上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Sakuraです。


昨日、久々に絵画を見て来ました。


オークランドにあるArt Gallery。

ここで、「Degas to Dali」展が開催されています。

ドガからダリまでということで100年間の有名な画家達の絵が展示。
モネやピカソなどもありました。
といっても、絵に詳しくない私がぱっと見ても知らないものばかりでしたが・・・


ドガの踊り子の絵が見たかったのですが、
残念ながら期待していた絵はなし。
別の踊り子さんの絵は見れました。

imagegenshx.jpg
写真はアートギャラリーのホームページから。


昨日の火曜日はlate openということで夜7時まで入館可能。
これはチャーンス!とばかりに仕事が終わってからいったら
まさかのチケット購入列が!10人ぐらい並んでいました。NZでは
映画館にいくにもご飯を買うにも10以上ならぶことなんてほとんどない
事態なので、これはかなりの珍しい光景です。

今週17日までの展示ということで、お客さんも集中しているのかも。
入場料は大人$20。学生IDを持っていると割引で$17です。


ぐるーっと見て、一番目に留まったのは浮世絵。

広重の富士三十六景の浮世絵が2枚と、
どなたが書いたかチェックしませんでしたが、美人画が3枚展示されていました。

富士山というと北斎が有名ですが、今回展示されていたのは広重のもの。
モネやゴッホにも影響を与えたといわれる日本を代表する画家です。


猛々しい波しぶきの向こうに見える荘厳な富士山。

富士山なんて、日本にいたときですら数回しかみたことがないのに、
じっと眺めているとどこか懐かしい、吸い込まれるような静かな150年前の青の浮世絵でした。



スポンサーサイト
2012.06.13 Wed l 気ままな暮らし l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aotearoagohan.blog28.fc2.com/tb.php/434-3bfe0c27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。