上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Sakuraです。


もうすぐ8月も終わり。
なんと、今週末で娘が1歳!!

8月に入り、もうすぐ1歳だなあと思っていた矢先、
初めて一歩を踏み出したのが8月2日。

偶然?トテトテ三歩歩いたのが8月6日。

そこから一歩二歩歩いたり、よろけたりしながら約3週間。
いまではハイハイの状態から立ち上がり、よろよろ歩いたり、
走りだしそうになったり、「歩くぞー!!」という意欲満々の娘の
姿を楽しんでいます(でも、数歩ですぐに顔からこけたりするから目が離せない)


そんな平和な日々を過ごしていたところ、先週水曜日、
朝起きたら左の親知らずの周りの歯茎が腫れていました。

今までも腫れることはあったのですが、今回は別格。
顎、頬の部分まで腫れて痛い。
痛みで顎も開けずらい。


これはやばいかも・・・・


と思い、インターネットで調べてみると
親知らずの周りの歯茎は、歯磨きのしずらさから細菌が繁殖して
腫れることはよくあるそう。とくに、疲れやストレスがたまっていると
そうなるそうで...

娘が生まれてから約1年、3時間以上起こされずに寝られた夜は
一日もないわけで、「疲れ」が原因ならああ、そうなのね、と納得。


かすかな望みをかけて、7時就寝の娘と一緒に早めにベッドに
入ってみたりしましたが、翌朝になっても腫れはひかず。

ネットでしらべると、「放っておくと、細菌感染がのど、胸まで広がり
心臓に到達すると死亡」「首から下に感染が広がった場合の致死率20%」
という怖い情報が続々でてくるので、腫れが引くのをまっている場合ではない、と
歯医者に予約の電話を入れました。


永住者は公立病院の医療費が無料で有名なNZですが、
歯医者は別。保険のカバーも虫歯治療などにはきかず、
高額で有名です。

親知らずの抜歯は健康保険でカバーされるのですが、
私たちのプランは$1000までは免責で自己負担のため
数百ドル(数万円)の出費はやむなしだな...としょんぼり。

さらにしょんぼりなことに、予約の電話を入れたのが木曜日の午後。
金曜日は予約でいっぱいで土日休み。
予約OKなのは月曜日の夕方とのこと。

仕方ないのでそれで予約をとったのですが、
翌朝起きてみるとさらに痛くなっている。
このまま4日も待つなんて地獄・・・と思い、一縷の望みをかけて
抜歯ではなく、薬をもらうだけでもいいから今日いけないか?
と電話を再度かけてみたのもの、やっぱり予約は入れられないとのこと...

とりあえず家にある痛み止めを飲んで、
そうはいっても家事と娘のお世話があるので買い物に出かけたところ
歯医者から折り返しの電話があり、急きょキャンセルがでたので
午後3時に受けられるよ、とのことで行く行く!と返事をして行ってきました。


平日金曜日、Toruくんは仕事でいないので
娘はバギーで連れていくしかありません。
まあ平気だろう・・・と思い連れて行ったところ、なんとかなりました。

処置室が歯医者さん一人に患者一人、という広い個室なので
バギーはそのまま私の見える場所に置けたこと。

スタッフのお姉さんがぬいぐるみを持ってきて娘をあやしてくれたこと。

私の親知らずが、幸運にも1分もかからずスポッと抜けたこと。

何より、処置を受けている30分の間娘が泣かなかったこと!!


というラッキーが重なり、子連れ歯医者デビューは無事に終了。


親知らずの抜歯は、レントゲン込み$340でした。
本当は$400でしたが、あまりにもあっけなく抜けたので
値引きしてもらえました。

初日の夜は痛んだものの、翌日はあまり腫れることもなく
いまは口を大きくあけると顎が痛みますがまあ順調に回復しています。
親知らずを抜歯したところは縫ったので、抜糸には後日行く予定。


まだ右の下あごに横になったまま生えてない親知らずがあるのですが、
そこは以前、抜くなら全身麻酔でスペシャリスト(口腔外科みたいなもの?)の
ところで抜かないとだめだよ、といわれました・・
できれば一生抜きたくないです。抜かないとだめかなあ・・・





スポンサーサイト
2014.08.26 Tue l NZあれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。

最近ブログから遠ざかっております。
屋台はじめてからやたら眠くて・・・
やはり、最後に勝つのは体力ですなあと思うアラサーなふたりです。


さて、放置していたこの話の続き。


NZでソフトコンタクトレンズを手に入れるぞ!
という話で、書いていた自分もほとんど忘れていたのですが、
ブログ検索で「NZ コンタクトレンズ」と検索してきた人がいたので
ちゃんと簡潔させようと思います。


そもそも、NZでも国内通販でソフトコンタクトレンズの販売をしているので、
日本で使っていて、度数とかその辺の細かい数値をわかっているのであれば
ネットでぽちと、日本で使っていたのと同じコンタクトレンズを買うことができます。

私はハードコンタクトからの変更だったのでまずは自分にあう
ソフトコンタクトレンズを探す必要があるということで、
検眼医のいるお店に言った訳です。


目のチェックで$60、1回目のトライアル用レンズで$40、
2回目のトライアル用レンズは$0ということで、合計かかったのが$100。

この2回目のトライアル用レンズを手に入れたのが前回。
それもちょっと度が強いなあということで、結局もう1度レンズを変えてもらい、
合計で3種類のレンズをためしました。


ここまできて、ようやく「このレンズいいかも!」というものに遭遇。

そして、本来ならお店に最終チェックに行って、そこでコンタクトレンズを買うべきですが、
ふと



ネットで買ったほうが安いんじゃ・・・



と思い立ちました。



検索してみると、あるある。

やっぱり安い。


このサイトのが安かった。

http://www.lensesonline.co.nz/Index.aspx


よし!購入!と思いぽち、とする前にふと違和感。
ソフトコンタクトレンズレンズはベースカーブとか近視度数とか
入力する項目があるのですが、私がトライアル用にもらったものと
比べてみると、パソコンの画面に表示されているのは項目が少ない。

手元のレンズに表示されているのは

BC、P、CYL、AX


パソコンの画面に表示されているものは

Base Curve(BC) とPower(P)の2種類のみ。



CYLとAXってなんぞや???と調べてみると、


CYL:乱視度数(円柱)

AX:乱視軸(角度)



乱視!!!


よくよく手元のレンズを見てみると、Astigmatismって書いてある。

Astigmatismってもしかして、と確認のため調べてみると



Astigmatism = 乱視



そうでした、乱視用のレンズ使っているんでした・・・
再度検索してみると、乱視のレンズは通常レンズの1.5倍。
うう・・・と一瞬思いましたがしょうがないし、結局
下記のサイトで購入しました。


http://www.quicklens.co.nz/

NZの日本人コミュニティで宣伝しているサイトです。
普通のレンズは他のサイトのが安かったのですが、
私のほしいメーカーのレンズはこのサイトが一番安かった。



購入したし、これで週末にはコンタクトレンズが届くかなー
と思っていたら、翌日販売会社からメールが。


英語なので一瞬迷惑メールかと思いましたが、

よく見ると「あなたの注文した商品は在庫切れなので、
フィリピンの倉庫に商品が届いたら発送するよ。
ちょっと待ってね!最大で4週間ぐらいかかることもあるよ!」

と、さらっと書かれていました。


まさかの購入してからお知らせされる在庫切れ。
うーん、これは日本だったらないわなーと思いつつ、
支払いもすでに引き落とされているし、なにより英語で
キャンセルのやりとりするのがめんどくさかったので、おとなしく待っていました。
そしたらば2週間ぐらいで無事に商品到着。


とりあえず、30個セットを両目1箱ずつで約$100。
箱に日本語書かれています。日本で売られているものと一緒。

日本のサイトのほうが販売価格はちょっと安いかなあという感じなのですが、
日本のサイトで購入すると、郵送料がとても高いので、
NZサイトで買っても一緒かなあという感じです。


そんなわけで、無事にソフトコンタクトレンズを手に入れることができました。

めでたしめでたし。

2012.05.10 Thu l NZあれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


コンタクトレンズを手に入れようというこの話の続き。


コロマンデルの旅行前に、トライアル用のコンタクトレンズをとりに行きました。
2種類を紹介されて、「こっちのがよく見える」とおすすめされたのを5セットもらう。


そして、レジで$40お会計。


え?


私、前回$60払ってるんですけど?


ってことは、合計で$100。



この日、会計前に質問して私の場合は乱視が入っているので
無料のトライアルコンタクトはあげられない、というのがわかったのですが、
だったら前回払った$60はなに???


なんだかちょっともやもやしつつ、放置。



その日、帰って来たToruくんに聞いてみたところ、
Toruくんは同じお店で乱視なしトライアルコンタクトレンズを
目の検査もレンズも全部無料で手に入れたそう。


んー。次回行った時に$60について聞いてみよーと思いつつ、
週末にコロマンデル旅行に出発しました。



そしたらば、旅行で残りの3セット分のコンタクトレンズを紛失。


「次回の目のチェックの日は、コンタクトをつけてきてね」


と言われていたのにも関わらず。。。


しょうがないので、旅行から帰って来たあと、
のこのことコンタクトやさんに出かけて行き
「最後のセットなくしましたー」と説明。


「じゃあ、トライアルコンタクトレンズもう1回手配するから、もう一度とりに来て」


と言われたので、


「前回$40払ったけど、またお金かかる?」


「いいえ、タダよ」


という話に落ち着いたので、またトライアルコンタクトレンズを注文。


2回目はタダならば、1回目の$40はなんだったんだーとちょっと思いつつ
翌日トライアルコンタクトレンズをとりに行きました。


そしたらば


渡されたものが前回と違うメーカー。
前回紹介された2種類のうち、選ばなかったメーカーでした。


無料だから・・・?



まあ、前回のレンズはちょっと度が強すぎたので、
逆に違うのを試せていいのかも。



次は1週間後に最終チェックに行く予定です。


いままでのところかかったお金

目の検査 $60
トライアルコンタクトレンズ5セット $40
トライアルコンタクトレンズ5セット $0

合計$100



なんか激しく遠回りしている気がします。
まだ適切なコンタクトレンズはゲットできておりません。




2012.03.02 Fri l NZあれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


ソフトコンタクトレンズをNZで手に入れましょう、という話の続き。
(その1はこちら

予約していたOptometrist(検眼士)のいるお店にいってきました。



Specsavers


こういうお店って日本語ではメガネ屋っていうんですかね。
メガネも勿論おいているんですが、コンタクト目的で行くので
「メガネ屋」というにはなんだか違和感。



さて、行ってみるとお店は盛況。
オークランドの一番の目抜き通りにあるので、昼でも予約でいっぱい、といった感じです。


目の検査に際して、「英語大丈夫かな・・・どきどき」と
思っていたのですが、だいたいやることは日本の眼科と一緒なので
あまり問題ありませんでした。


一番の難関は、住所登録の時に「H」の発音が通じず、どうしても「8」と認識されてしまうことだったと・・・



気球が見える検査をして、眼圧検査をして、
視力チェックして、目の検査して終了。




さて、ここでひとつ問題が。


このお店は、コンタクトレンズを作る際無料のコンサルテーションと
トライアルというのが売りなのですが、
ソフトコンタクトで1day(使い捨て)のを購入したいとき、コンサルテーション&トライアルは有料になるという。



目の検査をしてくれた人から聞いた金額は$40。

$40・・・うーん。高いな・・・でも1dayがいいしな~
とおもい、最終的に1dayにすることに。


ところが検査が終了してレジで支払いをすませたら$60でした。

私の聞き間違い?何か聞き逃した?



まあ、普通に眼科で見てもらえば有料なのだし、
しょうがないといえばしょうがないけど。


「無料」という心構えでいったので、お金を使ったことで
なんだか少ししょぼん(´・ω・`)、とした気持ちになったのでした。



肝心のトライアル用コンタクトレンズは、お店が工場にオーダーする
ということで、2、3日待ち・・・


そんなわけで、まだメガネ生活です。











2012.02.21 Tue l NZあれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


突然ですが、私、ハードコンタクトレンズ愛用者です。
高校から使っているので、かれこれ12年とか。


NZに来てからも使っていましたが、
最近どうにも装着時に目がごろごろ。

どうやら、1日中パソコンを見ている環境で、
ドライアイになってしまったっぽい。


ここ数ヶ月は平日はメガネ。
最後のあがきで、「NZの洗浄液がダメなんだ!」と
日本で使っていた洗浄液を試したものの、状況は改善されず。


どうやらほんとに私はドライアイになってしまったらしい。


ちなみに、NZで使っていたハード用の保存液と洗浄液は
ボシュロムという会社のもの。
NZではハードコンタクトの使用者は少ないのか、この会社の製品しかみたことがないです。

Bausch&LombかBostonという名前で販売されている。
保存液と洗浄液は別々。
海外で販売されているボシュロム製品についてはくわしくはこちらをどうぞ



ハードコンタクトしながら仕事していると、せいぜい3時間ぐらいが限度。
それ以上は充血&頭が痛くなってくる。
目薬もほぼ効果なし。


どーしようかなー。
これからはメガネ女子かしら。
だったらメガネ新しいの買おうかしら。

と、色々思っていたのだけど、
いま使っているハードコンタクトはすでに購入して2年以上たっているもので、
若干汚れもある。

技術開発も進み、ドライアイでも気をつければ使える
酸素透過率の良いソフトコンタクトレンズもある、というような
情報を耳にしたので、ほんとにほんとの最後のあがきとして、
ソフトコンタクトレンズを作ってみることにした。



さてさてここからが問題で、

何をするにしろ、新しいことを海外でする場合は
まずどうしたらよいのかがわからない。

コンタクトをつくる場合、まずは眼科にいくの?

眼科はどこにあるの?

っていうか、眼科って英語でなに?


という情報収集から始まります。


ソフトコンタクトは処方箋なしで買うという方法もなくはないんだけど、
そこは目のことですし、危険な橋は渡りたくないので
ちゃんとチェックしてから作りたい。


こういう時、インターネットは非常に便利です。
語学力のなさを情報が補ってくれる。
その情報の真偽や価値は体験してみないとわからないことは別にしても、
インターネットが誕生する前に、英語ができずに海外で生活していくって
今の何倍もの苦労があったと思うのです。


で、かちかちインターネットでしらべて、
きちんと検眼をしてくれるお店があるのを発見。


参考したブログはこちら


Specsaversというお店です。
選任のOptometlist(検眼士)が駐在していて、眼鏡やコンタクトを作る前に、検眼をしてくれる。

すでに上記のブログで手順が書いてあるので、お店のホームページとにらめっこする
必要もほとんどなく、便利。


コンタクトのチェックにはまずWebか電話での予約が必要ということだったので、
さっそくホームページから会社の近くにあるお店を予約。



しかし、ここで問題が。



時間を選択するプルダウン。選択肢が「Early Morning]や[ Mid Afternoon]
といった感じで、正確な時間ではない。
Webからの問い合せをうけて、店側がアポイントを調整するシステムになっている。


問い合わせには電話番号とメールアドレスを記入する欄があるので、
これは電話が折り返しでかかってくるパターンだなー。
英語でちゃんとやりとりできるかなー。

と、思いながら予約。10分後ぐらいに早速携帯に電話がかかって来ました。



「Specsaversのスタッフだけど、Webからの予約ありがとう!なんちゃらかんちゃら・・・」

S:「はい」


「申し訳ないけど、予約してくれた20日はちょっとお店が立て込んでて・・・なんちゃらかんちゃら・・・
午後の時間帯は予約が埋まってて・・・なんちゃらかんちゃら・・・で、20日は空いてないんだ」

S:「21日はどうですか?」


「21日ね!その日は空きがあるよ!なんちゃらかんちゃら・・・2時はどうかな?」

S:「大丈夫です」

「OK!アポイントの前にいくつか確認したいことがあるんだけどいいかな?なんちゃらかんちゃら・・・・生年月日を教えてくれるかな?」

S:「1984年○月●●日です」


「OK!なんちゃらかんちゃら・・・生年月日は問い合わせの時に必要だからね・・・なんちゃらかんちゃら」

S:「はい」

「なんちゃらかんちゃら・・・では21日の2時に。See you then!」

S:「しーゆー」




という感じで無事予約完了。


よくしゃべるスタッフさんでした。
ネイティブではない人間に、長いセンテンスは禁句です。
何言ってるかわからない。要所だけを聞取りすごくそっけなく会話終了。


はたして、私はNZでコンタクトレンズを作れるのか!



続く。






2012.02.17 Fri l NZあれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。