上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Sakuraです。

夜の10時に、お部屋にトカゲがでました
ちょろちょろとベッドの下にもぐったので、Toruくんが必死に
ペンライトで探したものの見つからず

トカゲなんて見たの、田舎のおばーちゃんちに行って以来です。
NZってそんなとこ。


さて、先週食べたご飯たち。
最近は週4でバイトに入るので、おうちでご飯を作るときは比較的豪華


鶏肉のベーコン巻
ベーコン巻
なんとも肉食系

ベーコン巻2
切るとこんな感じ。

スーパーのチラシに載っていたレシピをもとに、Toruくんが挑戦した
本格的(?)洋食です。

鶏ムネ肉に、刻んだニンニク、ねぎ、セージ、コリアンダーをのせ、
軽く塩コショウしたあとに、ベーコンでくるくる。

200℃のオーブンにぶちこんで40分。

お味は?

ベーコンの塩分が聞いていて、けっこうなお酒のつまみ。
赤ワインでも白ワインでも進みそう

ただムネ肉なので、ちょっとお肉がぱさぱさしたかな?
次回はモモ肉で挑戦です。



米なすの肉詰めオーブン焼き&サルサとアボカドディップ
nasu.jpg

NZではでっかい米なすがお安く売られています。

こちらは米なすをくりぬき、
切った米なすとひき肉を軽く炒めたものを詰めてオーブンで焼きました。

若干味が薄かったので醤油をちょっと足して。

ひき肉からでた肉汁を、米なすが吸っていいお味です。


脇には自家製サルサとアボカドディップ。
先日、日本人のお友達の家でご馳走になったサルサとアボカドディップが
美味しかったので、Toruくんに頼んでつくってもらいました。

チーズ味のコーンチップスをつけて頂きました。
やめられないとまらない、太りそうな一品


朝ごはんのお気に入り
ソーセージ
でっかいソーセージ

orange juce
果肉入りオレンジジュース

こちらは、スーパーでいろんな味のソーセージが売られています。
どれも、日本のソーセージの3倍ぐらいの大きさ。

これをじっくり20分ぐらい焼いて食べるのがお気に入り。
写真は、ビーフのイタリアン味。
バジル味を想像していたのですが、意外とスパイシーでした。


果肉入りオレンジジュースは、2リットル$6ほど。
100%ジュースなので、てっきりNZ産かと思っていたら、
裏にばっちり「Made in NZ from imported juces」と書いてありました。
アメリカかどっかから輸入してきたオレンジジュースを、瓶詰めしただけなのね



あと、全然関係ないけど、NZのビンの蓋は、
栓抜きでなくて手で開けられることを発見!!


drink.jpg
普通だったら栓抜きが必要なお酒の瓶

drink2.jpg
ジャムの瓶みたいに、ひねれば開けられるようになっている。再度蓋もできます。


これってNZだからかしら?
私が知らなかっただけで、日本のビール瓶もおんなじように手であけられるのかなぁ?


そんなちょっとした違いを発見しつつ、楽しい食生活をおくっております。




スポンサーサイト
2010.02.28 Sun l 家ごはん l コメント (2) トラックバック (0) l top
Toruです。

常に夢見がちな性格なのでついつい日々の歩みの遅さに
焦りを感じてしまう今日この頃です。


昨日は、学校の授業の一環ということでオークランドミュージアムへと社会見学。
家族、友人を連れてきても可ということでSakuraさんも一緒に参加。
(ちなみに、カメラを忘れてしまったので、写真がありません…サイトをご覧くださいませ)

職場での安全についての授業ということで、火山の噴火による危険性を学び、
キッチンで出くわす虫たちということで、ゴキブリを見学。

ゴキブリは水槽のようなケースでうじゃうじゃと飼われてました。。。。。。。。。
思いだすだけで気持ち悪い・・・


火山の噴火に関する危険性の説明は、授業の一環として必須なようです。
たくさんの遠足と思しき生徒さんたちも来ていました。

というのも、ニュージーランドは2000万年前から火山の噴火を繰り返しながら、
国土が形成されてきた火山国で、現在でもいくつかの山は噴火を繰り返しているだけに、
その危険性はリアルなものと言えます。

ちなみに、有名な観光地のRotoruaも火山地帯でカルデラ湖が街の中心にあります。


さて、そんなややアンニュイな雰囲気の社会見学も博物館の虫コーナーが
終わったところで解散!
ちなみに、授業としての見学は1時間足らずで終了。いいのかこれで!?


後は、自由行動とのことでもう少しマオリの文化についてのコーナーや、
戦争についての展示などを見学。
ちなみに、日本のゼロ戦の中古が一台だけNZ軍に買われた歴史があり、
ゼロ戦も展示されていました。



結構大きな博物館で、12時前から見学を初めて二人が見終えたのは2時前。
バイトは5時半からだ!ということで、chainese take awayで五目チャーハンを買い求め、
近くのMt.Edenというこれまた古い火山の一つで現在は小高い丘になっているところへ
せっかくだからとドライブです。


とっても眺めのいいところで、個人的にはお気に入りの場所の一つです。


頂上で買ってきた五目チャーハンをぱくぱく食べ、眺めを堪能し、
さて、次はCityでお買い物でもしますか・・・と思って車を動かそうと思ったところで、
トラブル発生!!
エンジンがかかりません。

スターターはまわるものの、エンジンに火がつかない。

実は一昨日の夜も同じ現象が発生しており、朝からAA(日本でいうJAF)を呼び、
応急処置をしてもらっていました。

燃料タンクからエンジンに送り込む、燃料ポンプの不調だとのことで、
AAの人は車の下にもぐってハンマーでガンガン叩いて、ショックで動くんだよ~と
笑ってましたが、どうやらそれは非常事態の対応だった模様。


「修理すべき?」って聞いた時に、「まぁ大丈夫!」って言ってたのに・・・と心の中で思いながら、
再びAAに助けを求める。
75分以内には行きますとのこと。


Mt.Edenの頂上で、たくさんの観光客の往来をみながらただひたすら待つ二人。
待つこと10分、意外に早くAA車到着。

エンジン始動にチャレンジ。
チャレンジ2分。

「これは動かないね。牽引車を呼ぶから待っててね。」
とあっさり退散。


おぉぉぃ・・・と思いながらも、「わかりました・・」と
言うしかない二人。


更に待つこと、45分。
牽引車到着!

いやー、長かった。。。。


牽引車というよりは、荷台に車を乗せるタイプで山の下り坂を利用して、
あっという間にLegacyはトラックの上に。



ということで、1年半ほど前まで千葉に住んでたという日本大好きな、
陽気なカシミール人の運転手と状況には似つかわしくないほど陽気な会話をしながら、
車屋さんまで人生初の牽引車の助手席に乗るという壮大な社会見学ツアーとなりました。


その後、車屋さんで代車のボルボ1991年製を再び借り、
社会見学を終えてバイトへと向かった二人でした。


社会見学の教訓:無理に動かず、修理できる時に修理すべし。
2010.02.24 Wed l 気ままな暮らし l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


2月20日、ウェディングフォトツアーをしてきました!
ニュージーランドに来てから、心待ちにしていたイベントです


フォトツアー前日は、まれにみる強風で、
「大丈夫かな~」と心配していたのですが、
目が覚めて窓をあけてみると無事に晴れ
写真をとる14時ごろには、雲ひとつない晴天になっていました


フォトツアーの場所は、Northheadという海とオークランドの街が一望できる丘と、
cheltenhambeachという近くのビーチの2か所。

強烈な日差しのなか、がんばってきました。

ブログにはあんまり載せられませんが、少し写真をご紹介。


back.jpg


ドレスはずっと着たかったマーメードタイプのドレス。
髪はダウンスタイルにして、生花をつけました。
ベールはマリアベール。

撮影場所が丘とビーチだけあって、風が強いのが心配でしたが、
ヘアースタイルはあまり問題なかったです。

むしろ、ベールが引っ張られて大変でした


northhead.jpg
丘からの眺めはこんな感じ。

オークランドのシンボルともいえるスカイタワーを背景に、
いかにも結婚式、みたいな写真も撮りました。

ここはフォトツアーのメッカらしく、この日も他に2組のウェディングカップルが。
こちらはブライズメイドが一般的で、ぞろぞろひきつれて写真撮っていました。

kaigann3.jpg
ビーチの二人


ちなみに、ここのビーチはとっても遠浅で、かつこの日は夏真っ盛りという天気。
バックで、たくさんの人が海を歩いていました。


beach2.jpg
ヘアメイク直す後ろで歩く子供たち


ウェディングブーケとブートニア、ヘッドドレスは
ニュージーランドでお友達になったKeitteyさんの力作

ニュージーランドのブーケは大雑把で大ぶりなブーケが一般的ですが、
今お花の学校に通われているKeitteyさんは、さすがというべきか、
私の曖昧なイメージを、繊細にかつ素敵に形にしてくださいました。

感謝です


buke.jpg
ブーケ。カサブランカ、トルコキキョウ、リンドウ、スプレーローズを使用。

ohana2.jpg
ヘッドドレス。このほかに、ティアラにつけるお花も作ってくださいました。

ohana3.jpg
ブートニア。


こちらは記念に撮った一枚。
前の会社の先輩から結婚記念に頂いたハンカチです。
私とToruくんのイニシャルと、結婚記念日が刺繍されています。

hankati.jpg
刺繍がブルーなので、サムシングブルーということで。


撮影時間は3時間ぐらい。
あっという間でした。

日差しがじりじり強い中で暑かったのもありますが、
なにより、まぶしいのをこらえて笑うのが大変でした(笑)




昨年11月にえいっと結婚してから、早3ヶ月。
あんまり「新婚~」みたいな雰囲気はない二人ですが、
できあがった写真をみて、「記念にとって良かったなぁ」と思いました。


ニュージーランドに来てからは、色々大変なこともありますが、
「ふたりだからこそできること」を実感しながら過ごしています。


まだ3カ月なんで、この先も山あり谷ありだと思いますが、
二人で仲良く生きていこうと思います。


kaigann2.jpg
こんな感じで。



2010.02.22 Mon l 気ままな暮らし l コメント (4) トラックバック (0) l top
Toruです。

学校が始まって3週間。
いまだ、包丁を握る気配もなく、日々カスタマーサービスや職場の安全に関する勉強をしています。
最近は英語だけではなく、韓国語を学ぶ日々です。


さて、そんな中、昨日はMairangi Bayというところにある、
PaperMoonというレストランに行ってきました。

ここは、先日脱出してきた隣の棟に住んでいるDenというジャイアンのような
ナイスガイがシェフの一人として働いているお店。
彼が「Northshoreでは、2番目に美味い店だ」と言い切った店でもあります。
ちなみに、イタリアンに分類されるらしい。
一番美味しい店がどこかは不明。。


ということで、

wine200210.jpg
まずは二人で乾杯のスパークリングワイン

本当はシャンパンにしようと思ったんですが、シャンパンはボトルでしか販売しておらず、
ウエイターさんにグラスはないの?と聞いたところ、

「こっちのスパークリングワインだったらグラスがあるよ。
 シャンパンとの違いは、シャンパーニュ地方のスパークリングワインじゃないって言うだけさ。」
と陽気にお勧めしてくれました。
(後にこの彼は日本語が話せることが判明!)

ということで、NZのCloudy Bayという世界にNZのSauvignon Blancを知らしめた
ワインの産地で作られたスパークリングワインにしました。

残念ながらお酒の弱い僕は3口でノックアウト。
いや、この日は朝から何も食べてなかったし、疲れていたからに違いない・・・

残りはSakuraさんによって消費されました。
ちなみに、彼女はその後、赤ワイン、およびデザートワイン代りにベイリーズの
ホットチョコレートカクテルを飲んでおりました。


Artichoke200210.jpg
Alcachofas Rellenos [Stuffed Artichoke]

生まれて初めてのアーティチョーク(朝鮮アザミのつぼみ)にチャレンジです。
やや酸味のきいたアーティチョークにオリーブの実とバルサミコドレッシングがよく合います。

日本のイタリアンレストランでも食べたことがないので比較対象はないですが、
なかなかに前菜としてはいい感じで食が進みます。


chips200210.jpg
Skinny Chips & Aioli

続いての一品は、Skinny Chips。

僕は、Aioli(マヨネーズのようなソース)をRavioli(パスタの一種)と勘違いしており、
SakuraさんはなぜかCalamari(イカの一種)と勘違いしていたため、二人とも一瞬「ポテトだけ???」。

まぁ、よくわからないけど食べてみようと食べてみると・・・
「うまい!!」

いわゆるチップス(フライドポテト)にはない、なんだか美味しい味がする。
そして、なんとなく懐かしい味わい。

それは、日本の「コンソメパンチ」と同じ、
そして、ファーストキッチンでコンソメ味のフレーバーを追加したときと
同じ味わい。

何とも高級なジャンクフードですw



pizza200210.jpg
Seafood Pizza

続いて、いよいよメインへと向かいます。
随分前に、Denが賄いのピザを持って帰ってきたときのピザが美味しかったことを覚えていた二人は、
しっかりとピザを注文。

マッスル(ムール貝)、エビ、ホタテ、イカ、鯛がのったシーフードピザ。
上に乗っているレモンを絞っていただきます。


これがまた、絶品。
トマトソースとチーズ、それにレモンの酸味のバランスが絶妙で抜群でした。
具も新鮮な上に、いい火の通り方です。

日本ではあんまり高いお店に行かない二人は、このレベルのピザを食べることがないので
ひとしきり感動。

あっという間になくなりました。


lamb200210.jpg
Organic Lamb Shoulder Confit

そして、もう一品。
やはり、ニュージーランドと言えばラムです。

写真手前がボケてますが、ラムのコンフィ。
真中にバターソテーのホウレンソウとオーブンで軽く火を入れたトマト。
奥がうすーくスライスしたジャガイモを積み重ねて焼いたグラタン。


海外の人は、固くて歯ごたえのあるものを好みますが、これはコンフィだったこともあってか
とろけるような柔らかさ。
甘口のバーベキューソースのようなソースもおいしくて、またまた感動。

グラタンにいたっては上にかかっているソースの中身や作り方が
イメージできないにも関わらず、味は美味しい。
スモークチーズが入っており、甘さのある中にもコクがあります。

文化の違い、料理の世界観の違いを感じます。
そして、バイトをしている居酒屋風の日本食レストランとは違う、
料理の世界がありました。


creambrule200210.jpg
White Chocolate and Raspberry Creme Brulee

もっと食べたいというSakuraさんをなだめすかし、最後はデザートです。
(ちなみに、二人で食べるには通常より多い量をすでに食べています)

こちらは、正直いかにも外国の味付けで、僕には甘すぎました。
ただ、バニラアイス一つとってもバニラビーンズがしっかりと入って
バニラの香りがするなどしっかりと作られていました。

アイスの練られ方をみる限り、自家製なのか、仕入れているアイスだとしても
一度アイスメーカーでかき混ぜてあるようで、手が込んでいます。


これだけ食べて、合計は$135。(日本円で1万円くらいかな)
ちなみに、ドリンクでそのうち$60を占めることを考えると、
非常に安く美味しいものが食べられると思いました。

日本で食べるイタリアンのような、繊細で少しずついろんな味をということでは
ないかもしれませんが、圧倒的に世界観の違う料理に出会えたことは、
今後の洋食を学ぶ上でいい勉強になりました。



ちなみに、めったに外食をしない二人がなぜこんなところでご飯を食べたかというと、
昨日は、ウェディングの写真撮影をする日だったんです。

makeup200210.jpg
化粧をするSakuraさん

beach200210.jpg
こんな感じのところで撮影


結婚式を結局あげないまま、結婚指輪もないままの結婚ではありましたが、
写真くらいはちゃんと撮ろうということで、フォトツアーとなりました。

写真は明日の夕方にでもデータで納品されるそうです。

フォトツアーについては、写真が納品されたらSakuraさんが記事をアップすると
思いますのでお楽しみに~~
(上の2枚は自分のカメラで撮った写真です)
2010.02.21 Sun l 外ごはん l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


約1ヵ月半かけて、ようやくお待ちかねのブツが届きました。


nimotu-1.jpg
玄関に山積み…の段ボール。


昨年12月に日本から送った段ボール7箱です。
船便は通常2カ月~半年といわれているので、運が良かったほうでしょう。



3時ごろ語学学校から帰宅した時は玄関の前になにもなかったのに、
30分後には山積みになってました。

宅配の方はなにもいわずに置いて行ったようです。


7箱も部屋にいれるとさすがに部屋が狭くなり、
この荷物たちがなくても今の状態で十分生活できているのに、
いったい自分たちは何をそんなに日本から送ったのだろうかと、ちょっと謎。

今週末は荷物の整理をしようかな、と。


そして本日のディナー。再びマッスル


gohann.jpg


エビも入れて、シーフードパスタにしました(作ったのはToruくん)
パスタは、シェルという貝殻の形をした小さいパスタを使用。
マッスルの味が出たソースとよく混ざって食が進みます


ちなみに、フラットメイトのインド人は、「玉子カレー」を作っていました。
玉ねぎと玉子とトマトを炒めて、チリパウダーとターメリックと
その他香辛料をいれて作る、インドの伝統的かつ手軽な家庭料理だそうです。

その彼は「自分は辛いものは苦手」ということで、
それなら日本人の自分たちも大丈夫だろうと、少し味見をしてみたわけですが、
基準値を上回るスパイシーさでした。


味覚の壁は高いです。



今週は壊れた車がやっと治り、
バイトも2週間目で少しずつなれてきて、
新しいお家になじんできた感じ。


そして、明日はお待ちかねのイベントが
詳細は後日アップします。


ohana.jpg
明日に向けて待機のお花たち


みなさま良い週末を~


2010.02.19 Fri l 気ままな暮らし l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。