上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Sakuraです。

先週、半分仕事、半分レジャーでオークランドに行ってきました。
ちゃんと街を見るのは2年ぶりのオークランド。

たったの2年、なのにオークランドは不動産価格の高騰に支えられてか、
随分とお金が流れ込んでいる「好景気」な都市に見えました。
オークランド、NZ一の都市じゃんって話ですが、2年前に住んでいたころは
都会としてイメージするオークランドは、「ビルもあるし人も多いけど、なんだかぱっとしない世界の片隅の都市」
という印象だったので、そこからなんだかぱっと明るくなった感じ。


そんなオークランドの旅行をつらつらと。


移動手段は、今回は車で。
ネイピア~オークランド、車でいくと約6時間の道のり。
しかもネイピア~タウポまでの道はくねくねとした山道で、なかなか運転が大変。

1才11か月の娘を連れて、1日で6時間の行程をいけるとは到底思えなかったので、
行きの初日の目標はハミルトンまでにして、もしいければオークランドまで行こう!ということで出発しました。


途中、いくつか休憩をはさみ、なんとか娘をだましだまし・・・
ちなみに、1才11か月の娘に長距離移動で有効だったのがこちら。

*オヤツ(果物、クラッカーなど)
*iphoneの子ども用無料アプリ

iphoneのアプリは、事前に検索してよさそうなものをダウンロードしておきました。
普段は、1回15分まで、多くても1日1時間(それでも多い気がするけど)
と一応決めてタブレットについては遊ばせているのですが、このときだけはルール返上。
大人の都合でごめんなさい、という気がするものの、娘はアプリで楽しく遊んでくれました。


Taupoで不思議なジャパレスに入り、あまりおいしいとは言えないご飯を食べ、再び出発。

目指すはHamilton。途中でちょっと休憩し、Hamiltonについたのがたしか3時過ぎ。
これならオークランドまでいけるんじゃない?と思い休憩して出発したのですが、
この判断が後々大変なことに・・・


4時半すぎてオークランド市に入ったのですが、そこで待ってたのは渋滞!
前回バスでオークランドに向かった時も、渋滞にはしてやられたのですが、今回も同じようなことに。
しかも、人口の5万人しかいないネイピアから、150万人以上いるオークランドに来ると
混雑感が半端ない!


オークランドの宿をとっていなかったので、高速を降りて、手ごろなところで探すも見つからず・・
しかたなく、事前に調べていてここならまだいけるかも!と思ったヘリテージホテルに電話。
部屋がやっと予約できたので、よし移動しよう!と車に乗ったのですが、下道も混雑していて、
普通なら15分もすれば着く道のりを1時間かけて移動しました・・


もう二度とオークランドの渋滞する時間帯に車に子連れで乗りたくないわ・・・と思った次第。


ちなみに、ヘリテージホテルはPark and Stayという駐車場代つきのプランを予約しました。
市内は、一晩止めると駐車場代が20ドルから30ドルというホテルも多いので、
これはちょっとお得。

お部屋もベッドルームに+でリビングスペース、広いバスタブとフルキッチンと、
お値段はなかなかするものの、かなり良かったです。
旅行で市内に泊まりたい人でかつ車で来てる人にはかなりおすすめだと思います。

Booking.comを使って予約するより、ホテルに直接連絡したほうが駐車場代つきの
プランが使えるので安かったです。


さて、へとへとの身体で無事にオークランドに着いたということで、
明日からオークランド観光兼お仕事の始まり~

スポンサーサイト
2015.08.12 Wed l 旅人生活 l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。

5月に日本に一時帰国してきました。
既に戻ってきてから1か月経ってますが、旅の思い出をつらつらと。


約一年半ぶりの日本。
娘にとってははじめての日本。
そして、私たちにとっては初めての子連れ長距離移動。


飛行機に関しては、乗換含め計4回のったものの、
大泣きは国内線の1回のみでしたから、まあ娘はおとなしくしてたほうかなと思います。
ただ、ネイピアを出発し、オークランドに前泊、そしてオークランドから13時間かけて日本へいき、
そのまま国内線に乗継という、24時間以上の移動でしたので、私たちはぐったり。

両親、祖父母に娘を見せる、という大きな目的があったため遂行できましたが、
できることなら乳児連れの長距離移動は二度とやりたくない、と思うくらい疲れました。


そして久々の日本。
ふたりの時なら、JRパスを使い日本全国津々浦々気ままに旅行、
といきたいところですが、今回は8か月の乳児連れのため、ほぼ実家でのんびり。

実家のまわりにあちこち連れて行ってもらい、
日本のお店の安さときれいさに感動。
西松屋の安さにびっくり。
外食はあまりできなかったので、自宅飯に舌鼓を打っておりました。
とくに、ネイピアでは貴重な納豆が毎朝食べられることが私としては小さな感動。

ラーメンは今回よく食べました。


2014-05-03.jpg

餃子。ラブ。

2014-05-03 (2)

2014-05-03 (3)

神坐のラーメン。日本に帰国したら必ず食べます。



2014-05-04.jpg

2014-05-04 (2)


お店の名前忘れましたが、豚骨醤油スープがおいしかった!


2014-05-11.jpg

こちらも別のお店。豚バラチャーシューはNZでもうけそう。



他にも、スーパーに行っては品揃えの「ザ日本」感に感動して写真をとり、
東京の駅の人混みで「ザ日本」感に感動して写真をとり、
アルコールフリーのビールに感動し、
遠くには出かけなかったものの、日本を楽しんできたかなあと思います。


といっても、Toruくんは半分ぐらい新しいビジネスのお仕事で飛び回っていましたが・・


4年前に日本を離れたときは、
「海外で暮らしたい!(主にToruくんの想い)」と
「日本の生活にちょっと疲れたな(主に多分私の想い)」というのがあったのですが、
離れてこうして一時帰国で日本の空気を吸ってみると、
随所に20数年自分が暮らしてきた「空気」のようなものがあり、
細かいところでいえば、家々が立ち並ぶ通りの狭さに「懐かしさ」を感じるわけです。

日本滞在中、抱っこで胸の中で抱かれていた娘は、
私たちと同じ「懐かしさ」を感じることはおそらくなく、
NZの青い空と強い日差し、広々と生い茂る芝生の風景を故郷と思うのかなあと想像すると、
これから成長していく娘はこのNZでどんな経験をしていくのかなあと、
興味深々面白さ半分、未知への不安少々・・だったりします。


私なんかは英語もあんまり上達しないまま、日本を出て4年、
日本で生活していればおそらく感じないであろう苦労もしちゃったりしながら
のんびり生活しているわけですが、
こうして日本とNZを行き来してみると、「ホーム」が二つあるのも悪くないな、と思ったりします。

娘はバイリンガルで育つという環境なりの悩みももしかしたらこの先感じたりするのかもですけど、
肌の色も目の色も混じり合うNZにどっぷり、たまに日本の生活も楽しみつつ、
「ホーム」を二つといわず好きな国にもって、その人生を楽しんでくれたらいいなあ、なんて。


2014-05-05.jpg

日本にいたころはまだ腹ばいの娘。
いまはすたすたハイハイして、がしがし伝い歩きをしています。


一時帰国の記憶も薄れてきた頃に、旅行を思い出しながらつらつら綴ってみました。




ああ、また日本のラーメン食べたいなあ。


2014.06.28 Sat l 旅人生活 l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。



3月のNapier旅行の続き。





就職活動もかねて回ったワイナリー。

Hawkes Bay地方の老舗ワイナリーMission。NZ全国で幅広く売られている人気ワイン。


DSC09092.jpg


建物がアンティークで素敵です。


レストランも、野外スペースがあってとっても良い雰囲気。



DSC09093.jpg


私の頼んだエビパスタ。

なぜかピリ辛味。


DSC09094.jpg


Toruくんの頼んだビーフ・・・だったかな。




お料理の味はまあ・・・まあ・・・観光地レストランって感じ。



DSC0<br />9095.jpg


眺めはとっても良くて雰囲気のある場所です。








こちらはToruくんが就職を決めたElephant Hill。
エントランスになぜかタイ風の象の銅像。


DSC09089.jpg


あー天国みたい、とおもって眺めていた景色。
ブドウ畑の先に広がる青い空と青い海、レストランの建物の白さがまぶしいです。

DSC09087.jpg






立ち寄ったチョコレート工房。
宿で読んだ10年前の地球の歩き方に掲載されており、いまだ営業中。


DSC09105.jpg



看板メニューのチョコレートドリンク(?)


DSC09107.jpg


ホットチョコレートはやっていないらしく、生クリームのしたガナッシュチョコレートでした。甘すぎて一つのデミタスカップを二人がかりでも平らげられず断念。ホットチョコレートがよかったなあ。





こちらは単純に行きたかったレストラン。

TEN TWENTY FOUR。
http://www.tentwentyfour.org/


Haystingsの町外れにあるレストラン。
いろんな有名レストランのヘッドシェフを歴任したシェフが最後に自分で開いたレストラン。
品質の良いものを低価格で・・・というコンセプトがちょっと入ってます。

ちょっとワイナリー風の素敵な建物です。

http://tweet2eat.co.nz/2011/12/ten-twenty-four-country-dining-for-east-coast-excellence/

平日ランチに予約していきましたが満席でした。
予約していったほうがいいみたいです。



IMG_3095.jpg


フォカッチャ。
のっているオリーブと付け合わせのバターが美味。



DSC09109.jpg



私が頼んだ前菜。ポークテリーヌ。
おいしい、けどピンクのソースがちょっと不思議な味。青臭い感じ。



IMG_3101.jpg


Toruくんの前菜。いわしのフリッター。
こちらはホクホクしておいしい!!





DSC09110.jpg


私のメイン。カレイ。
とってもおいしかったのですが、前菜とソースがかぶった・・・


IMG_3107.jpg



Toruくんのメイン。ベニスン(鹿)
同じく前菜とメインでソースかぶってました。



ここはメインとサイドっていう頼み方がいいのかな、なんて思ったり。





こうして振り返ってみると、3泊4日の間にいろんなところにいったなあ。
やっぱり夏のNapierは素晴らしいです。
引っ越してきてからは冬ということもあり、外食は全然してません。


子供が生まれたらしばらくは外食できないし、生まれる前にもう一度ぐらいのんびり二人でいけたらいいなあ。





2013.06.25 Tue l 旅人生活 l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。



3月にToruくんの就職活動と引越しの下見もかねてやってきた3泊4日のNapier旅行。
写真をまったくアップしていなかったのでいくつか。



まだ夏の気配が十分残るよい天気のNapier。


DSC09059.jpg


オークランドから国内線で1時間。
小さいプロペラ飛行機でやってきます。




DSC09060.jpg


Hawkes Bay地方の有名なワインがお出迎え。
ちなみに、Napier空港は超小さいです。




街に向かって、初日のお昼ご飯の場所。


Mister D
http://www.misterd.co.nz/



約1年前にオープンしたレストランですが、Hawkes Bayの有名ワイナリーのレストランのヘッドシェフとマネージャーが開いたお店。開店1年にして、すでにHawkes Bay地方ナンバー1との呼び声も高いレストラン。


お店は明るくて広々としたカフェ・レストランという雰囲気。
ブレックファーストからディナーまでオープンしてます。


カフェにしてはちょっとお高めの価格設定。
でも丁寧に作られている料理です。



DSC09062.jpg


私が頼んだポークベリーとポレンタ。
リンゴの風味が隠れていておいしかった!



DSC09063.jpg

Toruくんの頼んだラビオリ。
中身はなんだったか忘れてしまいましたが、こちらもおいしかったです。










続いて、日曜日のお昼にHaystingsで開かれているサンデーマーケット。



DSC09074.jpg



だたっぴろい広場に、たくさんのお店が輪を描くようにぐるり。
木漏れ日がとっても気持ち良いです。




DSC09068.jpg

新鮮なブドウ。


DSC09070.jpg


手作りミューズリー。500gのを買って、宿で翌日の朝ごはんにしました。


DSC09080.jpg

色とりどりのトマト。



そのほかにもりんご、ネクタリン、なしといった果物、野菜、ワイン、ジャムなど売られていて楽しいマーケットでした。また夏場になったら行きたいなー。





おまけ。


DSC09100.jpg


物件見学に行ったときに、隙間からこちらをのぞいていたわんこ。



オークランドに住んでいる身としては、のんびりしてきれいな町だなあというのがNapierの印象でした。


続く。



2013.06.24 Mon l 旅人生活 l コメント (0) トラックバック (0) l top
toruです。

火曜日に無事にAKLへ帰ってきました。

今回はリアルタイムでアップデートできるかもとか言いながら、
結局何も更新せず・・・。


実はチャレンジはしたんですが、文章をたらたら書くのが大変でした。
というわけで、書きかけで終わってしまった記事を編集して、アップして今日はお休みなさいですw



今回の宿はnapierのYHAでした。
なんと海の目の前。
という事で、旅行に行くと早起きになるので撮ってみました、sunrise。

一階の窓から見える夜明け前。
hkbm


日が昇るとこうなります。
1362854660709.jpg


駐車場をはさんだ向こう側はもうビーチ。
残念ながら、僕はそこに座ってぼんやりすることはできませんでしたが、
Sakuraさんはそこでちゃっかり楽しんだようです。


ちなみに、Napierの町はアールデコ調という1930年代の建築方式で建てられた
建造物が多くあることで有名な町。

hkb


町並みはこんな感じです。

今一つわかりにくいですが・・・w



町は坂道がほとんどなく、フラットで高い建造物も少ないため空が広い。
少し走れば、ばーーーーんと広がる景色が気持ちいい町でした。


旅行記はまた頑張ります。


ではでは。
2013.03.15 Fri l 旅人生活 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。