上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Toruです。

夕方からしかバイトがないため、毎日家でプチ引きこもり状態。
ネットして本読んで昼寝して。。。。

あ、完全にダメな人になってる・・・・。



まー、そんなことはさておき。

本日、人生における目標の一つを達成しました。


それがこちら、Richard Chudy氏(RC3)のキューです。
IMG_2110.jpg


長かったなぁ。。。
約9年半かかりました。
20歳で欲しいと思ったものが20代最後の半年で手に入ったから良しですね。


振り返って見るとワーホリ時代(10年前)、NZで出会ったビリヤードにすっかりはまり、
日本に帰ってからはビリヤード場の店員をしていたこともありました。

その当時、自分にとっては憧れだったAさんが持っていたキューが凄く良いキューで、
欲しいなぁと思ったのがきっかけでした。
途中何度か買おうかと思ったこともあれば、気づけば後輩が同じようなキューを持っていて
悔しい思いをしたこともあれば・・・


そんなこんなで買おうと思えばいつでも買えたはずなのに、
なんとなく自分の中で最後の一歩が踏み出せずずるずる来て10年。
2,3年おきにやってくる新しいキュー欲しいなぁの波を、
あーだこーだと言い訳してやり過ごし、ずーーっと同じキューを使い続けてきました。

そのキューはもう自分の一部のようにちょっとした変化でもわかるほど使い込んできた
それはそれで愛着のある一本ですが。


今日からはこれを使います!!
ビリヤードに出会ったNZで手にしたのも何かの縁なのかもしれませんねぇ。


と言っても、まだ出来たてでニスの匂いがぷんぷん。
というわけでもう2週間くらいは我が家で鑑賞、もとい乾燥タイムですかね。



製作者のRichard氏に色々と相談をして、普段は使わない素材を入れてもらい、
多分冗談ではなく本当に世界に一本のキューになったと思います。

そういう意味では、4,5年前に安易に買わなくて良かったなと思う一方、
出来あがってきたものを見て、やはり10年前に比べると「木がなくなってるんだな」と
言うこともわかります。

そういう意味で、もっと早くというちょっとした後悔もしましたが、
それは悔やんでも仕方ないこと。

これからゆっくりと使って行きたいと思います。




余計なお世話だと思いますが、
もし何か木製のもので本当に欲しいものがあるなら、
早いうちに購入されることをお勧めします。

特に黒檀。
今回キューをオーダーして本当にそれを実感しました。


言ってることが、相反するようで微妙な気分になりますが、
人間が増え、需要が増えたことによって伐採がすすみ、
木の成長が追いつかなくなっているわけです。


真黒と言われる黒檀や、青黒檀などはキューに使うサイズで考えるともうほぼ手に入りません。
お金を出せば手に入るかというものでもないわけです。
流通量が極端に少ないんですよね。
まーすごいお金を払って、時間も待てれば問題はないでしょうが、
僕はそこまで出来なかったことと、青黒檀にした時の完成品の重さの関係で
僕は諦めました。


僕のキューは真黒黒檀に入るGaboon ebonyが使われています。
ピアノの鍵盤などに使われるものですね。

思っていたよりは縞がはいっていましたが、
黒檀は時間の経過とともに色がさらに黒くなっていきますので、
半年ほど見守って見ないとどうなるのかはちょっとわかりません。

ココボロにしても、杢目にこだわりを見せるだけあってかなりきれいです。
古くからキューを作っているからこそ使える素材というものもあるんだと思います。


何でこんなマニアックなことを書いてるのかよくわからなくなったので、
この辺で終わりにして・・・・w



人生の目標を一つ達成した喜びと、
全体的な状況から手放しには喜べない。
そんな状況下での複雑な報告となりました。


ま、何はともあれゆっくり相棒にしていこうと思います。
今度はあんまりぶつけないようにしなきゃなぁw
スポンサーサイト
2011.01.12 Wed l 気ままな暮らし l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aotearoagohan.blog28.fc2.com/tb.php/229-a40cbca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。