Sakuraです。


今日からニュージーランドは4連休。
イースター休暇です。

のんびりイメージのNZですが、意外と連休になる日は少ないです。
昨日は、お休み前だってのに街中と高速は渋滞。
みなさんどこかに出かけるのでしょうか・・・


我が家は、Toruくんは明日から普通に仕事なので、
二人一緒のお休みは今日だけ。


今日は、昨日のブログでアップした、Dog Pointに
合う料理を飲み比べ(食べ比べ?)する日です!!!



その前に、もう冬になってきてるので、時期のイクラも仕込もうと、
とりあえずFish marketに出発~♪


すっかり秋の様子のオークランド。



DSC05808.jpg



この時期は、イクラが市場に出回るので、イクラを仕込む季節なのですが、
残念ながらイースターのため、お目当てのお店はお休み・・・


仕方なく、もう一つの店にも行ったのですが、こちらにも置いておらず。
ビン詰めのイクラは100Gで$20とかいう高さなので、手を出す気にもなれず。


仕方ないから、何か魚でも買って帰ろうかなぁ・・・と
店内を見回していたところ、目に留まったのがこちら。


DSC05811.jpg




うなぎ。



うなぎがうじゃうじゃ。


しかもでかい。




NZで売られているうなぎは、養殖ではなく天然だそうで。


近くの公園に行くと、池にうじゃうじゃいるくらい、
けっこうどこにでもいるうなぎ(ただし、公園は釣り禁止のためとれず)。

でも簡単には手に入らないうなぎ。


ずっとうなぎ釣りたいね~=食べたいね~と話していたので、


思い切って買ってしまいました!


大きな一匹が、$13ちょっと。日本円で800円くらい。
安いものです。



せっかくなので、家に帰ってベランダで炭火焼にしようと準備。
DSC05816.jpg



こちらは、以前購入した簡易バーベキューセット。

炭火ではないですが、これで十分。
ベランダにて、じっくり火をおこします。




さてさて問題なのはうなぎ。


うなぎはうねうね動くので、とりあえず冷凍庫へ。


台所では捌かず、ベランダで捌くことにしました。



DSC05821.jpg


目うち、と呼ばれる作業。
うなぎの頭に釘うって固定します。


DSC05822.jpg



うなぎ。全長80センチはあろうかという長さ。



これに、TORUくんが果敢に挑みました。






解体中の画像は省略。(グロテクスすぎるので)




うなぎは、さばかれてもぴくぴく動いておりました・・・・



そんな恐怖を乗り越えつつ、かなーり苦労して勝ち取ったうなぎ。





DSC05823.jpg





串をさすにも一苦労、するほどの身のしまり。

あと二切れは、食べきれないので冷蔵しました。



これを、ベランダでじーくり、40分くらい焼きます。



DSC05825.jpg




その間に、DOG POINTのワインに合う料理の食べ比べです。


今日のDOG POINTは、2010年のソーヴィニオンブラン。
かなり若め。すっきりとして、後味に酸味が強いワインです。


DSC05830.jpg


うなぎを見てなければいけないので、ベランダにセッティング。

ちなみに、外はどしゃぶりの雨です。


DSC05833.jpg

一品目は、バルサミックグレーズのサラダ。

バルサミコ酢と砂糖を混ぜたドレッシングがかかってます。


ワインとの相性=△(自分調べ)


バルサミックグレーズが甘めなので、ワインの酸味が目立ってしまいます。




DSC05835.jpg


2品目。前菜盛り合わせ。
スモークサーモン、ブルーチーズ、チェーダチーズ、ぶどう。




DSC05829.jpg



ブルーチーズはNZで有名なKAPITIのチーズ。
まろやかでおいしいです。


ワインとの相性


スモークサーモン=◎

Beautiful で Wandafulです。
サーモンの脂とワインの酸味の完璧な組み合わせ。


ブルーチーズ=○

まずまずのマリアージュ。
チーズの臭みがちょっと強いかな?


チェダーチーズ=△

このチーズは赤ワイン向け。味が強すぎる。


ぶどう=×

ぶどうが甘すぎて、ワインの渋みが際立つ。



DSC05839.jpg


3品目。レバーの香草焼き。


こちらのレバーは昨日韓国肉屋さんで購入したもの。
レバ刺しで食べれたぐらいの新鮮さです。


感想。



レバーうまい!!!



・・・じゃなかった。



レバー=△


レバーは美味しんだけど、レバーの味が強すぎて。
ワインとの相乗効果は生まれない。




DSC05842.jpg




どんだけ食べるの。4品目。


マッシュルームのブルーチーズクリーム煮。



ワインとの相性。


マッシュルーム=△


悪くないけど・・・マッシュルーム?ブルーチーズ?
どちらの味かわからないけど、ワインの渋みを際立たせてしまう。
赤ワインの軽めのものと一緒に食べたい一品。

単独で食べる分には、とってもおいしかったです。






そんなこんなやっているうちに、うなぎが良い色になってきました。


DSC05844.jpg


自家製タレを付けてかば焼きに♪



DSC05846.jpg



もちろんのこと、うな丼。



感想。



うまい!!


脂はもっとあったほうが美味しいけど、でも
うなぎの味がしっかりしていて美味しい!

グロテスクな動きに負けずさばいた甲斐がありました!



ちなみに、かば焼きとワインの相性は試していません。
どうせ合わないだろうし。


でも、白焼きとワインの相性はまずまずでした。
淡白でそれなりに脂ののっている魚とは合うんだろうな。




うなぎも食べちゃったので、場所を室内に変えて。



DSC05848.jpg



カキのクリームソース煮。



ワインとの相性


カキ=○ or △



カキは美味しい。


カキと白ワインが合うのは定説。



でもなんか・・・?


組み合わせ的には物足りない・・・?


ワインの酸味が強すぎるせい?



よくわからないのですが、ベストマッチ!という感じではありませんでした。
カキはとってもおいしかったですけど。






長々とワインとの食べ比べをしてわかったのは、
定説は定説だということ。


でも、ワインの特徴として酸味の後味がとても強いので、
チーズや魚介類でも、合わない料理もあるということ。

もしかしたら、このワインには鳥肉料理が意外と合うかもしれない。

あと、梅干とピクルスという、酸っぱい系とも一緒に飲んでみましたが、
その場合はワインが甘くなりました。
そんな組み合わせもあり??



普段はワインおいしー、というだけで飲んでいるけど、
こうして組み合わせを食べ比べてみると、意外な発見があるものですね。


Toruくんはがんばって1杯ちょっと飲んだけど、すでにダウン。


まあ、学校でも先生の意見もきけるようだし、
今日の結果がコンペティションに生かされるといいなー。




ちなみに、DOG POINTは楽天なんかでも帰るようです。
辛口白ワインが好きな方にはおススメです。
お値段も、日本円で4000円以下とお手頃。

酸味の強いワインだし、夏のさっぱり料理なんかとも合うと思います♪








スポンサーサイト
2011.04.22 Fri l 家ごはん l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aotearoagohan.blog28.fc2.com/tb.php/262-21ae4ca0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)