上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Sakuraです。


Toruくんは、学校と仕事とコンペティションに向けてのトレーニングで
休みなく働いています。



そんなToruくんが最近ハマっているものが、手作り杏仁豆腐。
Toruくんは作る時間がないので、私が代わりに作ります。


一見難しそうですが、じつはすごーく簡単にできちゃいます。
牛乳、生クリーム、砂糖の比率で味もお好みに変えられるので、
お手軽おススメおやつです。



我が家のレシピはこんなかんじ。


南仁(アーモンドの種の中身、NZではチャイナマーケットとかで買えます) 26g
水(南仁を浸す用) 110cc
牛乳 260cc
砂糖 25g
練乳 ティースプーン2杯
ゼラチン 6g
水(ゼラチンをふやかす用) 25cc
アーモンドエッセンス 少々


1. 南仁を水で一晩浸す
2. 浸した南仁をミキサーにかけ、それをこす。
3. 鍋に②と砂糖を入れ、砂糖を溶かす
4. 牛乳と練乳、アーモンドエッセンスを加え混ぜる
5. ゼラチンを入れて溶かす(このとき、沸騰させないように注意)
6. 冷やして粗熱をとったら冷蔵庫で冷やす。


以上で完成☆
このレシピはけっこう甘さ控えめ&やわらかでできあがります。

もっと濃くが欲しい方は、牛乳を減らして生クリームを加えてもOK!
その場合は牛乳200cc、生クリーム100ccでかなりコクのある杏仁豆腐ができあがります。

生クリームは、⑤の後、粗熱がとれたものに加えます。
熱いうちに加えると、分離してしまいます。


南仁をすでに粉にした杏仁霜というものを使ってもできるのですが、
南仁を使うほうが、優しい風味になるので我が家はこっちがお気に入りです。



DSC06007.jpg

チャイニーズスーパーでかった南仁。


DSC06010.jpg

杏仁豆腐。





おまけで、この間Toruくんがチャイニーズスーパーで購入してきた珍味。
中国語では「肉髭」って書いて売られています。


DSC05995.jpg


よく知らないですが、タイでは一般的な調味料?のようです。


シュワシュワ綿菓子みたいな口どけで、
スルメイカのようなお味。


DSC05996.jpg


豆腐にのっけて。わりかしいけます。



おまけ2。


マカダミアナッツに、はちみつとタイムをかけてローストしたもの。


DSC06005.jpg


美味しいけど・・・危険!!!


スポンサーサイト
2011.05.16 Mon l レシピ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aotearoagohan.blog28.fc2.com/tb.php/273-dd8b172f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。