上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Sakuraです。




ネイピアに引っ越してきてもうすぐ一か月。


家具さがしに追われまだまだじっくりネイピアの素敵スポットを
楽しめてないですが、オークランドとは違うなーと日々思います。




ひとつは天気。


冬なんだけど、比較的晴れの日が多いこと。



DSC09203.jpg
町の中心。


オークランドだったら、今の時期はまず朝出勤するときに小雨(時に本降り)、
少し晴れ間が見えたと思ったらまた雨。そして晴れたかと思ったらまた・・・の
繰り返しが続きますが、ネイピアだと雨が降りそうでも日中は降らなかったり、
写真みたいな晴天の日があったりと、お天気が良い。



DSC09202.jpg
なぜかカリフォルニア風。



この雨が少なく晴天率が高い、という気候のおかげでおいしいワインができるそうです。


ちなみに、植樹の成長率も3倍とのことで
NZ有数の材木の生産地でもあります。


街をちょっと離れるとNZには珍しく杉林が広がっており、
そのせいでNapier、Hastingsは花粉症持ちの人がちらほらいるんだとか。

Toruくんは日本でひどい花粉症で、NZに来てやっと薬漬けの日々から解放された!
と喜んでいましたが、ネイピアでは再び花粉症が発症しそうです。
あんまりひどくならないことを願うばかり・・・




話がそれましたが、ネイピアに暮らしていていいなあと思うことの一つはこの海。



DSC09204.jpg
すぐに深くなっているので、遊泳は禁止です。



家から歩いて25分ほど。


ざざーんと一面の水平線と青い海が広がっています。



DSC09205.jpg
散歩している人が結構いるはずなんだけど、広すぎて全然それを感じさせない。



オークランドも海沿いの町でしたが、この広々とした感じとはちょっと違う。


妊婦のお散歩がてら、お水とパンや果物をもって、てくてく歩いて海へ行き
ベンチに座ってぼーっと海を眺めながらもぐもぐと持ってきたおやつを食べ、
そしてスーパーに行きふらふらとして、1時間半ぐらいかけて買い物をしてくる
というのが最近の私の日課です。





5分車を走らせるだけで、広大な敷地に緑が広がってます。



秋で色づきはじめた木々たち。

DSC09245.jpg




DSC09243.jpg



こちらはオーガニックなどの野菜を売る八百屋さん。
苺のファームがあり、シーズン中はいちご狩りが楽しめます。


NZでは、フローズンの苺とアイスクリームを混ぜた
ソフトクリームも人気。
来年の夏には食べれるかな。



引っ越してくる前は、野菜はPaknSaveなどの大型スーパーで売っているものしか
手に入らないのかなあと、中国野菜好きの私たちとしては心配していましたが、
白菜やケール、カイラン、大根など、お馴染みの冬野菜を育てている農家さんもいて
ちょっと離れた八百屋さんにいくと、新鮮で手軽な値段のお野菜が手に入ります。


産地が近いからか、卵もオークランドのスーパーで買っていたものより、
こっちのファームから直送されるもののほうがおいしいような気が。



あとはこっちは水がおいしい気がします。
オークランドにいたときはアパート暮らしだったのものあり、
水道水はおいしくないなあと思っていましたが、こちらの水道水はおいしい!




オークランドより冬の冷え込みは厳しいし、
何より車がないとどこにいくのも不便!といった生活の不便さはありますが、
ネイピアっていいところだなーと、引っ越してきて1か月、ぼんやり思うのでした。




スポンサーサイト
2013.05.30 Thu l 気ままな暮らし l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。



以前、Toruくんがセールで購入したこちらのパスタマシーン。


20130402_154642.jpg




これさえあれば何でも麺は作れる!!


ということで、Toruくんの休日には大活躍しています。




この間のお休みに、オーガニックのお店でbuckwheat(そばの実の粉)を見つけたので、
これで「そばを打つぞー!」とさっそく挑戦。



私の中のそば打ちのイメージは、「うどんよりも難しい」。


小さい頃、おばあちゃんちで父がそば打ちに挑戦して、
茹でる一歩手前まではうまくできたものの、
茹でてみたら長かったそばはブツブツ切れちゃった・・・・という思い出があります。




そば粉の割合が多ければ多いほど難しいみたいですね。


Toruくんは、「今回のイメージは駅の安いそば!」

ということで、小麦粉の割合を多くしたようです。




私が別室でズボンのすそ上げをしている間、
キッチンでもくもくとそばを打つToruくん。


1時間ほど?で完成。



そばは打ったらすぐ食べなきゃね!!


ということで茹でます。



DSC09247.jpg



おー途中で切れないでちゃんとそばになってます。





おつゆは、返し醤油とホンダシを鳥とネギのスープで割ったもの。


DSC09248.jpg



リークの細切りが目立ってそばが隠れちゃってますが。


七味も降って、いざいただきまーす!!!







ずるずる。





「おいしい!」 と、私。



「・・・うーん・・・」 と、Toruくん。







あれ?




なんでも、Toruくん的にはそばの風味が弱く
反対にちょっとあくが強すぎてイマイチだったようです。
そこまで繊細な味の違いがわからない、残念なのか得してるのかわからないですが
とりあえず私としてはおいしくいただきました。






次はラーメンか、またはうどんに再チャレンジか。



パスタマシーンの手番はまだまだ続きそうです。

(まだ普通のパスタを一度も作ってない)



2013.05.27 Mon l 家ごはん l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。



ある日、Toruくんが仕事から帰ってくると
きれいな小さい箱をくれました。






DSC09251.jpg




なになに?何かプレゼント??



と聞くと、同僚の女性からもらったとのこと。





ぱかっと開けてみると、入ってたのはこちら。



DSC09252.jpg






赤ちゃん用の毛糸の帽子と靴下!!!



なんでも、職場の60歳くらいの同僚のおば様が
手編みが得意で「今度子供が生まれるんだよ~」と話をしたら
縫ってくれたとのこと。




それだけでも感激なのに、並べてみると
全部赤ちゃんの月齢にあわせてちょっとずつサイズが違う。



DSC09249.jpg



一番小さい靴下なんてこんな感じ。


DSC09250.jpg



生まれたての赤ちゃんって小さいんだな~としみじみ。



一番小さい帽子は、はたしてアジア人の新生児でも入るサイズなのかな??
とちょっと不安になるくらいの小ささでしたがきっと入るはず!





入ってきてまだ2か月もたたない同僚の生まれてくる赤ちゃんのために
一編み一編み丁寧に編んでくれた靴下と帽子。

これをプレゼントしてくれたスージーは、
園芸も得意でレストランの裏にある小さな菜園の手入れもし、
自宅の庭でとれたチリでジャムを作っちゃうような素敵なおば様。


赤ちゃんの服や靴下なんて、お店で買うもんだと思ってたけど、
こうして手作りができるってほんと素敵だなあ。
自分も年を重ねるなら、そんな風に何かを作れる人になりたいなあ、と思いました。



赤ちゃんが大きくなって、いずれ履けなくなったとしても大事にとっておきたいなあ
と思う素敵な贈り物でした。






2013.05.26 Sun l 気ままな暮らし l コメント (4) トラックバック (0) l top
Sakuraです。




寒い日に大活躍するのが暖炉。



DSC09219.jpg




新しい家には暖炉(薪ストーブ)があります。

大家さんがガレージにある程度の薪を残してくれたので、すぐに使用することができました。



暖炉があるなら、これをやらずにはいられない。



DSC09217.jpg



水で洗って。



DSC09218.jpg



アルミホイルで巻いて巻いて。




DSC09219.jpg



暖炉にポイ。



DSC09220.jpg


2時間ほど放置するとこんな感じに。



DSC092.jpg



割るとホクホク。






薪ストーブは薪を買ったり掃除したり、それなりに手入れの手間暇はかかりますが、火を入れると家の中が暖かくなるし(さすがに家中は暖かくならないけど)、火を使ってこんな楽しみもあるし、暖炉の魅力にはまりそうなNZの初冬です。






2013.05.18 Sat l 気ままな暮らし l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


ネイピアの冬はオークランドに比べて晴天率が高いです。
その分、風や空気が寒い気が・・・




寒い日は暖かいものに限るよね~


ってことで、Toruくんがチキンマスタード煮込みを作ることにチャレンジ。


チキンはスーパーで安売りしていた鶏ささみを使用。
隠し味にはこちら。

DSC09211.jpg



Toruくんの働いているワイナリーの白ワイン。
毎月4本、従業員サービスで至急されます。


私は妊娠中。


そしてToruくんはもともとお酒を飲まないため、このままいくとワインがたまる一方。


てなことで、ぜいたくにも料理に使用。


Toruくんが一口味見しましたが、フルーティーで香りよく飲みやすいワインだったようです。




DSC09212.jpg



そしてホワイトシチュー完成。


玉ねぎとマッシュルーム、人参をじっくり炒めて
鶏肉を香ばしく色づけしたあと、白ワインを豪快に投入。

くつくつ煮込んで手作りホワイトソースを。
マスタードシードがほんのり良い味を出しています。



付け合わせのフォカッチャもレストランからのもらいもの、


ということで、なかなかおいしい晩御飯でした。



当然、一回ではワインは使い切れなかったので、何回かにわけて「料理」に使用する予定です。





2013.05.17 Fri l 家ごはん l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。