上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Sakuraです。


Toruくんのお仕事は土日出勤、代わりに平日休み。
私は専業主婦ということで、土日はぜんぜん「休日」という感じがしません。

金曜の仕事終わりに、「やった!週末だ!」って味わえるのは
働いている人の特権だなあと思ったり。


そんな天気の良い土曜日。


甘いものが食べたーい&なんか作りたーい、という
お菓子心がムラムラしてきたので冷蔵庫を物色。



あいにく卵がない。牛乳もない。
でも豆乳はある。バターもある。チョコチップまである。
薄力粉やベーキングパウダーは調理棚に常備。



ということで、卵なしでもできるお菓子ってなんだろう・・と
調べてたどり着いたのがスコーン。


スコーンなら、前に一度Toruくんが学校で習ったレシピを
教えてもらってるし、ブログにレシピも残してあるので
なんとかなるかなーとチャレンジ。



前回作ったレシピはこちら


今回は卵なしということで、「卵+牛乳」の分量を豆乳に変えて。



スコーンのポイントは小麦粉のグルテンの生成を防ぐため
練らないこと!!粉とバターを混ぜる段階で、バターをつぶしながら
手のひらをすり合わせて粉とバターを混ぜていきます。


マフィンとかパウンドケーキだとバターに空気を含ませるのに力が要りますが、
スコーンはポロポロと材料を混ぜるだけなので楽ちん。


粉が全体的に黄色くなりバターの塊が見えなくなったら
チョコチップと豆乳を入れ、スパチュラで切るように一塊に。


30分冷蔵庫で寝かせた後、生地を手でちょっと伸ばしながら
2回ほど折り畳み、型抜きしてオーブンへ。



前回作った時は型がなかったのですが、今回は5cmの丸型を使用。
180度で15分ほど。





DSC09325.jpg


完成♪



DSC09324.jpg


なかなかきれいに膨らんでくれたと思います。



スコーンの生地自体は甘さ控えめなので、甘い
チョコチップと相性ばっちり。


ボウル一つで作れるし、さすがイギリスの伝統的な家庭料理。
おいしく簡単で満足なおやつになりました。




スポンサーサイト
2013.07.27 Sat l レシピ l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


本日はぐっと冷え込んだNapier。
朝からヒョウがちらちら。風も強いし、家がぎしぎしいっています。



寒い日は蒸し器を活躍させよう、ということで最近作った蒸しパンいろいろ。



ココア蒸しパンとクリームチーズ蒸しパン。


DSC09288.jpg



蒸しパンの基本の配合は、下記の通り。


プレーン蒸しパン(4~5個分)

薄力粉 100g
水 100ml
ベーキングパウダー 小さじ1
砂糖 50g
塩 ひとつまみ


ココア蒸しパン

上記に、ココアを大匙1追加。


クリームチーズ蒸しパン

上記に、クリームチーズ80gを柔らかく練って追加。


粉ものは合わせてふるい、水・砂糖・塩を混ぜたボールに粉を入れてまぜまぜ。
型にいれて、蒸し器で15分~20分蒸せばOK。


手間もかからないし簡単おやつで気に入ってます。



DSC09289.jpg


クリームチーズ蒸しパンは、しっとりしてコンビニで売っている蒸しパンのような感じ。
とってもおいしいです。


基本の配合はちょっとあっさりしたものなので、
もう少ししっとりさせて位場合は水を半量にして卵を1個加えたり、
水を牛乳に変えても良いみたい。




DSC09290.jpg


こちらは、水半量にして、卵を1個加えたかぼちゃ蒸しパン。
かぼちゃは、約60gをレンジでチンして柔らかくしたものを最後にまぜたのみ。
砂糖は30gに変更。



DSC09295.jpg



かぼちゃがあんまり甘くなかったので、甘さ控えめの蒸しパンになりました。
カスタードクリーム挟んだらぴったりな感じの生地。



卵が入っていると、生地がわれないのがなんだか不思議。



蒸しパンなら、子供が生まれて離乳食的な感じでも食べさせられるかな??と思い、
今のうちにいろいろ実験中です。





2013.06.21 Fri l レシピ l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。



オークランドと比べると圧倒的にアジア人が少ないNapier。
当然、オークランドにたくさんあった中華料理や韓国料理のお店もこちらではまばらです。



冬の寒い気候が続くある日、肉まんが食べたい!!と思い立つも、こちらで売っているのは
小さいアジアンスーパーでのいつから冷凍庫に入っているかわからないような冷凍の肉まんのみ。


それだとちょっとなあ。。。ってことで、手作り肉まんにチャレンジ、したのが先週の出来事。



第一回目は、一次発酵で生地がうまく膨らまず、まったく火の通っていない肉まんの出来上がり。
あとで具だけ取り出してスープにしました。。


翌日懲りずに2回目チャレンジ。一次発酵の温度が低かったのかな?時間が足りなかった?と思いつつ、レシピでは20分~30分、一次発酵と書いてあるところを1時間に変更。鍋にお湯をはりそのうえにボールを置いて待つこと一時間。下のお湯の温度が高すぎたのか、表面の生地が渇いて残念な結果に。(そしてその生地は使い物にならず)



その日はこれでは気が済まない!!という気分だったので、イーストを使わずベーキングパウダーのみで仕上げる生地にチャレンジ。


一次発酵もしないので簡単に生地は作れましたが、ベーキングパウダーのみだと歯にくっつく感じの仕上がりがあまり好きではなく、かつ200gの粉に大匙3の砂糖を入れる配合は甘すぎてちょっと・・・ということで、結局出来上がったのは「食べられるけどおいしくないもの」という残念な結果に。



その後手順を検証した結果、なんと家のドライイーストの賞味期限が大幅に過ぎていることが発覚!!
ドライイーストって、ちゃんと賞味期限があってそれを過ぎるとイースト菌が死んで使えなくなるんですね・・



数日後、Toruくんに新しいドライイーストを買ってきてもらい、再度肉まんづくりにチャレンジ。



この時点ですでに4回目のチャレンジ。


失敗作の肉まんを食べているので若干肉まんに飽きがきているものの、「ふんわりの肉まんを作りたい!!」という肉まん心は去ってくれず。


次は薄力粉6;強力粉4ぐらいの配合でドライイースト小さじ1、ベーキングパウダー小さじ1、砂糖は大匙1というレシピをもとに作ってみましたが、水の量が少し少なかったらしく、生地が固い固い・・・


なんとか一次発酵で膨らんでくれたものの、伸ばしたら戻る生地で成形が大変。

はっきりいって、餡がぜんぜん包めない。



8個分の生地を作ったものの、「もうだめだ・・・」と4個成形して力尽きる。
それでもここまで作ったのでもったいないので、2次発酵させて20分蒸す。




すると。



形はまーったく肉まんではないが、ちゃんと膨らんでる!!


生地はおいしい。でも餡が少なすぎて肉まんじゃない。。。


その日は残りの生地を頑張って成形して蒸したものの、2次発酵の時間が足りず、小麦粉に火が通りきらない結果に。



ここまで失敗を繰り返し、学んだことは3つ。


*水分量は多めで柔らかめの生地のほうが、力のない自分には扱いやすい。
*寒いので、一次発酵の時間は常温なら2時間ぐらい。
*2次発酵の時間もしっかり20分くらいとらないと、最後に蒸しても生地が膨らまない。




以上を踏まえ、本日5度目のチャレンジ。
もはや私を動かしているのは肉まんに対する執念なのか
食欲なのか自分でもわからない状況。


生地の配合はこんな感じ。


(コンビニの肉まんより少し小さいサイズ8個分)

*薄力粉100g
*強力粉100g
*ドライイースト(予備発酵不要のもの) 小さじ1と1/2
*ベーキングパウダー 小さじ1
*さとう 大さじ1
*サラダ油 小さじ1
*40度ぐらいのぬるま湯150ccぐらい。



まずはボールにサラダ油以外の粉ものを入れ、ぬるま湯を投入してこねこね。
ぬるま湯の量は粉に対して40~50%ぐらいが目安らしいので、ひとまとまりになってきた際に耳たぶぐらいの柔らかさになるように調整。


DSC09273.jpg



大体まとまったらサラダ油を投入。つやが出るまでこねる。大体20分くらい。




濡れフキンをかけ、ラップをして一次発酵。冬で室温寒いため、2時間ぐらい放置。



DSC09274.jpg



2倍に膨らんでたらOK。生地は若干柔らか目過ぎる感じだけど、打ち粉をしてごまかす。



パンチして、8等分に切り分け、丸めて20分ほどベンチタイム。
(ほんとは10分ぐらいでよかったのかも。若干発酵してきてた)


餡を入れて成形。
生地がちゃんと発酵していると、引っ張っても切れないので餡をぐいぐい入れられます。



DSC09276.jpg


2次発酵。20分ぐらい。
肉まんを包んだ部分のひだが、ふんわりしてくるのが目安・・・らしい。



その後、沸騰したお湯を沸かしたフライパンに蒸し器をのっけて20分ほど蒸す。



どんなに途中で開けたくなっても開けちゃダメ。
開けてふんわり膨らんでれば天国。蒸す前と変化がなければいままでの苦労が水の泡・・・ということで、ドキドキしながらオープン!




DSC09278.jpg



おお!ふんわりしている!

これは今までの失敗作とは明らかに違うでき。



DSC09279.jpg



アツアツをいただきまーす。



皮がふわふわ!肉汁じゅわーでおいしい!


残念なのは餡の味付けを適当にしたので、若干薄味なところ。
でも生地の仕上がりは大変満足。



ちなみにからしがなかったので、ホットドック用のマスタードをつけて食べてみたところ、ホットドックの味になりました。肉まんにはやっぱり和がらしなのね。



もうちょっと食べ応えをだすなら、水を少し少なめにしたほうがいいかなあという感じだし、餡の配合ももう少し好みに近づけるよう研究したいところ。


いつの日か551の豚まんのような肉まんを家で食べられる日を夢見て肉まん考は続く。






2013.06.14 Fri l レシピ l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


ニュージーランドではハーブ類やスパイスの種類が
日本よりも多く、お手軽に買えるような気がしています。

Toruくんはスパイス大好き。
そんな訳で、我が家にはスパイスいっぱい。


その大量にあるスパイスを使って、オリジナルスパイスを
Toruくんが作ってくれました。
それでマリネしたのがこちらのチキン。




IMG_0524.jpg



スパイスが食欲をそそり、これは完全にビールだね!という感じで、
とにかく何が入ってるか私にはわからないけどおいしい!


うまいうまい!と食べていたら、


ぼそっとToruくんが衝撃の一言。





「でも、もう二度と作れないかもしれない」





「?なんで?」













「スパイス、何入れたかあんまよく覚えてない










!!!Σ((゚□゚*)ナンデスト?









味をみながら色々調合してくから、きっちりレシピを記憶してないそうで・・・


でも、言われてみるとこういうことがよくあるんです。





「前に良く作ってくれた坦々麺おいしかった!」



と言えば、



「作り方わすれちゃったなぁ・・・」



とか。




「前に作ってくれた、なんか温かい具だくさんのドレッシングがかかったサラダまた食べたい!」



と言えば、




「そんなん作ったっけ?」




とか。




あんなに食べてる最中にレシピを熱弁してたのにー





なので、今回はその場で覚えている限りのレシピをメモしてもらいました。



【レシピメモ】


チキン
(若鳥を1匹開いたもの。背骨、アバラ骨なし) 約600g

クミンパウダー 大さじ2杯
コリアンダーパウダー 大さじ3杯
ターメリック 大さじ2杯
パプリカ 大さじ2杯
ガーリック 4クローブ
フェンネル 小さじ1杯
ファージャオ 大さじ1杯
スターアニス(八角) 3かけ
クローブ 3本
チリMix 大さじ1 1/2杯
塩10g
砂糖10g







そんなわけで、無事にレシピが保存されたので、

別の日に豚肉にも挑戦。







IMG_0537.jpg




鶏肉よりは豚肉のほうが合うかな?お好みですが。










そして、一昨日は日本 VS トンガ!ということでテレビのない私は
このスパイシーチキンとビールを持参して、お友達のucoさんちに遊びにいきました。




7時半からキックオフだと思っていたら、
テレビ中継は10時からだったり、
ピザを注文するのにドミノピザのホームページが死ぬ程わかりずらかったり、
色々とありましたが美味しいご飯とビールを楽しみ、10時からラグビー観戦。




勝てるかも!とみんなが期待していたトンガを相手に、
日本は残念ながら負けてしまいましたが・・・




にわかラグビーファンになりましたので、
27日はCityにあるラグビーワールドカップのイベントセンターで、
巨大スクリーンの前で日本 vs カナダを観戦する予定です。






2011.09.22 Thu l レシピ l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


先週の寒さが過ぎ去り、
日差しだけはすっかり夏っぽいオークランド。


いや、夏の日差しはもっと凄いんですけどね!
日本の夏の日差しに、涼しい秋ぐらいの陽気、みたいな感じです。

オークランドの短い春です!


しかし、そうは言っても夜は寒いので、
Mulled Wineなんか作ってみたりしました!

Mulled Wineは、いわゆるホットワイン。
ワインにスパイスと果物を入れて暖めた美味しい飲み物です。


ドイツとかイギリスではこのMulled Wineが冬の定番で、
ニュージーランドでもスキー場にMulled Wineを入れた水筒を持って行って、
飲みながら滑る人がいるとかいないとか。

スパイスはスーパーで調合したものが売っているらしいのですが、
中身は、クローブ、シナモン、オレンジピールということで
全部家にあるのでとくに買わずに、レシピも適当に挑戦です。


まず用意するのは赤ワイン。


Mulled Wineのワインは、安くても美味しくなる、もとい
安いワインのほうがぶどうの甘みが強くて合う、と言われています。

日本のワインは特に甘めだから、とっても合うと思います。


どのワインを使えばいいかはよく分からないので、
安いオーストラリアのワインを購入。$7.99(600円くらい)。
ブドウの品種はカベルネソーヴィニオン&メルロー。



001_20110826203952.jpg


スパイスと果物を入れて暖める、という簡単な手順ですので、
まずは鍋に果物を切っていれます。


Mulled Wineの定番は、オレンジ1個とレモン1個、らしいのですが、
今日は家にあったリンゴ半分、オレンジひとかけ、キウイ1個、プラム1個を投入。


002_20110826203951.jpg



追加でお砂糖大さじ1ぐらい、はちみつ小さじ1、シナモン、クローブ3つを追加。


003_20110826203951.jpg



弱火で暖めます。


アルコールや香りが飛ばないように沸騰させてはいけないのですが、
私は少しアルコール飛ばしたぐらいが好きかも。


20分くらい暖めて完成。


マイルドな甘さと深みが加わって美味しいです♪

しかし、もうちょっと果物の甘さとスパイスが欲しいかも・・・
次回はオレンジとベリーを入れて、シナモンを多めにして挑戦してみたい。



美味しいけど、さすがにワイン1本分は飲めないのが残念。
とりあえず果物を取り除き、再び瓶に戻して冷蔵庫へ。
どれくらい日持ちするのかは分かりませんが・・・



と、作って一杯だけ飲んだのが昨日。

残りマグカップ2杯分は、今日ごくごくと飲んでしまいました

寒い冬に、手軽に美味しく暖まるのにおススメです。




2011.08.26 Fri l レシピ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。