Sakuraです。


ニュージーランドは夜の9時半を過ぎました。

晴れて天気の良い日もあるとはいえ、まだまだ
風が冷たい冬のオークランド。

夜にもなると、部屋が寒くて早く布団にもぐりたくなりますが、
Toruくんが仕事(もとい、ワークエクスペリエンスという名のタダ働き)から
まだ帰ってこないので、ブログでも書こうかな、というところ。


今日はお米の話。


うちには炊飯器はありません。


ニュージーランドにももちろん炊飯器は売っています。
ただし、こちらで製造されたものは日本のと比べ物にならない
くらいなんだか簡素な作り。

蓋も一枚だし、ボタンもひとつ。
値段もそれなりに安く、$30ぐらいで買えたりします。


果たしてこれで美味しくお米が炊けるのか?


それは試したことがないからわかりません。

多分、ちゃんと炊けるし美味しいんだと思います。



ニュージーランドに来て最初のフラットではお鍋で炊いていたし、

次のフラットでは、韓国人のオーナーが持っていた
ちょっと良さげな韓国製の炊飯器を借りていました。
(といっても、日本の性能には遠く及ばずな感じですが)



で、今のフラットに引っ越した時、炊飯器を買おうか、という
話が出たのですが、性能の良いものは高い、
買えるとしたら、$30ぐらいのライスクッカー。

どうしようかなぁと思っているうちに、再び鍋でお米を炊く習慣がついてしまっていました。



鍋でお米を炊くといっても、炊き方は簡単。

研いで、1.2倍の水を入れて、30分くらい吸水させて、
火をつけて、噴きこぼれたら火を止めて、10分くらい蒸らして完成。


我が家のお鍋は、30年保証、というほんとかよ
と思う保証がついているだけあって、


わりかし「うまい!うまい!」と思うお米が炊けます。




面倒なのは、その間コンロ&お鍋が一つ占領されることと、
保温機能がないことぐらいでしょうか。


いつもは大体夕飯の時にお米を炊いて、余った分は小分けにして
冷凍して、食べるときにレンジで温めていたのですが、

今日は土曜日だけどIELTSの学校行くからお弁当が必要だし、
おにぎりでも作ろうかな、ということで朝に炊いてみました。





7時に起きて、スイッチ、ではなく火をつける。
そこで起きてればよかったのですが、あまりの寒さと眠気で
ちょっとだけ、と思い再びお蒲団の中へ。



ハッと目が覚めたときには、すでにお米が炊けるにおいが。


火を止めて、「ギリギリセーフ?」と思いきや、なんだか焦げくさい。
開けてみると、上はまったくもって上手く炊けているのですが、
底はお焦げを通りこしてコゲコゲ・・・


他の鍋に綺麗な部分だけ移し替えたものの、
お米には焦げたにおいがついてしまいました。

香ばしい、だと美味しいのですが、
焦げくささはまったく美味しくなく・・・・


仕方ないのでお弁当のおにぎりは、梅干おにぎりと
イカキムチおにぎりでごまかし。


あまったご飯は、キムチチャーハンにしてごまかしました。




IMG_0456.jpg


一人ご飯なので、味付けはテキトー。


ベーコンとニンニクをじっくり炒めたものに、
人参といんげんを入れ、
最後にキムチとニンニク辛味噌をひたすらぶち込む、という暴挙。


Toruくんがいれば、素敵に味付けをしてくれるのですが、
私が一人で自分のためだけにご飯をつくると、
着地点を見失って、最後は辛さでごまかす、という事態によくなります。


そんなわけで、ひたすら辛いチャーハンになりました。



思い返せば、大学時代に一人暮らしをしていた時、
朝ご飯でレトルトカレーを食べようとお湯を火にかけたまま寝てしまい、
起きたら部屋の中は煙で真っ白。鍋は真黒。
危うく火事になりかけた、ってことがありました。



これに懲りて、朝にお米を炊くのは、もとい
お米を炊いているときに2度寝するのは、やめようと思います。







スポンサーサイト
2011.08.20 Sat l 気ままな暮らし l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

うちも
炊飯器ないよ~☆

電子レンジなし生活にも憧れるけどなかなか出来ないわ(友達の家はないの!!)

蒸すのに使える中に入れるの買ったまではしたけど使ってませ~ん

火事には気を付けてよ~(*_*)
2011.08.21 Sun l marico. URL l 編集
>Maricoさん
そういえば、前にMaricoさんちにお邪魔してご飯ご馳走になったとき、土鍋?で炊いてたんでしたっけ?(記憶があいまい・・・桜えびのお刺身とアンキモ、お手製そぼろなどなどの記憶は鮮明ですが)

ほんと、火事には気をつけまーす。

焦げをとるのが大変・・・
2011.08.21 Sun l Sakura. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aotearoagohan.blog28.fc2.com/tb.php/319-c57142b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)