上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Toruです。

日本から、ランニングシューズや砥石を送ってもらおうか迷うこと3ヶ月。
悩んだ挙句に、インターネットでポチポチと注文し、父親に送ってもらったのが2週間前。


おっかしいなぁ・・・・と思っていた矢先にかかってきたDHLからの電話。
「これは個人使用の物?商業用の物? 中古品は入ってるのか?」という話。

なんのこっちゃよーわからんけど、とりあえず、
個人使用で古いのも交じってるよと答えたのがいけなかった。。。



どれが新しいのでどれが古いのかわからないから、税関に自分で行くか、書類を埋めてくれれば
我々が代行しますというメールが来た。


またそのアウトソーシングの高いこと・・・・。


ということで、今日は学校がたまたま早く終わって時間があったこともあり税関へ。
街中にあるNZ Custom Houseへと足を運びました。


と言っても時間がなかったので車でぶーーんと。
街中に駐車場がなく、一時間程度だろうと踏んで、時間制の駐車場へ。


初対面の税関職員はなかなかに人も良く親切に教えてくれましたが、
情報が足りないよ!と怒られ、近くのインターネットカフェに行き、
DHLから送られてきたメールと添付ファイルをとりあえず印刷。

ここまでで10分経過。



税関に戻って、書類を記入し、わからないところは質問して教えてもらい、
とりあえずはMAFで処理をするからと言われる。

MAFってなんだか良くわからないけど、3つとなりのブースに行けと言われるがままに行く。
ボタンを押して待つこと1分。

イケメンのさわやかなお兄さんが対応してくれる。
と言っても見てるだけ。


処理が終わったらしく、元の書類と一緒に新しい書類を渡される。

Biosecurity Authority/Clearance Certificate!!

なんだかすごい名前の証明書をもらいましたが、ここで分かったことは、
MAFとは、Ministry of Agriculture and Foresty の略で、
日本的に言うと環境保護庁みたいなもの。

そこからNZの自然を脅かすようなものは荷物には含まれないというお墨付きを頂いたわけですね。

ははーーーー、、、、、、自分で提示した紙切れに証明をもらうことの不思議さ・・・・





まーそんなことは言ってられません。
次はいよいよ税関です。
ここからが長かった・・・


ここで軽ーーく、質問しながらクレームをつけてみます。

そもそも今回書かされている書類は旅行者が自分の荷物を別送した場合の書類であり、
自分はこっちに住んでるし、Work Visaも出てるんだけどこのややこしいのは何なの?
(Work Visaが2年出てる場合には旅行者ではなく住人扱いで処理される)

(言葉を濁しつつ)曰く、「五年くらいは必要なんじゃないかなぁ。。。」とのこと。


どういうことやねん!!!
5年前の荷物を別で送るなんて・・・。

と激しく、心の中で突っ込みつつ、耐えるしかない。
お役所仕事なのはこちらも同じ。


ということで、品物を見ながら金額を見ながら、関税の計算が始まります。
(この時点で心の中では「やられたなぁ・・・」な感じ)

以下、関税職員Aと僕Tの会話。


A: えーーーー、靴はこれはランニングシューズ?
T: そうですよー、マラソン用なんです。
A: いいねぇ。えっと、Dutyが10%にGSTが15%だね。
T: Yes!

って、え~~~~~~~~~~~~~~!!!
関税が10%かかり、さらに新品ということで消費税を納めなくてはいけないとのこと。


そうですか。
嫌だって言っても始まらないし。。。


A: 砥石は?
T: あ、それは中古です。
A: あーそう、じゃぁ価値を半額にして・・・・・同じく10%と15%だね。
T: Yes!

って、結局かかるんかい!!!
とさらに心の中で突っ込みながら。。。


A: 送料はいくらかかったのかな?
T: そんなこと言われても知らないですが。。。多分4,5千円?
A: あーこの数字?
T: そうそう、それそれ、4500円、ほらね。

A: えーっとじゃぁ、この分は・・・・・


(聞いてないし、それも税金かかるの!?!?)


A: 6ドル
T: Yes!

何のお金・・・


ということで、最終的には、日本から3万円弱の物を送ってもらって、
関税が$33.25(約2000円)と消費税が$70.68(約4000円強)かかった上に、
処理費用に約$40(約2500円)ということで合計$142なりーー。


1万円近く手数料かかりました。。。。







ここまでで、思った通り1時間強。

はーーーーーと思って駐車場を出ようと思ったら、$16!!
駐車料金高!!


入るときにみた値段表は1時間5ドル。
あれ?と思ってもう一回見たら、 half an hour $5

入るときには 「half」の文字が隠れてて見えなかったのね。。。。



いやーーーーーーーーーーーー、んーーーー。
それでも計算合わない気がするけど・・・


とにかく、随分かかりましたなぁ。。




ということで帰ってきましたが、まだ荷物は届いていません。







さて、このブログを書きながら一つ腑に落ちないことが。

日本からはクロネコヤマトの国際宅急便で送ったわけですが、
日本国内ですでにDHLに引き渡されていて、こちら側でもDHLで届けられています。

まー、それは許しましょう。


でも、前回7箱にも上る大量の品物を送った時はなーーーーんにも言われず届いたわけです。

っていうか、前回の物こそ別送の荷物だよ!!




ということで、気づきました(学びました)


安いからといって、国際宅急便を使ってはいけません(輸入取引が発生する?)

郵便局のEMSで送るとNZのPostofficeは忙しすぎて全てスルーしてくれるみたい。








まー、要するに運が悪かったってことですかね。
(ホントは関税払わないといけませんよ、皆様。)












いやーそれにしても、高すぎる関税。。。。。。

本日Sakuraさんと二人で1500ドル以上使いましたね。
まーこれで品物が無事に届けば良しとしましょう。
スポンサーサイト
2011.04.29 Fri l 気ままな暮らし l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

災難ですねー。私何回も送ってもらてますがそんなややこしいことなったことないす。
てか自分の荷物やプレゼントに関税かかるなんて知らなかったです。
2011.04.30 Sat l uco. URL l 編集
>ucoさん
まあ、不運だったとしか言いようがないですよねー。新品を国外から買った場合は、自分の荷物でも関税かかりますって。usedで送らないとだめなんですね・・・高い勉強代でした。
2011.05.01 Sun l Sakura. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aotearoagohan.blog28.fc2.com/tb.php/267-aef2a775
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。