Sakuraです。


オークランドは海沿いの都市。

車で20分も行けば、魚が釣れる場所がたくさんあるよ、
ということで、最近釣り竿を購入しました。

クーラーボックスと釣り針などもあわせて買って、
Let's Go~ということで、デボンポートまで行ってきました。


1回目は夜釣り。


Toruくんは釣り竿ですが、私は釣り竿がないので、
ペットボトルに糸を巻きつける、というなんとも原始的な方法でチャレンジ。


結果、私のほうがToruくんよりもたくさん釣りました。


DSC05426.jpg

大きめのアジが3匹、小アジが6匹ほど。


この日は全部お刺身にして頂きました。


DSC05429.jpg





・・・というのが一昨日のことで、本日も味をしめた二人は
夕方から行ってきました。



ただ、今日は残念なことに風が強く、
2時間粘って釣れたのは、カウアイが一匹、さよりが一匹。


もう帰ろうか・・・と思っていたところ、
昨日釣っていた一角で、大き目のアジを釣りあげている人を発見。


最後に、と思って釣り糸をたらしたら、これが釣れる釣れる!!


本日も私はペットボトル+糸+釣り針の装備で
その場にいた誰よりも多く釣りあげてきました。




DSC05434.jpg


中くらいのアジが2匹とサヨリが2匹。


こちらはお刺身で。

DSC05436.jpg


あと、小ぶりのアジが10匹ほどあったので、
これは開いて酢〆にしました。

酢〆にすると、1週間くらい持つそうで。



アジの刺身はこちらが夏ということで、
少し脂ののりが足りないものの、美味しかったです。


付け合わせのシソは、家庭菜園のもの・・・・
だったらよかったのですが、こちらはもらいもの。


今後は釣りも二人の趣味(と食糧調達)になりそうです。





スポンサーサイト
2011.01.31 Mon l 釣り l コメント (2) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


ワークビザを申請してから1週間。


移民局から1通のメールが。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Application Received at Branch: ******

Dear Sakura

Thank you for your Work visa application. Your application was received by us on 20-Jan-11.

Your application number is *****
Your client number is *****

We will contact you if we require additional information. We aim to process this within 60 days

Kind Regards,

Auckland Central Branch
Immigration New Zealand
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

内容は、ワークビザのアプリケーションフォームを受付ました。

アプリケーションナンバーとクライアントナンバーはこれ。

もし何か質問があったら私たちから連絡します。

60日以内に手続きする予定です。

では。


みたいな感じ。



送られて来たアプリケーションナンバーとクライアントナンバー、


何に使うんだろう・・・・



とりあえず、待つのみです。


2011.01.27 Thu l ワークビザ取得 l コメント (1) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


旅行記がすっかり置き忘れられていますが・・・


先日、ワークビザ申請しました。


今回は、私の会社でサポートしてもらって、ワークビザ申請。
Toruくんは、私のサポートでのオープンワークビザを申請。


用意した書類はこちら

*Sakura

○Work Visa のapplication
○雇用主に書いてもらう用紙 
○employ agreement 
○大学の卒業証明書
○日本の雇用期間証明書 
○無犯罪証明書 

*Toru

○Work Visa のapplication
○Work Visaサポート用のapplication form 
○Variation of Conditionのapplication form 
○学校からのoffer of Placement
○授業料支払いの領収書
○一緒に住んでいる証明 
○デートや旅行した時の写真など。



Toruくんはまだ7月まで学校に通いますが、
パートタイムスチューデントということで、
ワークビザが降りれば、学校に行きながら
かつフルタイムで働ける状態になります。


今回は去年の11月頃からちまちま用意していましたが、
学校からもらったoffer of placementが「フルタイム」になっていて、
「パートタイム」に修正しようとしたものの、

学校がホリデーのため1月17日まで待たなきゃいけなかったり、

「パートタイム」で発行する場合は、「現在フルタイムで働いている証明が必要」
ということで、Toruくんの勤務先にサインをもらったりとちまちま大変でした。



あと今回の申請で初体験だったのが、

Justice of Peace (JP)。


パートナーのビザサポート用の書類(INZ 1146)には
サポートする本人(私)のサインを、このJPという資格を持つ人の前でして、
JPに「ちゃんと本人がサインしましたよ」と証明してもらう必要があるのです。


日本でいう、公証人っていう人にやってもらう認証っていう作業です。
日本で最初Toruくんの学生ビザと私のオープンワークを申請したときは、
ニュージーランド大使館でやってもらいました。


JPはイエローページとかで探すと見つかりますが、
オークランドにお住まいの方は、シチズンアドバイスビューロー(CAB)とかに
いくとやってもらえます。

私は、オークランド図書館の2階でやってもらいました。

必要なのは、サインする書類とパスポートのコピー。
費用はタダ♪


ただし、JPがいる時間帯は曜日に寄って変わるので事前チェックが必要。
そして、混み合ってるので30分ぐらい待ちます。



あとはスペルミスや、申込書は「大文字で書かなければいけない」ということで
何度も書き直したりしました。
(移民局も全部オンライン申請にしてくれればいいのに)



そんな感じで書類を移民局に提出。


そのうち、移民局からメールで「申請受け付けたよ!」っていう
お知らせが来る筈なのですが、2営業日たった現在でもまだ来ていないので、
まぁ待つしかないでしょう・・・


無事にワークビザが降りますように!




2011.01.24 Mon l ワークビザ取得 l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。



昨日作った酒粕パンは、食べれるんだけれども、
なんとなく重たい仕上がり・・・


これはこね不足+発酵不足だ!という結論に達し、
そういえば我が家には、学校でパン作りを習った人がいるじゃないということで、

Toru先生監修の元、本日も再度酒粕でパン作りにチャレンジしました。


材料はこんな感じ。


・強力粉 240g
・薄力粉 60g
・無塩バター 15g
・水 170g
・酒粕 50g
・イースト 4.5g
・塩 4.5g



イーストはうちにあるのはアクティブドライイーストという
予備発酵が必要なものだったので、水をぬるま湯にして
事前にイーストをとかしました。


粉、塩をまぜまぜした後、
水とイースト、酒粕を投入してコネコネ。


5分くらいするとまとまってくるので、バターを投入して再度コネコネ。


このあたりではべたべた手にくっつきますが、
気にせず続けます。


で、本来であればこのあたりでまとまってきた生地を
びたんと叩きつけるようにしてこねるのですが、
それは大変すぎるのと、近所迷惑なので。

別の方法として、こねている途中で生地を5分ほど休ませます。
(この間に、生地が乾かないようにボールをかぶせる)



Toruくんの学校の、5つ星ホテルでのパティシエ経験がある先生曰く、
生地を叩いてこねること自体にはあんまり意味がないそうです。

こねていると生地が固くなってくるので、
少し休ませてやわらかくしてからまたこねる、ということを続ければ
最終的には同じようにグルテンが形成されるんだとか。


そんなことを3回ほど繰り返しまして、
ふわふわな明らかにいつもとは違う生地ができあがりました。


それを1次発酵→成型→2次発酵。
(ベンチタイムを飛ばしてしまった・・・)


2次発酵が曲者で、発酵機があれば問題ないのですが、
我が家にはそんなものはありません。

温度が35度前後、湿度を70%前後に保たなければいけないということで、
考え出した苦肉の策がこちら。


DSC05408.jpg

コンロの上に、お湯をはったボール、そして天板とパン。
下からお湯の熱を伝え、発酵させようという考えです。

しかし、ボールの大きさが異なっていたため、バランスが悪いということで
別の方法に変更。

DSC05410.jpg

ボールを鍋に変えてみました。
こうすることで安定感がアップ!

上の紙コップは、ラップが生地につかないようにおいています。



まあそんな悪戦苦闘をしつつ、最後はオーブンで180度で15分ちょっと!





完成!


DSC05412.jpg



成型の下手さ加減が出てしまっていますが、
昨日の1.5倍は膨らみました!

中もふわふわ~

これぞパン!って感じです。



私はお菓子やパンを作るとき、


レシピを無視する


という根本的な間違いをよくおかしがちだったのですが、
やっと最近まともに作れるようになってきた気がします。



基本のパン作りになれたら、今度はあんぱんを作って見たいな~


2011.01.23 Sun l 家ごはん l コメント (2) トラックバック (0) l top
Sakuraです。

す~かりブログの更新が滞っております。


最近は、Toruくんはキッチンで毎日働き、
ワークビザの申請なんかもしたりして、
まぁ色々とやっております(アバウト)。


本日も、Toruくんは夕方からお仕事ということで
パンでも作って見ました。



チャイニーズマーケットで購入した酒粕を使用。

なんでもこの酒粕を、中華料理ではエビチリとかの味付けにも
使ったりするらしいです。

これがあれば、ニュージーランドでも干物だって甘酒だって作れちゃいます。


DSC05406.jpg


もちろん、ドライイーストも使います。


なんでも、酒粕を入れるとほんのり甘くてふわふわになるそうで・・・






コネコネして、できあがったのがこちら。





IMG_9452.jpg





一応焼きあがりましたが、パンの表面が固い・・・


こね不足か、発酵中にパンの表面を乾燥させてしまったことが
原因かと思われます。



味は美味しかったけど(負け惜しみ)。




懲りずに、また次回もチャレンジしよう。
2011.01.22 Sat l 家ごはん l コメント (2) トラックバック (0) l top