三宮店にはテーブル席があるそうです)

メニューは、餃子、ビール、その他お酒が数種類のみ。
白飯はありません!という気合の入った餃子専門店です。


さて、お目当ての餃子はこちら。
一人前8個入り、370円です。

ぎょうざ


特性味噌だれとニンニク醤油をまぜて頂きます。


お味は・・・皮がもっちり
味噌だれの味がしっかりしている分、具の味は薄め。
いくつでもぱくぱく食べれてしまう感じで、あっさりです。


あとから来た夫婦が、5人前ぐらい頼んでましたね。
たしかに、白飯なしで、がっつり食べたい、というならそれぐらいいけるかも



さて、お腹がちょっとふくれたところで、南京町へ。

いかにも中国!な長安門がお出迎え。


長安門


なぜか、門の隣に巨大パンダ
文字は、「コカコーラ」です。

ぱんだ


さっそく、豚まんを一つ購入し、二人で歩きながらぱくぱく


butamann



関西の豚まんは、関東よりも皮が甘くてうまーい。

しばらく行くと、交差点と広場が。
そこに行列を発見!!



老祥記

kannban



1915年(大正4年)創業。豚まんの発祥の店とも言われている有名店。
せっかくなので、食べようと行列にならぶこと5分。


豚まん3個 270円(1個90円、3個から)


butamann2



一口サイズなので、普通の豚まんよりは小さめ。

ジューシーな具と、ほんのり甘くて薄い皮がマッチしてます。
具にしっかりと醤油の味がついているので、
個人的には一口サイズがちょうどよし



ふかひれラーメンだの、豚角煮まんだのに目移りしつつ、
メインロードの端っこへ。

ここで、豚耳のねぎだれをつまみぐい。

けっこう入って200円とお買い得?


butamimi


つまみながら、周辺のお店をうろうろ。
他のお料理も、もっと食べてみたいが、先ほどの味噌だれ餃子もきいているので、
お腹のスペースは限られています!

と、Toruくんと協議の結果、水餃子を食べることに。


てくてくお店を探していると、メイン通りを横に入ったところに、
水餃子専門店を発見!




上海餃子


南京西路を長安門方面に歩き、右側の3つ目の路地を入ったところにあります。


メニューは水餃子のみ。
セロリとエビとか、白身魚とか色々あります。
お昼の時間帯は、ご飯・スープ・サラダがつく定食もあるようです。

いろんな種類をちょっとつづ食べたいので、
盛り合わせ餃子(10個入り)1200円を注文。

suigyouza


おまけで、ヘルシー餃子(ゆず味)をつけて頂きました


どれも具にしっかり味がついているので、何もつけずにいただきます。
ひとつひとつ味が違って、グー

個人的には、エビと中華セロリの水餃子が気に入りました。



さてさてここまでくるとお腹いっぱいなので一休み・・・


の前に、どうしても食べておきたいソフトクリーム

だって、「六甲牧場」とか書いてあるから・・
どうしても食べたかったのです。


バニラと抹茶のソフトクリーム 200円

aisu



バニラの部分が濃厚で美味しゅうございました




お腹が完全に膨れたので、しばし南京町を散策。
Toruくんは中華料理の材料を購入。

その後、むかいの大丸でちょっとお買いもの。

南京町の長安門すぐ近くにある、「森谷商店」の神戸牛入りコロッケも食べてみたかったのですが、
今回は我慢


この日はお目当てがもう一つあるのです




明石焼きです!!


3時ごろ、お腹がちょっと落ち着いた~ということで、明石焼きを食べに。

私は関東生まれの関東育ちですので、明石焼きを食べるのは今回が初めて


蛸の壺


お店は、居酒屋風な雰囲気。
中に入ると、3時にも関わらず、何組かのお客さんがビール片手に明石焼きつまんでました。


プレーンな「玉子焼」と、ネギとかミンチとか入っている「五目焼き」の2種類がありましたが、
今回は「玉子焼」を注文。


こちら↓ 10個 600円

akasiyaki


出汁につけて頂きます。

外はカリッと、なかはふんわり。
意外と油が大目で焼かれているのですが、出汁につけて食べるのでさっぱりいただけます。


ぺろりと二人で平らげてしまいました




再度お腹が膨れてしまったところで、
大阪へ移動~

9日は「今宮戎祭り」の日。
商売繁盛の神様、戎様にお参りする日です。

今宮戎神社のお祭り具合を見に行こうと思ったのですが、
途中でToruくんの買い物したり、ベトナム料理屋さんでお茶飲んだりして
時間は6時過ぎ。

戎祭りは、夜10時までやっているとのことで、
先に夕食を食べることに



向かった先は・・・


一芳亭」(本店)


到着したのは19時前。
ずらっと人が並んでいます!


ここの名物はシューマイと鶏のから揚げ。

諦めて、今宮戎祭りの屋台で何か食べようかなぁと思ったのですが、
覚悟を決めて行列に並びます。


並ぶこと30分ちょっと。
やっとこさありつけました。


シューマイ 5個入り 310円

しゅーまい

鶏のから揚げ(小) 1120円

とりからあげ


八宝菜 570円

はっぽうさい



シューマイは、うす焼き玉子で包んであります。
一口サイズで、口にいれるとジュワーと肉汁が


何個でも食べれそう~と思いましたが、ガマン。
隣の夫婦は、二人で5人前(25個)たのんでおりました。


鶏のから揚げは、から揚げというよりはフライドチキンに近いです。
パリッとしていて、まったく脂っぽくない。
ビールに合いますね


八宝菜もおいしかったし、他にごはん(大)とスープも頼んで、
お値段2000円ちょと。

ふたりでたらふくたべたとしても、3000円ちょっとぐらいじゃないかしら。

大阪~って感じの美味しいお店でした




お腹も最高潮にふくれつつ、今宮戎にお参り。
両側から屋台の強烈な誘惑がありましたが、打ち勝つことができました


今宮戎の様子は、Toruくんの記事につづきまーす。


それにしても・・・奈良・大阪・神戸をぐるぐるまわってほんとによく食べてます。
一応、2日おきに10キロぐらい走っているのですが、
痩せないわけです


1週間後にはニュージーランドに行き、
1ヶ月後ぐらいには、ウェディングドレスを着る予定なのにー



そろそろ、摂生がんばります。
スポンサーサイト
2010.01.10 Sun l 気ままな暮らし l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aotearoagohan.blog28.fc2.com/tb.php/45-5e6ea268
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。