上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Toruです。

先日、読んだ記事によると、オークランドではほとんどの地域で平均売買価格が
1ミリオンを超えたらしいです。
初めて家を買う人たちで、ある一定以下の価格の家を買う場合に政府が補助金を出すんですが、
その家の価格が、55万ドル以下。

つまり、初めて家を買おうと思っても、物価の感覚的には5500万ないと家が買えないということ。
しかもその値段で家を買えそうなのは、オークランド地域120を超えるエリアの中でたった3つ。
どれもが、街まで通勤に時間のかかる郊外のエリアばかり。

普通に家を買いたければ、1億円持ってこないといけない。。。
もっというと、5500万の家を買おうと思っても、実際には収入の規定などが
政府の規定を上回るため、補助金をもらえる人も少ないんだとか。

必然的にオークランドの人たちが初めて家を買うときには、マンションがその対象に上がってくるそうです。
それでも、20-30万ドル位。


家を買う市場は、東京よりひどいかもしれないですね。。。。。

家の価格の年間の上昇率が10%を超える現状はいつまで続くのか。
我々も冷や冷やしながら家探ししてます。
資産のインフレは経済のインフレを上回って進んでいくので、
目に見えて、手が届かなくなっていくのがわかります。

これならいっそのことどこかでバブルが弾けてくれればいいのにと
正直思ったりもします。。。


さて、先日の初めてオファーを出した続き。

予算いっぱいいっぱいというわけではないけど、我々としてはその家に対して、
それなりの金額でオファーを出しました。
営業マンと依然話をした時の感覚からしても、売主の希望価格にはマッチしてるだろうし、
買えてもいいだろうと思って家に帰りました。

5時半にマネージャーが売主にオファーの書類を一式持っていくとのことだけはわかっているものの、
その場で返信が来るものなのか、来ないものなのかもよくわからず、
とりあえず家に帰って待つ。

5時半。
特に何もなし。

6時半。
特に何もなし。
とりあえず晩御飯。

7時半。
変わりなし。
片づけしつつ、あれ、もしかして今日返事は来ない??と思い始める。

8時半。
変わらず連絡は来ず。
これはきっと一晩悩んで明日なんだろうということで、もうおいておこうと決める。

9時半。
電話が鳴る!!

来たっっ!!と思うものの、一方で今日来るなら遅くない?とも思いつつ、
電話に出てみると、営業マンから。


結論としては、残念ながら我々は負けてしまった。
一番高いオファーは2万ドル以上高かったらしい。
不動産屋も正直驚きの金額だったそうで、我々のオファーが悪かったというより、
いいオファーが入ったという感じでした。



流れも、よくわからないままドキドキのまま、とりあえず最初のオファーを入れてみて分かったことは、
オファーを入れるだけならただであるということ。
思ってるよりも高い金額が入る状況になりつつあるということ。

この二つではないかと思います。

特にオファーを入れるだけならお金はかからないというのは、
我々にとって今までオファーを入れるだけでも弁護士に1000ドルとか払うのかなーと思っていたことを
考えると心理的な敷居はぐっと下がったのです。

そして、その勢いのままさらにオファーを入れていきます。
続く。
スポンサーサイト
2016.06.17 Fri l NZで家を買う l コメント (0) トラックバック (0) l top
Toruです。

何と今日は誕生日。
気が付けば、35になってしまいました。

思い起こせば7年前の28の時、このまま30歳を迎えるのか……と悩んだ末、
良しやれるもんなら行ってみよう!ということで考え始めた海外移住。

半年ほどのリサーチ期間を経て、意思決定をし、また半年かけて準備をし、
こちらへ来たのが2010年初め。

リーマンショックの影響を色濃く残した経済状況の中、
3年やってダメなら帰ろうと心に決めて、気づけばもう6年が過ぎました。

33歳になった時に、ようやく地に足がついて前に進み始めたと思って、
35歳までには花を咲かせたいと書きましたが、2年経って振り返ってみると、
見える景色は変わったものの、思い描いていた景色には、まだ先は遠いですね。

今は、今進む道の延長線上でイメージできる世界の中で、
5年後まで、1年毎の割と明確な目標があります。
これらのステップを経て、ようやく思ってるところまで
行けるかどうかが五分五分だなと感じてます。

40になった時、このブログを見て、それぞれのステップをクリアできて、
最後のチャンスを上手く形にできているのか、
それとも途中でまったく違う道に進んで違うことを追いかけてるのか、
そこまで行けばある程度分かるのかもしれないなと思ってます。

どうなるか、5年後もこのブログが細々と続いていることを信じて。



さて、前置きがずいぶんと長くなりましたが、
朝不動産屋さんに我々の条件を送ってオファーの契約書作成をお願いしたところまで、
前回書きました。

そこから長い日が始まりました。

というのも、我々の条件を送って不動産屋さんがそれを作ったとしても、
そのままではただの紙です。
我々がそこにサインをしない限り、何の意味もありません。

なので、不動産屋さんにアポイントを取って、サインをしに行かねばならないわけです。
しかもその時点では、いつその契約書を相手側に見せるのかもわかっていません。

その家は、Deadline Saleという方式で売られていました。
これは、最終的にその決められた日までに売れなければ、
売買自体がなくなる可能性があるという売り方です。

前回の記事で書いたように、売主が他に家を買う契約を結んでいて、
その条件に「6月15日までに自分たちの家が売れること」となっている場合、
6月15日までに売れないと買う話自体が成立しないわけで、
その場合自分たちの家を売る理由もなくなってしまうため、
一度リセットするということですね。

ちょっとうまく説明できてる気がしないですが。。。。。


また、この売り方の場合、どこかからオファーが入った場合、
不動産屋さんはそれを売主にタイムリーに提示することが求められます。
この「タイムリーに」という所が、曲者でその日中であることは間違いないんですが、
これが、午後の2時だったり、夕方の5時だったり、はたまた夜の7時だったりします。

この辺は、売主側の都合とともに、不動産屋の判断(=それまでにもっとオファーをかき集める自信があるかどうか)が
大きく影響します。

売買形式としてはちなみに、最もシンプルな形式であるNegotiationや、売主側が価格を提示して、
それ以上の金額で買ってくれる人を探す方法、また期日を決めての入札、
オークションという方法があります。


話は戻りますが、上述の「タイムリーに」があるため、
サインを一体何時までにしなくてはいけないのかは、
朝の時点ではわからなかったわけです。
というか、僕の中では前回が金曜の2時だったので、同じくらいかと思っていて、
「不動産屋さんに、11時半頃にサインしに行くよ!!」という連絡を前のめりに送ったわけです。


ところが、不動産屋からの返事は、「今オフィスにいないから、また連絡する」という、
何ともつれないもの。

何度かチョコチョコやり取りはあるものの、何とも釈然としない。
ちょっと焦りとイラつきもあり、とりあえずオフィスまで行ってみることに。
元々予定していた通り11時半にオフィスに行って、受付の人に話をする。

とりあえず、ソファーに座って待ってろと言われ、待つこと10分。
出てきたのは、知らない人。
どうやら、セールスアシスタント的な感じの内勤の人らしく、
話を聞くと月曜日の朝は、その前の週に出た物件全部を営業マン全員で
回るという慣例があり、そのため営業は誰もオフィスにいないとのこと。

12時半ごろには戻ってくると思うんだけど・・・・と言われつつ、
一応、コピーの契約書のひな形をもらい、とりあえずは一時退散。

結局不動産屋に会えたのは、なんと驚きの2時頃。。。。
はっきりとアポイントを何時としなかったのは、
朝物件を回っていたからということだけではなかったようで。

それよりも、どうやらその月曜日にオファーを入れるといったのは
朝の時点では我々だけだったので、不動産屋がオープンホームに来た脈ありの人たちに、
片っ端から営業電話をかけて、これで売れたら手に入らないですよー、オファー入れてくださいねーと
プッシュをしていた模様。

その為、他のオファーのサインを何時にできるかが勝負になるので、あえて引っ張ったというのが正しいようです。
まぁ結果として彼らの営業努力は成功して、後3組がオファーを入れることになり、
今回の場合、「タイムリーに」は、夕方の5時半になり、すべてのオファーが売主側に提示されるとのこと。

この辺は、まぁ、我々としては如何ともしがたいので身を任せるしかありません。

とりあえずサインして、またまた再び外へ。

なんとなく落ち着かないまま時間を過ごしたその結果は、
長くなったので、さらに次回に続きます。









2016.06.04 Sat l NZで家を買う l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。