上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Toruです。

最近すっかり更新をさぼっていました。

いろんなことが重なったり、なかなか前向きにブログを書く気になれない日があったり・・・
そんなこんなで気づけば随分ご無沙汰ですw


早いものでもうすぐ半年になろうとしてますが、
いまだキッチンハンドと皿洗いの日々。

目標は明確でもそこに至るまでの道はよくわからない。
チャンスは転がってるようで掴みきれない。
どうしたもんかなぁとあがく日々です。

こちらはやはり日本以上の「経験」と「学歴」の社会。
なので、経験も学歴もまだない学生にはかなり厳しい欧米文化です。


正直、皿洗いばっかりしてるのも嫌だなぁと思い、
手にしたカフェの場を辞めようと決意しては、
仕事を探して諦める・・・を繰り返してました。

まぁ、お金の問題もやっぱりありますしね。


でも、目の前に環境はあったことに今日ふと気付きました。

ということで、3週間、木・金の2回タダ働きしてきます。
シェフ見習いとして色々と教えてもらう予定です。
上手く行けば、週末はシェフとして仕事をすることになります。

どこで?っていうと、今いるカフェです。


以下、そんなことがあった一日の記録です。


実は昨日から学校がスクールホリデーになっていて3週間の時間があります。
その間に仕事を探そうと思っていて、その前に気の小さい自分としては
オーナーに仕事を辞めるよと言おうと思ってました。

昨日は2回も訪ねたにもかかわらず不在。
今日朝行った時も不在・・・


でも、その時に個人的にすごいなぁと思っているやくざなチベット人のシェフが外で
タバコを吸ってるのが見えて、平日は意外と暇なんだ・・・とふと思ったわけです。
(実際のところは平日もそれなりに忙しいのが実情ですが、なぜかそう思った)

だったら、キッチンに行って立ってれば学べるんじゃないかなぁと。
(今にして思えば、そこの論理的繋がりは全く不明ですが・・・)

お金をもらえなくても自分の時間を使って経験を手に入れて、
まぁ、お昼御飯も食べられるし、時間を使うだけで損はないよなぁと
ふと思い立ったわけです。

実際午前中は暇な日もあるんです。


でも、まだ自信がない自分がいて、家で最近暇をしているRejinaに聞いてみたわけです。
「どれくらいの時間キッチンで学べばシェフとして働ける?」と。


彼女は結局答えませんでしたが、自分が仕事探しをしているのをいいことに、
付いてこいということで、急きょそれに付き合うことに。

ということで自分のCV(履歴書)を印刷し、レッツゴーです。



職探しは営業と同じです。
自分の履歴書を持って、飛び込み訪問。
仕事をしてるので、マネージャーかヘッドシェフと話がしたいということを伝え、
大概の場合履歴書を置いてくる形です。

その後、連絡を待つか、連絡をするかという選択肢になります。


自分自身が、カフェではなくレストランで働きたいという思いがあったので、
履歴書を渡したのは4件。

「3週間スクールホリデーだから、タダでもいいから働かせてほしい。」という話をしたところ、
2件は意外に好反応だったわけです。


その好反応が自信になったということと、いきなり誰も知らない環境に行くより、
ある程度人となりも知ってる人達の間で勉強するほうが気楽だなぁと思ったので、
その後今自分が働いているカフェに直行。

幸い、オーナーがいたので直談判。
経験がほしいから、3週間シェフとしてトレーニングを受けたい!ということを伝えました。


彼らは今ちょうど新店舗のオープンに向けて4人のシェフをトレーニングしてます。
(思えばトレーニーの彼らを見て自分と変わらないのになぁと思っていたのも事実)

それに便乗する形で、合間を縫いつつ、
トレーニングというかシェフのポジションに立てることになりました。
木曜と金曜。
自分の好きな時間に来て好きな時間に帰ればいいよとのこと。


3週間後、シェフとして使えるようであれば新しいディッシュウォッシャーを探して、
君をシェフとして使うよという口約束付で。


日本食レストランの調理師として生きていくのか、
西洋社会の中で、西洋料理の料理人として生きていくのか。

その結論はまだまだ出ていませんが、まずは経験と可能性を開くという意味で、
一歩前進かなぁ。


個人的には好反応だったうちの1件。
ペーパームーンで働けるならそちらでもチャレンジしてみたいと思うばかり。
(覚えてます?随分前の記事ですが、ペーパームーンを紹介したブログはこちら。)


ということで、今日はちょっと気持ちを切り替えた一日でした。
「灯台下暗し」です。



どうなりますかねぇ。
スポンサーサイト
2010.06.29 Tue l 気ままな暮らし l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


今日、髪を切ってきました。


物ごころついたときから(?)
髪は肩よりも上に短く切ったことはなく。


ただ、長年ストレートパーマだのパーマをかけ、
髪も傷んでいるし、なによりも長い髪を乾かすのがめんどくさい!

ということで、このたびバッサリ切ってきました。


長さはショート?ボブ?みたいな感じ。


ついでにカラーも入れてみました。


人生初対面の茶髪の自分です。
(といっても、そんなに明るくない茶色なので、あまり目立ちませんが)



美容院は日本人の方に切ってもらいましたので、
とくに面白いネタはありません。



写真は本日の夕ご飯。



IMG_8259.jpg




手羽先の肉じゃが。


料理はもっぱらToruくんが担当ですが、
最近土日は私が作ることもあります。

甘かったりしょっぱかったり、塩味が足りなかったり・・・・ですが。


今日の肉じゃがは若干甘めながら、Toruくんの
評価は高得点。


ただし、ネギと豆腐と油揚げの味噌汁の方が美味しかったそうです。



肉じゃが、作るのにけっこう手間かかったのになぁ。



2010.06.26 Sat l 家ごはん l コメント (4) トラックバック (0) l top
Sakuraです。

週に3回は走ろうときめたマラソン宣言。


今朝は走る日だったのですが、6時45分の目覚ましで起きたら
(正確には私は布団の中で、Toruくんが窓の外を見たら)
外は無情にも雨・・・

しばらく天気の良い日が続いたのですが、
残念ながら雨が降ってしまいました。




次の予定は・・・明日の朝か、日曜日の夜ですね。


がんばるぞー




2010.06.25 Fri l 気ままな暮らし l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。
赤入れ by Toruです。

やっとこさで弾丸ツアー②



どこまで話したんだっけ??


あ、エイベルタスマン国立公園に行くところですね。

ネルソンから、エイベルタスマン国立公園の入り口までは、

車で小1時間程です。
およそ1時間半です。

ちなみに、このエイベルタスマン国立公園は、
とっても広いので、スタート地点からフェリーでトレッキングの
ポイントまでいき、次のポイントまで歩いて、帰りのフェリーに拾ってもらう・・・
という方法がメジャーです。

海と山の両方が楽しめちゃう贅沢な場所なわけです。

ちなみに、最初から最後まであるくと、片道4日ぐらいかかるとか。
なので、国立公園の中には、山小屋が沢山あるそうです。


弾丸ツアーですので、当然フェリーの手配は現地です。


その前に、通り道であるモトゥエカという街に立ち寄ります。
ここは、Toruくんが2000年にワーホリできた時に
好きで滞在していた田舎町だったのですが、今では沢山のお店ができていました。


そのうちの1件で、お昼ご飯を購入。


☆IMG_7914


ケバブ屋さんです。
ラージサイズのケバブが9.5ドル。
30センチぐらいの長さで、野菜とお肉がぎっしり入ってました♪

☆IMG_7916
わかりずらいけど、すごく長いケバブ


うまいうまいとかぶりつきながら、エイベルタスマン国立公園を目指します。


☆IMG_7900
道中の風景

☆IMG_7905
遠浅の海岸線が広がっています



着いたのが、なんとかという街のインフォメーションセンター。
「なんとか」って・・”Kaiteriteri”です。
ここで聞くと、運良く12時半に出発のフェリーがあるということで、
それを待つことにします。


☆IMG_7926


☆IMG_7924


ちなみに、値段は二人で60ドルくらいだったかな??
ええ、一人62ドルでしたね。


静かな海が広がっています。


☆IMG_7921


カヌーをする観光客もいました。



しばらく待っていると、フェリーを引いたトラックが。

てっきりバスでフェリーの発着所に行くものだと思っていたのですが、
そうではなく、フェリーに直接のりこんで、そのフェリーをトラックが
引いて行く・・・という形だそうです。

× トラック
○ トラクター
日本語の方が使用頻度が高いはずなのに・・・


一応、救命胴衣もつけました。

☆IMG_7937
乗り込んだフェリーの中から撮影。先頭は、フェリーをトラックトラクターでひく運転手さん


薄曇りなのが残念ですが、海は綺麗です。
そして結構寒い。

☆IMG_7930


☆IMG_7940



観光スポットである、スピリットアップルと呼ばれる
石のところに寄ってくれました。
spiritじゃなくて、split(スプリット)ですね。
怪しい宗教みたいになってまうやないか。。。



☆IMG_7946



ぱっかりと割れた石。
かもめが沢山いました。



こちらはキウィ石と呼ばれる石。
よーく見ると、ニュージーランドの鳥であるキウィが見えます。
ちなみにニュージーランドの「国鳥」です。


☆IMG_7972




目的のビーチに到着。
ここからトレッキングがスタートです。


☆IMG_7975
こちらはのってきたフェリー




海は静かで、なんだか瀬戸内海みたいなフンイキでした(いったことないけど)
波が内海みたいな静かさで、岩の感じが似てましたねぇ。

☆IMG_7968



☆IMG_7990





浜辺に、かしこい犬がいました。
木の棒をくわえてきて、なげてとせがむ。
なげると、ちゃんととってもどってくる。


☆IMG_7993


☆IMG_7996



何回か遊びに付き合いましたが、飽きて先に進むと、
今度は他の観光客にせがんでいました。




さて、まちうけるトレッキングはこんな感じの世界。


☆IMG_7997


帰りのフェリーが迎えに来てくれる隣のビーチまで歩きます。

距離はおよそ7.5km。

フェリーが迎えに来る時間まで、約2時間15分。

それを逃すと、私たちは町まで帰れません。


はたして、間に合うのか!?




疲れたので次回に続く。


次はもうちょっと情報は正確にね・・


2010.06.23 Wed l 旅人生活 l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


10月のオークランドマラソンまで、残り4ヶ月となりました。


今回は、私は初のフルマラソンチャレンジ、
Toruくんは私に付き合っての参加です。


私は過去最長距離は20kmぐらい。

大会でも16kmしか走ったことはありません。



そして、最近は時間があるにも関わらず、

ランニングをさぼりだらだら・・・



このままでは、フルマラソンどころか、ハーフも走りきれない!
ということで、今日は朝から軽くランニングしてきました♪


30分も走っていないですが、
まずは体ならしということで。


1ヶ月最低でも60kmは走らないと、フルマラソンを走れないと
言われているので、まずは週3回のランニングを目指します。


大会の目標は、サブファイブです!(5時間切り、という意味)
5時間も走るの~と思うかもしれませんが、
42.195キロを5時間で走りきるには、1キロ6分半ぐらいを保って
走り続けないと行けないのです。


私にとっては結構大変な目標ですが・・・

モデルなのに、ガンガンマラソン走っている
長谷川理恵さんとか凄いですよね。


まずはともあれ、宣言してみました


がんばるぞー

2010.06.23 Wed l ランニング l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。