上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Sakuraです。


旅行記がすっかり置き忘れられていますが・・・


先日、ワークビザ申請しました。


今回は、私の会社でサポートしてもらって、ワークビザ申請。
Toruくんは、私のサポートでのオープンワークビザを申請。


用意した書類はこちら

*Sakura

○Work Visa のapplication
○雇用主に書いてもらう用紙 
○employ agreement 
○大学の卒業証明書
○日本の雇用期間証明書 
○無犯罪証明書 

*Toru

○Work Visa のapplication
○Work Visaサポート用のapplication form 
○Variation of Conditionのapplication form 
○学校からのoffer of Placement
○授業料支払いの領収書
○一緒に住んでいる証明 
○デートや旅行した時の写真など。



Toruくんはまだ7月まで学校に通いますが、
パートタイムスチューデントということで、
ワークビザが降りれば、学校に行きながら
かつフルタイムで働ける状態になります。


今回は去年の11月頃からちまちま用意していましたが、
学校からもらったoffer of placementが「フルタイム」になっていて、
「パートタイム」に修正しようとしたものの、

学校がホリデーのため1月17日まで待たなきゃいけなかったり、

「パートタイム」で発行する場合は、「現在フルタイムで働いている証明が必要」
ということで、Toruくんの勤務先にサインをもらったりとちまちま大変でした。



あと今回の申請で初体験だったのが、

Justice of Peace (JP)。


パートナーのビザサポート用の書類(INZ 1146)には
サポートする本人(私)のサインを、このJPという資格を持つ人の前でして、
JPに「ちゃんと本人がサインしましたよ」と証明してもらう必要があるのです。


日本でいう、公証人っていう人にやってもらう認証っていう作業です。
日本で最初Toruくんの学生ビザと私のオープンワークを申請したときは、
ニュージーランド大使館でやってもらいました。


JPはイエローページとかで探すと見つかりますが、
オークランドにお住まいの方は、シチズンアドバイスビューロー(CAB)とかに
いくとやってもらえます。

私は、オークランド図書館の2階でやってもらいました。

必要なのは、サインする書類とパスポートのコピー。
費用はタダ♪


ただし、JPがいる時間帯は曜日に寄って変わるので事前チェックが必要。
そして、混み合ってるので30分ぐらい待ちます。



あとはスペルミスや、申込書は「大文字で書かなければいけない」ということで
何度も書き直したりしました。
(移民局も全部オンライン申請にしてくれればいいのに)



そんな感じで書類を移民局に提出。


そのうち、移民局からメールで「申請受け付けたよ!」っていう
お知らせが来る筈なのですが、2営業日たった現在でもまだ来ていないので、
まぁ待つしかないでしょう・・・


無事にワークビザが降りますように!




スポンサーサイト
2011.01.24 Mon l ワークビザ取得 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aotearoagohan.blog28.fc2.com/tb.php/233-c3488493
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。