上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Sakuraです。


7月からこつこつだらだら準備している永住権申請の書類ですが、
ようやく書類が揃いました!


といっても、全部の書類が原本を提出するわけではありません。

書類を提出したのに、


「提出されていないから、もう一度出して下さい」


という事態を想定し、コピーでOKの書類は、コピーを提出することにしています。




永住権の場合は、コピーでもただのコピーではだめ。

Certificate copyという、弁護士とかが
「このコピーは本物のコピーだよ!」とサインした書類が必要になります。



これをニュージーランドでしてくれるのが、弁護士、
そしてJPと呼ばれるJastice of the peace。


日本語でいうと、なんでしょうね・・・行政書士みたいな?
(違うと思うけど)



とにかく、自力で永住権申請をする私たちには、
このJPの所にいってサインをもらわなきゃ行けない!


一番近いJPさんのいる場所は、私の職場の近くの図書館。
ここに、時間帯限定でJPさんがきてくれます。


→JPのいる時間については、こちら


しかし、図書館という便利な場所にあるからか、ここのJPは混み混み。
本日は1時~3時という時間だったので、1時20分頃行ったところ、
「1時間ぐらい待つよ」と。

しょうがないので、番号札を受取り、図書館の隅っこで書類チェックしながら待機。
番号札は、日本のフードコートにあるような、順番が来るとピーピーと鳴るやつです。
さすがに図書館だったから、鳴らないで振動して光るやつだったけど。


50分くらい待って、そろそろ会社に何時頃もどれるか電話しなきゃーと、

「あと何分くらい?」と時間を聞きにいったら、

番号確認されて、

「あ、彼女の次だね」と。



なんか、システム壊れたのか、番号札の呼び出し機能がまったく動いてませんでした。
聞きに行かなければ放置されるところだった・・・




そして、次の瞬間衝撃の事実が!



「サインしてもらう書類は何枚?」



「えーと、20枚くらい」



「あ、サインは一人1回10枚までなんだ。」







なんですと!!




え?私の聞き間違い?そうだよね?と思いつつ、




「え、コピーは10枚までってこと?」




と全然別のことを聞いてみる。





「ちがうよ。サインは混み合うから一人10枚までなんだ。
だからまた明日か別の日に来てね」





聞き間違いじゃなかったです。


しょうがないので、おとなしく順番まって、
とりあえず10枚サインもらって来ました。




またいかなきゃ。
永住権を提出できるのは来週になりそうです。




それにしても、JPのおっちゃんからも会った時に「ニイハオ」って言われた。
NZ滞在歴と比例して、中国人に見られる率が高くなってる。
「コンニチワ」って言われたいわー。




スポンサーサイト
2011.09.29 Thu l 永住権への道 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aotearoagohan.blog28.fc2.com/tb.php/337-bca82bca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。