上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Sakuraです。


いつの間にやら5月も終わり。


めっきり冷え込むオークランドです。
家の周辺は、朝の霧がすごいです。


さてさて、ようやくゲットしました!イクラ!!!


正確には、Toruくんが色々探して買って来てくれました!!


今はイクラも終わりのシーズン。
4月の終わり頃に、ちょうど粒も大きくなってくるので
手に入れようと考えていたのですが、なんでも今年はイクラの流通が少ないらしく、
どこにいっても入荷していない・・・・という状況。


「来週入荷するよ」と言われたので、
「じゃあ予約するよ!」と言っても、とっておいてくれないお店もあったり・・・


いろんなタイミングで今年はイクラは無理かしら、と諦めていたのですが、
ここにきてようやくゲットできました!



お値段は1kgで$35。去年より、$5ほどの値上がりです。
消費税もアップしたし、最低賃金もあがったし、今年流通量が少ないことを
考えると仕方なし・・・・


ラッキーなことに、筋子ではなく、すでにほぐれていたので、
ほぐす手間はなかったです。


DSC06073.jpg



鮮やかすぎるオレンジ!!!
この色はどう見ても不自然だーと思いつつ、塩漬けと醤油漬けを作成。



DSC06078.jpg




これを一晩ねかせて、せっせと小分けにして冷凍。
1袋30gで小分けしました。


DSC06114.jpg



DSC06115.jpg



味は、塩と、醤油のうすい・濃いの3種類作成。




これでいつでもイクラのっけご飯が食べられます♪



お正月まではキープしたいところです。



スポンサーサイト
2011.05.24 Tue l 家ごはん l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


Toruくんは、学校と仕事とコンペティションに向けてのトレーニングで
休みなく働いています。



そんなToruくんが最近ハマっているものが、手作り杏仁豆腐。
Toruくんは作る時間がないので、私が代わりに作ります。


一見難しそうですが、じつはすごーく簡単にできちゃいます。
牛乳、生クリーム、砂糖の比率で味もお好みに変えられるので、
お手軽おススメおやつです。



我が家のレシピはこんなかんじ。


南仁(アーモンドの種の中身、NZではチャイナマーケットとかで買えます) 26g
水(南仁を浸す用) 110cc
牛乳 260cc
砂糖 25g
練乳 ティースプーン2杯
ゼラチン 6g
水(ゼラチンをふやかす用) 25cc
アーモンドエッセンス 少々


1. 南仁を水で一晩浸す
2. 浸した南仁をミキサーにかけ、それをこす。
3. 鍋に②と砂糖を入れ、砂糖を溶かす
4. 牛乳と練乳、アーモンドエッセンスを加え混ぜる
5. ゼラチンを入れて溶かす(このとき、沸騰させないように注意)
6. 冷やして粗熱をとったら冷蔵庫で冷やす。


以上で完成☆
このレシピはけっこう甘さ控えめ&やわらかでできあがります。

もっと濃くが欲しい方は、牛乳を減らして生クリームを加えてもOK!
その場合は牛乳200cc、生クリーム100ccでかなりコクのある杏仁豆腐ができあがります。

生クリームは、⑤の後、粗熱がとれたものに加えます。
熱いうちに加えると、分離してしまいます。


南仁をすでに粉にした杏仁霜というものを使ってもできるのですが、
南仁を使うほうが、優しい風味になるので我が家はこっちがお気に入りです。



DSC06007.jpg

チャイニーズスーパーでかった南仁。


DSC06010.jpg

杏仁豆腐。





おまけで、この間Toruくんがチャイニーズスーパーで購入してきた珍味。
中国語では「肉髭」って書いて売られています。


DSC05995.jpg


よく知らないですが、タイでは一般的な調味料?のようです。


シュワシュワ綿菓子みたいな口どけで、
スルメイカのようなお味。


DSC05996.jpg


豆腐にのっけて。わりかしいけます。



おまけ2。


マカダミアナッツに、はちみつとタイムをかけてローストしたもの。


DSC06005.jpg


美味しいけど・・・危険!!!


2011.05.16 Mon l レシピ l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


先週の月曜日に、Toruくんのコンペティションにむけて、料理の研究をしよう!
という大義名分のもと、ちょっといいレストランに行って来ました。


オークランドにあるMORITA French Japanese restaurant.


DSC05891.jpg



目抜き通りのクイーンストリートからちょこっと路地に入ったところにあります。
オーナーシェフは、オークランドで30年続いた日本食レストラン、今はなき有明の
総料理長を勤めた方。

もとのバックグラウンドは、フレンチなんですって。


世界一ミシュランの星付きレストランが多い東京の味を
オークランドで味わってもらおうというコンセプトもあるようで。


たしかに、料理店の数といいレベルといい、東京の方が高いですよね。
ニュージーランドにも美味しいお店はありますけどね。



今回頼んだのはおひとり$100のコース。
MORITAでは基本コースのみとのこと。



以前、オークランドで評判の高い日本食レストランに行ったときも
同じくらいの値段だったけど、そこまで感動する味わいではなかったので、
期待半分不安半分で、前菜の登場。


ちなみに、前菜にはしっかりとDog Pointのソーヴィニオンブランをあわせました。


DSC05893.jpg




DSC05894.jpg



マッスル。


絶妙な火加減。美味しいです。
塩味のバランスとか。


なんか、レストランって雰囲気を楽しむのか、料理を楽しむのか
人それぞれですけど、料理を楽しみたい私としては、おいしいものを
食べると、自然に顔がほころびます。

思わず笑顔になっちゃうような料理。

ワインとの相性もまずまず。




DSC05899.jpg


お次は鴨の寿司スタイルと、レバーの赤ワインの鶏肉巻き。




鴨の下にはマッシュポテトが。
マッシュポテトの塩加減がよかったです。

レバーのほうは美味しかったけどちょっと口に後味が残るかな。

ワインとの相性は、鴨はワインと平行線をたどる感じ。
レバーにはやっぱりちょっと合わないね。




DSC05901.jpg



お次は前菜4種。



DSC05902.jpg

ブラフオイスター



DSC05903.jpg


スナッパー、ボラ、シマアジ、あと何か1種類のカルパッチョ。


DSC05904.jpg



オイスターのバルサミコソースソテー


DSC05905.jpg


シマアジの梅紫蘇巻き




ブラフオイスターは新鮮で美味しかったです。
ポン酢の味かオイスターの味かはわかりませんが、
ワインとは合わなかった。



カルパッチョも普通に美味しい。
シマアジの梅紫蘇巻きは特筆すべき点はとくになし。



絶品だったのが、オイスターのバルサミコソースソテー。
絶妙な火加減。噛んだ瞬間に、オイスターの旨味が口の中に広がります。
ずっと噛んでいたい・・・・(笑)


こんなに絶妙な火加減で仕上げられるなんて、
どんだけ技術が高いんだろーと、Toruくんとひたすら「おいしい、おいしい」を
連発しながらぺろりと頂きました。




DSC05907.jpg



スープの替わりの煮物。
キングフィッシュと大根の煮付け。
要するにぶり大根ですね。



これは・・・味はよかったけど、キングフィッシュの皮に鱗がびっしり!
皮は食べるなということか!
しかし、キングフィッシュもハラミの部分だし、身も小さいし、
皮ごと食べるからおいしいのに~


後でシェフの方に話したら、「すみません!」と言ってました。
サーブした後でしまった・・・と思ったと。
ということは、やっぱり通常はウロコ付きなのかな。
ぜひともウロコをとっていただきたいなあ。




ここで、私の白ワインがなくなりました。
Toruくんのはまだ半分ぐらい残ってます。


またDog Pointにしようかなーと思っていたけど、
お店の方におすすめされたオーストラリアの赤ワインにしてみました。


DSC05910.jpg


シラー
オーストラリア産。



めちゃくちゃ好みの赤ワイン!

香りはベリー系で甘いのに、味は渋みがあっておいしい!
ちなみに、ここは言えばグラスでサーブしてくれます。
両方とも、ボトルワインの値段は違うけど、グラスだと1杯$15だったので統一価格かしら。


このワインはぜひとも家でも飲みたいので、今度New Worldにでも行ってこよう。
多分$40ぐらいなんじゃないかと推測。


そしてメイン、その1。


DSC05909.jpg


海老のアメリケーヌソース。
アメリケーヌソースは、要するに海老のビスクです。
肝のはいった濃厚なソースです。


絶品!


ソースが甘くてこくがあって美味しい!


そして付け合わせのマッシュポテトとも合う!

しかもこのマッシュポテト、前菜の鴨の寿司スタイルのマッシュポテトとは
粗さがちがうんです。こっちのほうが、粒が少し残っている感じ。
でも、ソースに絡んでよく合う。

付け合わせのガーリックトーストも絶品でした。


しかも、これがオススメされた赤ワインと合うことこの上なし!
お店のおねーさん、オススメしてくれてありがとう。



メインその2。

DSC05911.jpg


ラム肉のトリュフ&フォアグラソース。



ラム肉やわらかーい。
オリーブオイルとガーリックにつけ込んでいるそうです。

ソースもちょっと甘めで美味しい。
もちろんワインとの相性バツグン。


つけ合わせの野菜もフライしてあって美味しい。


そして、感動したのはポーチドエッグ!
とろりとした黄身をラム肉につけて食べると非常に美味しい。


ポーチドエッグは最初じゃがいもかと思いました。
なんでも、赤ワインで炊いてあるそうです。





最後の〆はお寿司。


DSC05914.jpg



お寿司は、美味しかったですけど、
ひじょーに残念なのは、酢飯があんまりおいしくなかったこと。
お酢の風味が足りないのと、ちょっとパサパサするというか。。。

上のネタはごま風味とか昆布〆とか色々工夫されてて、それはそれでおいしいのだけど。


別に〆をお寿司にこだわらず、いっそ洋風にしたらいいんじゃないかしら。





そしてデザートは、

クマラ(さつまいも)のモンブラン、
クレープシュゼッテ
果物



このデザートは・・・うーん残念。
$100のコースで、メインとのレベルの違いがあまりにもありすぎる。

モンブランもクレープもまずいわけではないけど、イマイチ。
感動!!するにはほど遠いお味です。

自分で家でも作れるよ、って思われてはレストランで出す料理の価値がなくなっちゃいますよね。

付け合わせの果物は、はっきりいってまずかったです。
パインは変な味だし、キウイフルーツはすっぱいし、オレンジは乾いているし・・・



メインまでとっても上がっていたテンションが、
デザートにいくにしたがって、下がってしまいました。


なんでも、デザート担当の方は、ここがOPENしてから
パティシエを始めた方で、まだ3ヶ月なんだそうです・・・・

人材不足のNZでは、(特に日本人シェフという人材において)
こういったことは珍しいことではありません。



他のお料理が美味しかっただけに、この点だけは非常に残念。


でも、メインの料理は本当においしかったです。
あれだけ美味しい料理を作れるシェフは、ほんと、マジックですよね。


夜のコース料理はそうそう行けるお値段ではないですが、
ランチもやっているみたいなので、次はぜひランチにもチャレンジしようと思います。






2011.05.14 Sat l 外ごはん l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


フルマラソンサブ5(5時間切り)とダイエットのため、
週5日以上を目標に走り始めてから1ヶ月。

この1ヶ月の月間走行距離は、80km-90kmでした。
(毎回距離は測定していないので、、大雑把ですが)


気になる体重の変化は?

・・・500gぐらい減ったかな?


体型的には、上半身と膝の上のお肉が少しすっきりしてきたかもーという感じです。


うーん、開始1ヶ月の効果は微々たるものですね。
しかも、私は2年前に1回ランニングで痩せてから、時間を掛けてリバウンドしてきてるので、
余計に減りにくいような気がします。

筋肉痛にも5,6キロ走っただけではならないから、
筋力負荷も高めないとだし・・・


前回痩せたときは、月間走行距離が80kmぐらいで、3ヶ月ぐらいかけて
徐々に痩せていったような気がします。
ヒップもマイナス4cmとかになったんですけどね。あれは幻?



とりあえず、いまここでやめてしまうと折角積み上げて来たものが水の泡なので、
気長にがんばろうと思います。



今月の目標は、1回平均距離6キロ×週6日で、月間140km以上!!


うーんやりすぎかなぁ。。。。いままで月間走行距離を100km以上走ったことって、
1回くらいしかないんですよね。。。


まあ、膝を壊さないように筋トレしつつです。



ちなみに、仕事と学校でハードな生活を送っているToruくんは、
いつのまにか3,4キロ痩せたそうです。
2011.05.10 Tue l ランニング l コメント (0) トラックバック (0) l top
Toruです。

現在ちゃんとしたシェフは僕一人というカフェで働いているわけですが・・・
(就職活動の時の記事がこちら。)

やったら、今日は朝から忙しいなぁと独り言をブツブツ言いながら働いていたら
なんとそのカフェが、NZ最大の新聞、NZ Heraldの付属雑誌 「Canvas」(土曜版についてくるもの)に掲載され、
4つ星を獲得したそうです!
(正確に言うと、5点中4点の評価のようですが)


DSC05934.jpg
(一番上にある雑誌、「canvas」に掲載されました。
 ちなみに後ろにいる裸の男の人は、「seals」の一員で、両手・両足を縛られて水中で泳ぐ訓練風景の写真。
 かなりクレイジーな訓練ですね・・・・。)


それで、いつも以上にお客さんが多かったんですねぇ。。。


オーナーに聞いたところ、2年半以上店をやっていて、雑誌など何らかの形でメディアに取り上げられるのは
初めてのことなんだとか。
随分と嬉しそうでした。


働き始めて2カ月、自分なりにきっちりと美味しく作ろうと思って細々とやってきた結果が
すこーーーし成果になって返ってきたということなんでしょう!!(と信じたい)

写真に写ってるスタッフに聞いたところ、月曜日に写真は撮られたとのことだったので、
作った料理も自分で出したものだったはず。。。

料理の評価のところには、「delicious」、総評のところには「good quality food」と書いてもらえてるので、
卵のゆで加減、ベーコンの焼き加減。。。などなど気にすることは多々あれど、少しは形になっているということなんでしょう。


クラスメイトの両親が雑誌を見てさっそく今朝食べに来てたんだとか・・・
意外とメディアの反響は大きいです。


明日は、一年で一番忙しい母の日。
(こちらでは母の日は、お母さんの休日として、みんなでカフェでご飯を食べる習慣があります)


朝の7時からまたマフィンを焼いて、エンドレスな注文をこなして、
4時くらいまでノンストップだとは思いますが、飽きずに諦めずにがんばりまーす。

ということで、現在8時45分。
お休みなさい!

2011.05.07 Sat l 気ままな暮らし l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。