ずいぶんと久しぶりの登場Toruです。

現在16連休待っただ中で、ひたすらご飯、買い物、ご飯、買い物・・・・。
今年最後のご飯は、何蕎麦にしようか考え中です。


今年は年末年始は旅行に行かないで、日帰り旅行を二、三回して
後は今後を考えつつ、のんびり過ごすということにしているので、
時間はたっぷりとあります。


今年も皆様に支えられた一年間を、
振り返りつつ、来年を考えたいなぁと思います。


と、いうことで。


2011年1月
・人生の一大目標であった、あこがれのキューを手に入れる。
・Sakuraさんがワークビザを申請する。
  →これが後の永住権に繋がる大きな一歩となりました。


2011年2月
・ワークビザが無事に下りる。
・クライストチャーチで大地震が発生。
  →つい先日も、また余震がありましたがまだまだ完全復興には程遠いのが現状です。
・家庭菜園やら釣りやらを楽しむ。
・カフェに転職する。
  →この時、迷いに迷った末の決断と行動が今へとつながりました。


2011年3月
・Sakuraさんの誕生日
・日本で大地震が起きる。
  →一刻も早く、安全で安心な暮らしが皆様の手に戻ることを心より願います。



2011年4月
・カリナリーフェア2011(料理コンペティション)への出場が決定。
・永住権の申請をSakuraさんですることを決め、動き始める。
・二人ともIELTSを受験(永住権申請のため)


2011年5月
・オークランドで竜巻発生。
・コンペティションに向けて、食べ歩く。
 (この頃が一番悩んでいた時期ですね)


2011年6月
・三十路になる。
・永住権の申請の第一歩EOI提出に向けて、必要な書類などを調べる。
・無事に、学校を卒業する。
・コンペティションに向けた練習が本格化する。


2011年7月
・EOI(永住権申請の第一歩)を提出。
・EOI選考を、無事に通過。
・カリナリーフェア2011にて、銀メダル獲得。
・カフェを辞めて、就職活動を開始。
・Invitation letter(本審査への招待状)を受け取る。

2011年8月
・転職活動に終止符を打ち、現在のレストランへの就職を決める。
 しかし営業開始までの2週間、することがないので、
 イタリアンレストランで経験を積むため、ただ働き。
・永住権の本申請に向けた書類作成や、書類集めをする。


2011年9月
・現在のレストランの営業が開始になり、仕事が始まる。
・ラグビーワールドカップが始まる。
・スクーターを買う。


2011年10月
・ガスの供給がストップする大事故発生。
 結局3日営業できませんでした。
・永住権の本申請をする。
・RWCでオールブラックスが優勝。
・Sakuraさんがオークランドマラソンを完走。
・花見(桜)をする。


2011年11月
・もっとも何もなく、平穏に過ごした一ヶ月。
 結婚記念日、お祭りとおいしいものを食べた月。


2011年12月
・交通違反の罰金を払わされる。
・びっくりするほど忙しい毎日を送る。
・無事に永住権の承認が下りる。







こうやって振り返ってみると、今年は永住権の取得に向けて動いた一年であり、
就職をして、無事に一人前のシェフとしてNZの市場に足を踏み入れた一年でもありました。
2010年の振り返りと比べると、格段に「土台が固まった」と思います。



思い返せば2年半前の28歳の誕生日を迎え、「このままでいいのか?」から
始まった海外移住プロジェクト。

紆余曲折を経て、2年半を持って一区切りがつき、
2012年から新たな始まりを迎える形になりました。

細かいことを言うと、この先2年間において、
年間の過半数をNZで滞在していなければ永住権は失効となります。
また、噂では2年を迎える日、つまりは2013年の年末はNZにいないと
同じく失効してしまうという話もあります。

そういう意味では、次の2年間は、さらに深くNZとかかわりを持ち、
僕たちがこの地に根を張れるのか、またどんな風に根を張るのかを
見極めつつ過ごす2年間になるだろうなぁと思います。


また別の角度からの話として、
たとえ海外だろうが日本だろうが、どんな仕事をしていようが、
11月に象徴されるように、何もなければ「日常」は日本と変わらず
日常として過ぎていくことを改めて感じることのできた1年でもあります。


大切なことは、その「日常」がどんなものであれば、
僕たちにとって幸せなのか。
その形をもう少し考えなくてはいけないなぁと感じてます。


心のどこかでは、やはり「旅人」としての自分があり、
一方で年を重ねるにつれて「家庭」というものを受け入れるようになり、
今は、思考が「家族」へと変わってきているのも事実です。




また、国を出てきた以上、お上に頼らないで生きなくてはならないと
二人とも思っているので、これから先考えなくてはいけない「将来」は
そろそろ長い老後もちらほら影が見える時間軸となってきました。



そんな中で2012年は
まずは、自分自身が技術職として「きちんと土台を固める」1年に来年はしなくては
いけないだろうなぁと思います。
そして、2年半かけた永住権取得の次は、それ以上の時間軸で動かしていくものを
いくつか始められたらいいなぁと思ってます。

自分の中でもまだ形はないので、あいまいですが・・・。




歯切れは悪いですが、大きな前進ができた2011年。
年越しまで後わずか!

2012年を笑顔で迎え、笑顔で終えられるよう
二人して一層精進します!!



それでは皆様、よいお年を!


Toru&Sakura


スポンサーサイト
2011.12.31 Sat l 気ままな暮らし l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aotearoagohan.blog28.fc2.com/tb.php/377-4b9c432e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)