上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Sakuraです。


今週のオークランドは雨、雨、雨。
もうすぐ5月だし、冬の到来です。

これからキウイフルーツが安くなり、
いままさにイクラを仕込む季節です。


Toruくんは、7月に参加するコンペティションへの準備と、
カフェでのお仕事を忙しくこなしております。

私は対して変化なく、のんびり仕事しています。



さて、そろそろ永住権申請について、本腰入れて取り組む段階になってきました。


一応、ふたりとも仕事があって、仕事に必要な資格ももってます。
(Toruくんの場合は、7月の学校卒業後に取得予定)
あと永住権申請するのに必要なのは、英語力。

ToruくんはIELTSで6.5を取得したので、文句なしにこの条件はクリアー。


私は、IELTS5.5なので、パートナーとして申請する分には問題ないですが、
主申請者としての条件は満たしていません。


ただ、5月下旬で今の会社で働いて1年になるので、
これで英語力が十分にある、ということで条件を満たすことができます。


その場合は、ケースオフィサーからの電話質問があったり、
英語がネイティブの仕事の関係者に推薦状を書いてもらったりと
色々するかも?ということはあるのですが、まあNZで1年働いていれば
IELTS免除でもいいかもよ、という規定があるので、この方法で申請することも可能。


Toruくんが主申請者になるには、7月の学校卒業まで待たなければいけません。
今のカフェはちゃんと契約書も結んでくれるし、永住権のサポートもしてくれるので
そこで申請する手もあるのですが、オーナーはお店売ろうとしているし(NZはビジネス売買が盛ん)
そこでずっと勤めるかもまだわからないので、こちらは不透明。


ならとりあえず、私が主申請者になって、永住権申請してみれば?という流れになりました。


永住権申請には3段階あって、


1次審査がEOIと呼ばれるインターネット上での審査。
100ポイント以上が審査対象。
140ポイント以上であれば、本審査にすすめることになっています。

EOIを無事通過すると、インビテーションが送られてきて、
そこから本審査に進みます。本審査で、初めて英語力の証明だったり
雇用契約書を提出します。

本審査がOKになると、晴れてパスポートに永住権のシールを貼ってもらえます。

ただ、この時の永住権は仮の状態で、
その後2年間の間に1年?1年半以上だかNZに滞在して、
初めて永久不滅の永住権となります。

EOIの審査期間や本審査の期間はケースバイケース(担当官のやる気次第、という説も)で、
2ヶ月で永住権がおりた!という人もいれば、1年間待った!という人もいます。





なので、まず取り組むはEOIですが、
これがオンライン上で書き込む項目がとっても多く、全部書き上げるには2時間かかるよ♪
と書いてあります。



とっても腰が重いですが、ぼちぼちゆっくり始めようと思います。















スポンサーサイト
2011.04.28 Thu l 永住権への道 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aotearoagohan.blog28.fc2.com/tb.php/265-c6caab6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。