上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Sakuraです。

ニュージーランドは秋!ってことで、
大家のレジーナが大量に柿をもらってきました。


せっかくなので、なますを作る。


IMG_7806_1.jpg


てっぺんにはイクラを添えて♪


疲れているときにも良いです。
美味しく作るポイントは、柿と大根を切った後、塩を振って
きっちり水切りをすること。

私はいつもこの水切りが甘いので、肝心のお酢と
砂糖を混ぜたあとも水が出てきてしまいます・・・


昨日のご飯のメインは、シマアジの雑炊。

見た目は悪いですが・・・


IMG_7810_1.jpg


かつおだしたっぷりの出汁に、イクラの醤油漬けを
作った時のタレを入れて、シマアジの味噌漬けを放り込んでくつくつ。


上等な「ねこまんま」のお味がしました。



海外にいると、日本料理って薄味だよね、と思います。
育った環境によって、好みの味はあるので、どれが一番かは人それぞれですが、
やっぱりこういうご飯が食べたくなりますな。




スポンサーサイト
2010.05.30 Sun l 家ごはん l コメント (2) トラックバック (0) l top
そんな暮らしにあこがれますが、
実際には海までの距離はもうちょっと遠いです。


Sakuraです。


今日は良いお天気。
もったいないので、ひとりで近くのBrowns Bayまでランニングしてきました。
(Toruくんはカフェでバイト中)


家をでたところ。
ぴかーんと秋晴れ。
意外と寒いので、日焼け対策と防寒対策をして出発。


DSC04171.jpg

DSC04172.jpg



家から5分くらい走ると、海が見えてきます。



DSC04174.jpg



高級住宅が広がる先には、Langitoto Iland。
オークランドから日帰りでいける島ですが、
私たちはまだ行ったことがありません。


てくてく15分か20分くらい走ります。
行きは、坂道が続くのでけっこうらくちん。

途中で、ランニングしている人ともすれ違います。
坂道を自転車で登るつわものもいました。


DSC04177.jpg




Browns Bayに到着。
夏よりは、人が少なめ。


DSC04179.jpg



でも、アイス屋さんは変わらずオープン。


DSC04180.jpg




海が気持ちいい。
子供が凧あげしていました。


DSC04181.jpg


DSC04182.jpg



犬を散歩する人も多し。

DSC04185.jpg



写真とってたら、おじちゃんに「君の写真を撮ってあげようか?」って話しかけれました。
(多分、そう言っていたと思う。)



海を堪能した後は、坂道をテクテク登りながら帰宅。
帰り道は、ランニングではなく完全にウォーキングです。


雨がぱらぱらと降り出したおかげで、虹が見れました♪


DSC04192.jpg




2010.05.29 Sat l ランニング l コメント (2) トラックバック (0) l top
Toruです。

現在、女性4人、男1人という数字上で見るとハーレムのような暮らしですが、
なかなか気苦労が絶えません。。。。
もっとも、オーナー、オーナーの娘二人(韓国から来NZ)、そして嫁なので、
何か面白いことがあるわけではないですがw


さて、先日来より更新しようと思いつつなかなかできなかったことの一つが、
スーパーマーケットのご紹介です。

海外旅行に行くと、お土産物屋さんよりも地元の食材やさん、スーパー、
そして市場巡りが何より楽しい二人にとってどんなものが手に入るのかはとても大切なファクターです。

ということで、まずは一般的なところから。



<Pak'n'Save>
paknsave1.jpg


ps4.jpg

巨大な倉庫のような店内はどでかい棚に所狭しと商品が並べられます。
一見アウトレットかと思うくらいのコストカットにより、どこよりも安く商品を提供しています。
ps2.jpg

ps3.jpg

たとえば、商品の陳列においては箱から出さず切るだけ。
空になった箱は廃棄に回すまでの間、お客さんのかごとして活用される・・・・などなど。

一般的な日用品(シリアルとか、ラップとか、塩、こしょうとか・・)は主にここで買います。
ただ、当たり前ですが完全に西洋社会のため、野菜などは欲しいものがあまりないということも多々あります。


ということで。。。。

<Fruits World>
fruitworld1.jpg

野菜と果物好きの二人にとってはこの店はなかなか面白いです。
こちらは農業国ということもありたくさんの種類の果物や野菜が売られています。

fruitworld2.jpg

特に驚くのは「いも」の種類です。
ジャガイモで4,5種類、サツマイモが3種類位置いてあります。

日本でも粉吹き芋用とか、シチュー用とかあるにはありますが、
もっと細かいレベルで好みが分かれてるような気がします。


そして、その並びにあるのが、

<豆腐shop>
tofu1.jpg

ここは、アジア系の食材がたくさん売られており、中でも秀逸なのは調味料の品ぞろえ。
見たことのない食材、調味料があるわあるわで、1時間位は楽しめます。

tofu2.jpg


nissin.jpg
フレーバーは日本とは違う品ぞろえ。

1品ずつ色々と試していこうと思っている二人です。
ちなみに、日清はここでも世界の日清として売られてます。





それでも、欲しい野菜〈白菜とか)がない場合はどこへ行くかというと、こちらの二件。

<大華 supermarket>
dh4.jpg


名前の通り、中華系のスーパーです。
中国の野菜、食材、そして、日本人からすると訳のわからない、漢方チックな食材などなど
「ここは中国?」と思えるくらいの世界観です。

dh2.jpg

dh3.jpg


先日はキクラゲとシイタケを購入。
合わせて、やはり「麺」の文化があるだけに幅広い品ぞろえで楽しめます。

DH1.jpg

ただ、野菜や果物は<pack'n'save>よりも安いですが品質にやや難ありなところがあり、
注意が必要だったりします。



最近のもっともお気に入りである、もう一軒の八百屋はこちら。

<Ken's Kimuchi Supermarket>
km1.jpg


青汁の原料となるケールが帰るだけでなく、白菜や大根も買えます。
何よりも野菜が新鮮で綺麗なことが嬉しい限り。

km2.jpg

その他、本格的な辛いキムチや、違いがわからないほど多様なチリが売られてます。
さすがはコリアンマーケット。



コリアン続きですが、更にもう一軒のお気に入りは、


tb.jpg

こちらは韓国人経営の肉屋さん。
どういうルートで肉が入ってくるのかはよく分かりませんが、
スーパーやKiwi経営の肉屋とは一線を画す肉が売られています。

その鮮度は日本でもなかなか手に入らないのでは?と思えるくらい。
先日のユッケはこちらで調達したもの。

また、豚肉などはさすがは韓国人というだけあって美味しいです。


多分しばらくはここを使うことになるのではと思われます。





魚に関しては、オークランドでは日本で言う「市場」のほか、何件か鮮魚を変えるところがあります。
Kiwi経営もあれば、中華系のところもありなかなか悪くないですが、
正直なところ、魚に関しては日本の方が美味しいかなぁと思っています。

fishmarket.jpg
fishmarketでみた、正体不明の魚。70センチくらい。。。ちなみに、手前が鯛。


とはいえ、オークランドはあまり産地とは言えないわけで、日本における「東京」と同じで
物流の結果として物が豊富になってるわけです。


多分南島の方へ行けばその鮮度は随分と違うのだろうと勝手に期待してますw




まぁ、こんな感じでまたそのうち「なんだこれは・・・?」的なものがあればご紹介します。





ではではまた。
2010.05.27 Thu l 気ままな暮らし l コメント (2) トラックバック (0) l top
Sakuraです。



今日のご飯は3色丼。



サーモンの親子にウニがジョイントしました。
Sakuraさん的には大興奮です。



sansyokudon100519.jpg



ちなみに、NZではウニはあまり食べられていません。
マオリと日本人ぐらいでしょうか?



NZのウニはこちら。


kina100519.jpg



マオリ語では、Kina(キナ)といいます。
日本で言う、バフンウニだそうです。


こちらが、1キロ8ドル(約500円)
3つ買って、ちょうど8ドルでした!


それをイクラの自家製醤油漬けと、サーモンと一緒に頂きます。


ちなみにイクラは1キロ30ドル(約1800円)、サーモンは1キロ32ドル(約2000円)。
今日買い物したのは、イクラは1キロ、サーモンは6ドル(およそ450グラム)でした。

イクラは、大きいタッパー2つ醤油漬けができました。


三色丼の原価は、1杯約12ドル(約800円)

お家で食べる幸せの味でしたが、


イクラを思いのほか盛りすぎて、全部食べきれませんでした…


コレステロールの取り過ぎには気をつけましょう。
2010.05.19 Wed l 家ごはん l コメント (6) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


昨日からカウンセラーのお仕事が始まりました。
10:00-18:00で働いています。

そして、3月まで英語を勉強していた、Community Educationの
ターム2が始まったので、Toruくんと一緒に、eveningクラスの
Pronunciationコースに行ってきました!

Pronunciationコースは、英語の発音方法を学ぶクラス。
毎週月曜日、19時~21時で、全6回、$100(約6500円)とお得なお値段。

人数は6人と少人数。
(実は開校初日は、人数が足りなかったので、「6人以上になったらやるよ」といわれていました)


しかも、初日はひとり欠席で5人という超小規模クラス。
クラス構成は、韓国人2人、タイ人1人、日本人2人。
Community Educationは場所によっては大人数になるようですが、
私たちの通うLangitoto Collegeは大体10人以下の英語クラスが多い気がします。


先生は、キウイのマギーというおばちゃん(おばあちゃん?)。

昨日の初回は、「ɜː」と「ɔː」でした。


「ɜː」は、girlとかworkとか。

「ɔː」は、ballとかwalkとか。

同じ発音記号の単語が並んだプリントを渡されて、
先生に続いて読んで、テープを聞いてどの単語かを選んだり、
文章の中から該当する発音記号の単語を拾ったりなどなど…


Toruくん的には、簡単だったそうです。
しかし、いつも「work」と「walk」が伝わらない私としては、勉強になりました。
「heard」とかもね。難しいのです。


全体的なレベルとしては、発音の勉強をほとんどしたことがない人で、
英語が初中級~中級に人には向いているのではないかと思います。



面白かったのは、イギリス英語とアメリカ英語の違い。
先生が発音して、どっちかを当てる問題をやりました。

アメリカ英語のほうが「r」の発音が強かったりとか、
「a」の音に近かったりとか。


日本で勉強していたToruくんには、イギリス英語の流れが強い
NZで学ぶ英語にはちょっと違和感があるそうです。

日本で勉強した記憶があまりないSakuraさんとしては、
違和感はなにもないものの、違いがわかりません




先生に、「R」と「L」の発音の違いを教えてくれ、と質問したら、
これは難しいから、ちゃんとできるようになるまでには数年かかるわ、
と言われました。うーん。



NZにいると、いろんな第一言語の人たちの「英語」を耳にします。

韓国人は「P」と「F」の発音がまざったりするし、(foodが「プード」に聞こえる)
フランス人は「H」の発音がないし(Helloが「アロー」に聞こえる)
インド人は、なんっつーかインド語だし、
タイ人の英語は、「サワディーカッツ」というタイ語の響きがどことなくあるし、
イタリア人の「ラザニア」はやっぱりイタリア語だし、などなど。


第一言語の発音の影響を受けるのは当然で、
それを乗り越えて、綺麗な英語の発音に近づきたいな、と思うのでした。


なんにせよ、発音の勉強は早いうちにするに越したことはないですよね。
日本も、小学校から英語云々の前に、幼稚園から発音だけ勉強させれば
いいのではないかと、個人的には思うのですがどうでしょうか。


あ、そうそう、Community Educationでは、「ワイン」とか「タイ料理」とか
「ヨガ」とか、趣味のコースも開催されています。
なかなかバラエティに富んでいて面白いです。
全部で100種ぐらいあるのでは?

次のタームは、「ベリーダンス」に挑戦してみたいSakuraさんでした。


2010.05.18 Tue l NZあれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。