上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Sakuraです。



今週末もまたしてもToruくんのコンペティションに向けての食べ比べ。


IMG_9867.jpg


今回合わせるのは、Dog Point section 94 2008年。ソーヴィニオンブラン。
これは、若摘みのソーヴィニオンブランでも、2年樽で熟成させたというもの。
畑の決まった一角でとれたブドウしか使わない、というこだわりのワインでもあります。


お味は、前回の普通のDog Pointのソーヴィニオンブランに比べると、
確かに香りが高い。後味にある酸味もすこしまろやか。
私の舌ではこれ以上表現できないですが、とにかく深みのあるワインです。



さてさて、お料理との食べ合わせは?

今回は色々と作ってみました。


DSC05864-1.jpg


スパイシープラウン。

これを、+ライムと+ライム&ゆずこしょうのバージョンでもお試し。

結果、チリの味は合わなくもないけど、ワインの香りにまける。
ライム&ゆずこしょうのぴりっとした感じは、ワインがよりさわやかに飲める。


DSC05868.jpg


モッツァレラ、バジルペースト、トマト

バジルペーストのナッツがあわないのか?後味が苦い。
チーズ単体もワインとは合わず。


これ単体は文句なしに美味しい。

DSC05869.jpg


ちなみにこちらが使ったペースト。
翌日パスタにも使いましたが、普通に美味しかった。



DSC05870.jpg


醤油味は合うのか、という実験でキャベツの炒め物。

・・・ワインがいがいがしました。惨敗。



DSC05866.jpg


サンドライトマト。
酸味と油があるぶん、ワインがまろやかな感じ。悪くない素材。



DSC05877.jpg


こちらも実験君。ほうれんそうのバター炒め。

結果、ほうれんそうのアクの強い感じがあわず。
ワインの酸味もそこまで強烈ではないので、バターみたいに油っぽ過ぎるのも×



DSC05872.jpg


魚。レッドパーチのソテー+トマトソースがけ。


こちらは美味しい!
塩だけのソテーよりも、トマトソースをかけたほうがさらに合う。
やっぱり魚+トマトの組み合わせが一番かしら。



DSC05874.jpg


トマトとエビのリゾット。
上のレッドパーチのソテーをトッピングしたやつと、
モッツァレラとチリ味の3種類を用意。


結果は、魚をトッピングしたやつが一番美味しかった。
魚のカリッとした風味との相性もよい。

チリ味が効いているのは、なんだか舌にえぐみがのこる。




DSC05878.jpg


最後は、おまけで私が作ったネギとコリアンダーの豚肉巻。

コリアンダーは、まったくワインにあいませんでした!
しかし、この料理そのものは美味!


この時点で、すでにToruくんはノックダウン。




そして翌日、「寿司はワインにあうのか?」という疑問を解消するために、
Toruくんが以前働いていた日本食レストランへ。



まずは、今まで試していなかった鳥肉。




DSC05879.jpg
ヒザナンコツ

DSC05880.jpg
トリマヨネーズ

DSC05882.jpg
鳥のマスタード焼き



この中でワインとあったのは、鳥のマスタード焼き。
マスタードのピリッとした感じが◎

マヨネーズは後味があぶらっぽい。
塩味のヒザナンコツだと、ワインの後味が酸っぱすぎる。



DSC05883.jpg

ホタテのウニバターソース。


うーん、ホタテが甘いので微妙。
ワインに酸味がある分、甘い素材とは合わない。




そしてラスト。


DSC05887.jpg



特別に握っていただいた握り盛り合わせ。
しまあじ、サーモン、まぐろ、金目鯛?、スキャンピー(甘エビ)、
玉子、うなぎまき、ソフトシェルクラブ巻などなど。


この中で一番合っていたのは、白身のシマアジ+生姜+ネギの組み合わせでした。
ワインの香りに生姜がけっこうマッチする!!


前回の普通のソーヴィニオンブランにマッチしたサーモンは、
section94とは合わなかった。サーモンが油っぽ過ぎました。




帰宅してから、最後の実験でマッスルの酒蒸しと焼きものを。

こちらは、マッスルだけだと淡白すぎてワインに負けるかな?という印象。
調味料次第では悪くないのかも・・・?




こんな感じで食べ続けまして、
Toruくんの中では少しずつ方向性ができてきたようです。


白ワインだからといって、刺身すべてに合うわけではないんだなーと、
食べ比べてみると実感。
酸っぱいワインに甘い風味は合わないんですね。


単純に言えば、ワインの持つアロマや味に似た料理を合わせるのが
「合う」ということなのだろうけど、ワインにも料理にも個性があるので、
それを見極めるのが難しいってことなのか。



それにしても、こうした食べ比べは、勉強になりますが、
やっぱり料理は単純に「おいしーい」と食べるほうが
性に合うな・・・と思いました。




スポンサーサイト
2011.04.30 Sat l ほかほかご飯 l コメント (0) トラックバック (0) l top
Toruです。

日本から、ランニングシューズや砥石を送ってもらおうか迷うこと3ヶ月。
悩んだ挙句に、インターネットでポチポチと注文し、父親に送ってもらったのが2週間前。


おっかしいなぁ・・・・と思っていた矢先にかかってきたDHLからの電話。
「これは個人使用の物?商業用の物? 中古品は入ってるのか?」という話。

なんのこっちゃよーわからんけど、とりあえず、
個人使用で古いのも交じってるよと答えたのがいけなかった。。。



どれが新しいのでどれが古いのかわからないから、税関に自分で行くか、書類を埋めてくれれば
我々が代行しますというメールが来た。


またそのアウトソーシングの高いこと・・・・。


ということで、今日は学校がたまたま早く終わって時間があったこともあり税関へ。
街中にあるNZ Custom Houseへと足を運びました。


と言っても時間がなかったので車でぶーーんと。
街中に駐車場がなく、一時間程度だろうと踏んで、時間制の駐車場へ。


初対面の税関職員はなかなかに人も良く親切に教えてくれましたが、
情報が足りないよ!と怒られ、近くのインターネットカフェに行き、
DHLから送られてきたメールと添付ファイルをとりあえず印刷。

ここまでで10分経過。



税関に戻って、書類を記入し、わからないところは質問して教えてもらい、
とりあえずはMAFで処理をするからと言われる。

MAFってなんだか良くわからないけど、3つとなりのブースに行けと言われるがままに行く。
ボタンを押して待つこと1分。

イケメンのさわやかなお兄さんが対応してくれる。
と言っても見てるだけ。


処理が終わったらしく、元の書類と一緒に新しい書類を渡される。

Biosecurity Authority/Clearance Certificate!!

なんだかすごい名前の証明書をもらいましたが、ここで分かったことは、
MAFとは、Ministry of Agriculture and Foresty の略で、
日本的に言うと環境保護庁みたいなもの。

そこからNZの自然を脅かすようなものは荷物には含まれないというお墨付きを頂いたわけですね。

ははーーーー、、、、、、自分で提示した紙切れに証明をもらうことの不思議さ・・・・





まーそんなことは言ってられません。
次はいよいよ税関です。
ここからが長かった・・・


ここで軽ーーく、質問しながらクレームをつけてみます。

そもそも今回書かされている書類は旅行者が自分の荷物を別送した場合の書類であり、
自分はこっちに住んでるし、Work Visaも出てるんだけどこのややこしいのは何なの?
(Work Visaが2年出てる場合には旅行者ではなく住人扱いで処理される)

(言葉を濁しつつ)曰く、「五年くらいは必要なんじゃないかなぁ。。。」とのこと。


どういうことやねん!!!
5年前の荷物を別で送るなんて・・・。

と激しく、心の中で突っ込みつつ、耐えるしかない。
お役所仕事なのはこちらも同じ。


ということで、品物を見ながら金額を見ながら、関税の計算が始まります。
(この時点で心の中では「やられたなぁ・・・」な感じ)

以下、関税職員Aと僕Tの会話。


A: えーーーー、靴はこれはランニングシューズ?
T: そうですよー、マラソン用なんです。
A: いいねぇ。えっと、Dutyが10%にGSTが15%だね。
T: Yes!

って、え~~~~~~~~~~~~~~!!!
関税が10%かかり、さらに新品ということで消費税を納めなくてはいけないとのこと。


そうですか。
嫌だって言っても始まらないし。。。


A: 砥石は?
T: あ、それは中古です。
A: あーそう、じゃぁ価値を半額にして・・・・・同じく10%と15%だね。
T: Yes!

って、結局かかるんかい!!!
とさらに心の中で突っ込みながら。。。


A: 送料はいくらかかったのかな?
T: そんなこと言われても知らないですが。。。多分4,5千円?
A: あーこの数字?
T: そうそう、それそれ、4500円、ほらね。

A: えーっとじゃぁ、この分は・・・・・


(聞いてないし、それも税金かかるの!?!?)


A: 6ドル
T: Yes!

何のお金・・・


ということで、最終的には、日本から3万円弱の物を送ってもらって、
関税が$33.25(約2000円)と消費税が$70.68(約4000円強)かかった上に、
処理費用に約$40(約2500円)ということで合計$142なりーー。


1万円近く手数料かかりました。。。。







ここまでで、思った通り1時間強。

はーーーーーと思って駐車場を出ようと思ったら、$16!!
駐車料金高!!


入るときにみた値段表は1時間5ドル。
あれ?と思ってもう一回見たら、 half an hour $5

入るときには 「half」の文字が隠れてて見えなかったのね。。。。



いやーーーーーーーーーーーー、んーーーー。
それでも計算合わない気がするけど・・・


とにかく、随分かかりましたなぁ。。




ということで帰ってきましたが、まだ荷物は届いていません。







さて、このブログを書きながら一つ腑に落ちないことが。

日本からはクロネコヤマトの国際宅急便で送ったわけですが、
日本国内ですでにDHLに引き渡されていて、こちら側でもDHLで届けられています。

まー、それは許しましょう。


でも、前回7箱にも上る大量の品物を送った時はなーーーーんにも言われず届いたわけです。

っていうか、前回の物こそ別送の荷物だよ!!




ということで、気づきました(学びました)


安いからといって、国際宅急便を使ってはいけません(輸入取引が発生する?)

郵便局のEMSで送るとNZのPostofficeは忙しすぎて全てスルーしてくれるみたい。








まー、要するに運が悪かったってことですかね。
(ホントは関税払わないといけませんよ、皆様。)












いやーそれにしても、高すぎる関税。。。。。。

本日Sakuraさんと二人で1500ドル以上使いましたね。
まーこれで品物が無事に届けば良しとしましょう。
2011.04.29 Fri l 気ままな暮らし l コメント (2) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


またも歯医者さんに行って来ました。


今回は、年末治療した奥歯のCrown(被せ)治療。

朝の7時に予約。


Cityの中心にある歯医者さんだからなのかもしれないけど、
ここは朝早くから夜遅くまでやってます。
歯医者さんもシフト制なんだって。さすが保険適用外。


Crown治療は$1,450でした。
被せは銀歯ではなく、白いやつ。材質はなんだろう・・・?
10年ぐらいはもつといっていたから、セラミックよりはいいやつなのかな。

目玉が飛び出るくらい高い金額ですが、
日本でもこれやったら保険適用外だし、同じくらい値段かかるから致し方なしですね。


今日の治療ですごいなーと思ったのは、通常被せものって
歯形とって、被せるやつ作って、はめる、という2段階で、
治療に時間かかるし、2回行かなきゃいけないものだと思うんですけど、
今日は1回、1時間15分で完了でした!

なんか、歯形の写真をとって、イラストレーターでその場でデザイン(?)して、
別室にある機会で、10分くらいで歯型作ってました!

食洗器みたいな機会で、真ん中に歯型の元になる材質をセットすると、
パソコンからのデータを読み込んで、その通りに削っていくという、
なんだか先端技術!

「見学してていいよ」と言われたので、
10分ほど歯型が出来上がっていく様子を眺めていました。


銀歯とかは、歯科技工士に送るので、2週間ぐらいかかるそうです。

人の手がかかっているほうが安いんだよね。何か不思議。




さてさて、こちらは昨日初挑戦した食材です。



その名もルバーブ。


DSC05854.jpg



ヨーロッパとかでは広く用いられている食材。
主に、ジャムとかにしてお菓子に使うそうです。
お通じを良くする効能を含んでいるので、日本でも長野とかで生産されているんだとか。
ちなみに食べられるのは茎だけで、葉っぱは毒だそうです。



見た目からして、セロリ?フキ?みたいな苦いものかしら、
と思っていたのですが、これが味が全然ちがう!



こちらは電子レンジで1分半加熱したジャム。
砂糖は重量の半分いれてみました。
リンゴとかプラムみたいな甘酸っぱいジャムで美味しい!

DSC05859.jpg




ちょっと砂糖水で煮込んだやつは、かなり酸っぱい!若いプラムみたいな味でした。
でも、嫌な酸味ではないので、料理にも使えそう。梅干しの代用とか。



この日は、Toruくんの学校で余ったサーモンのハラミがメインでした。
脂のって美味しいけど、若干のりすぎ。サーモンはやっぱり刺身がいいですね~


DSC05860.jpg

DSC05862.jpg



2011.04.29 Fri l 気ままな暮らし l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


今週のオークランドは雨、雨、雨。
もうすぐ5月だし、冬の到来です。

これからキウイフルーツが安くなり、
いままさにイクラを仕込む季節です。


Toruくんは、7月に参加するコンペティションへの準備と、
カフェでのお仕事を忙しくこなしております。

私は対して変化なく、のんびり仕事しています。



さて、そろそろ永住権申請について、本腰入れて取り組む段階になってきました。


一応、ふたりとも仕事があって、仕事に必要な資格ももってます。
(Toruくんの場合は、7月の学校卒業後に取得予定)
あと永住権申請するのに必要なのは、英語力。

ToruくんはIELTSで6.5を取得したので、文句なしにこの条件はクリアー。


私は、IELTS5.5なので、パートナーとして申請する分には問題ないですが、
主申請者としての条件は満たしていません。


ただ、5月下旬で今の会社で働いて1年になるので、
これで英語力が十分にある、ということで条件を満たすことができます。


その場合は、ケースオフィサーからの電話質問があったり、
英語がネイティブの仕事の関係者に推薦状を書いてもらったりと
色々するかも?ということはあるのですが、まあNZで1年働いていれば
IELTS免除でもいいかもよ、という規定があるので、この方法で申請することも可能。


Toruくんが主申請者になるには、7月の学校卒業まで待たなければいけません。
今のカフェはちゃんと契約書も結んでくれるし、永住権のサポートもしてくれるので
そこで申請する手もあるのですが、オーナーはお店売ろうとしているし(NZはビジネス売買が盛ん)
そこでずっと勤めるかもまだわからないので、こちらは不透明。


ならとりあえず、私が主申請者になって、永住権申請してみれば?という流れになりました。


永住権申請には3段階あって、


1次審査がEOIと呼ばれるインターネット上での審査。
100ポイント以上が審査対象。
140ポイント以上であれば、本審査にすすめることになっています。

EOIを無事通過すると、インビテーションが送られてきて、
そこから本審査に進みます。本審査で、初めて英語力の証明だったり
雇用契約書を提出します。

本審査がOKになると、晴れてパスポートに永住権のシールを貼ってもらえます。

ただ、この時の永住権は仮の状態で、
その後2年間の間に1年?1年半以上だかNZに滞在して、
初めて永久不滅の永住権となります。

EOIの審査期間や本審査の期間はケースバイケース(担当官のやる気次第、という説も)で、
2ヶ月で永住権がおりた!という人もいれば、1年間待った!という人もいます。





なので、まず取り組むはEOIですが、
これがオンライン上で書き込む項目がとっても多く、全部書き上げるには2時間かかるよ♪
と書いてあります。



とっても腰が重いですが、ぼちぼちゆっくり始めようと思います。















2011.04.28 Thu l 永住権への道 l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


マラソンの話。


迷っていたオークランドマラソンですが、今年もエントリーしました。

年に一度のフルマラソン。


フルマラソンって、走るだけなのに参加費用高いですよね。
日本でも1万円とかするし、こっちでも$100以上します。


今年は5時間以内での完走を目指して、ということで、
2週間前から始めた朝マラソンは継続中。

毎日!だとしんどいので、とりあえず週5以上を目指して走っています。


といっても、走る距離は最大で7キロくらい。
短いと3.5キロくらいで終わる日もあります。


体調はなんとなく?朝型になって良くなって来た気もしますが、
体重と体型はほとんど変わらず・・・・


カロリー計算的には、毎日5キロを走って1ヶ月で1キロ痩せる
計算なので、今の走行距離ではまだまだです。


でも、2週間続けて体力も戻って来たので、
明日からまた距離を伸ばして頑張ろうと思います





2011.04.26 Tue l ランニング l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。