上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Toruです。

あけましておめでとうございます。
今年も家族三人どうぞよろしくお願いします。


結局去年もほとんどブログを書かなかったですね。。。。。
すごーーく忙しかったわけではないんですが、なかなか、書けないもんです。
まぁ、性格的な向き不向きってやつもあるんだろうと最近は思ってます(ってそれじゃあかんのだけどw)


さて、2017年は私たちにとっては、一つの転機の年でした。
ビジネスを売り、家を買い、今後の生き方について考える時間を持った半年。


「一般的な」レールから外れてしまって、すでに8年目に突入して、我々の考え方も随分と変わってきているとは感じてます。
それでも、霞を食べて生きていくわけにはいきません。

正直なところ、半年たって、トレーダーとしてはまだまだ稼げてないので、このままではいけないなという状況ではあります。
少しずつ改善は見られますので、このまま続けては行くつもりですが、一方で日銭を稼ぐ方法も合わせながらやっていく必要があるというところに来ました。

家庭菜園も随分と充実してきたので、正直野菜に関してはスーパーでの買い物は随分と減ってきたのは事実ですし、子供がいなければ、このまま二人でもやっていけそうな感じはありますが、子供の将来を考えた時には我々としては、より安定的な「保険」が欲しいなと思うようになりました。

年を取ったなと思いますが。。。。

そういう意味で2018年の個人的な動きとしては3本建てで動くつもりです。

一つは、「日銭を稼ぐ」というポイントです。
昨年待つくらいから、就職活動を始めました。
昨年末に少し外で働いたんですが、いろいろと上手くいかない部分や、学ぶことがないという点で、意味を見出せず、トライアル期間でやめました。

ある程度自分のわがままを意識しながら、労働時間、タイプなどを意識して、就職活動を進めています。
明日も面接に行ってきます。

これに関しては、そもそもの応募先が少ないので、いい求人があって、条件がお互いに合えばという感覚ですので、焦ってるわけではありませんが、一つ一つ丁寧にやっていかないとなと思ってます。

2つ目は、「資産を形成する」というポイント。
ようやく、我々も、NZに根を張り始めたわけですがまだ形として先行きが見えるところまでは来てません。
移民として入ってきているため、日本にいた頃よりもはるかに、自分の人生は自分で責任を持たなければという思いが強いのかもしれません。老後の年金なんて、何にもないと思って日々生きてます。

後25年位稼ぐ期間があって、その後下手したら50年位使う期間があるということ、さらにはその25年のうち、15年位は娘を育てるということを考えると、かなり長期的な視点での資産形成を実現しなくてはなという思いがあります。

現状、いくばくかのキャッシュがありますので、これをどのように投資していくかという点がポイントです。

大きくは、二つの選択肢があります。
一つは、「カフェを買う」、もしくは「カフェを始める」という選択肢。
ビジネスを自分たちでやるということに関しては、結構楽しくやってましたし、個人的にも精力を注げる自信があります。
以前のビジネスは、健康上の関係であまり続けられるものではなかったことや、ビジネスとしての構造上の問題があり、環境的にブレイクスルーするのが難しく、実際解決できなかったので、売却したわけです。

身軽になった今、いろいろな条件の中で、現状とあるカフェの交渉に動き出しているところです。
実際にビジネスを買うとなったとしても、現実的にテイクオーバーするまでには動き出しから3か月程度はかかるでしょうから、現時点ではまだ何とも言えませんが、個人的には可能性を感じている案件です。

再度ビジネスを始めるという選択肢が一番しっくりきますし、日銭を稼ぎながら資産を形成できるという点においては、魅力を感じています。
ちなみに、今回は規模的に、家を担保に入れて銀行から借り入れをするといったことも視野に入っていますので、前のビジネス以上にしっかりとした経営が求められるだろうなと感じてます。

資産形成の第二の選択肢は、金融資産の増加です。
これはメインの選択としては、NZ企業の株式ということになります。
以前より少額ながら株式投資は続けてきてますので、方向性としては見えてますし、NZは基本的に小さな国で、経済的には世界的なリセッションが来ない限りにおいては、それほどのリスクがない市場でもあります。

ポイントとしては、リセッションの可能性が2017年の時点であり、2018年に入って依然として確率論的には上がってきているということかと思います。

そういう意味では現時点で貯金の多くを株式市場に振り分ける気はしませんが、リセッションが本当に発生して、その時の状況によっては、貯金の多くを株式市場に向けるという可能性はあると思っています。

大家さんとしての、賃貸物件を買うという可能性もあるんですが、こちらに関しても、現時点ではマーケットが高値圏ですので、利回りが極端に悪く、正直今の時点では考えていません。
また、NZは借り手側の権利が強く、一方支払いが滞るケースも多いので、なかなか大家としてはいい国ではありませんが、物件を保有するという点においては、悪くない国だと考えています。
理由としては、端的に人口が増えていっている国だということがその理由です。
そして、今後も多分に人口が増えていくことが予想される国でもあります。

そういう意味では、一時的な下落はあれど、潜在価値は基本的には上がっていくはずという考えに基づいています。
まぁ、これも株式と同じ、リセッションがあってから考えるということになるでしょうか。



そして、最後に、3つ目の柱として、トレードを続けていくということです。
日本は仮想通貨が随分と騒がれているようで、日々いろいろとあるようですが、NZでは基本的には家を資産として持ち、家を買い替えていくことで、老後の資産形成をするというのが一般的なため、トレーダーとして生きている人はほとんどいませんし、ましてや、投機によってお金を稼ぐなんて言うことはあまり考えられていません。

そういう意味では、資産形成としては、日本よりも先進国だと思いますが、投機という観点では、日本の方が進んでいるという感じです。

僕の技術レベルや、初期投資の額では、生活費を稼ぎつつ、大きく貯金できるというレベルになるには、2,3年はかかるんだなということもよくわかりましたので、「補助的なもの」として今後もやっていきたいと思っています。






この3つが、2018年以降の中期的な観点での注力していくポイントになる予定です。
もう少し細かくブレイクダウンする必要はもちろんあるものの、ざっくりとはこういう感じでしょうかね。


プライベート的な話でいうと、娘が今年5歳になります。
こちらでは5歳の誕生日が来ると、小学校に通い始めることができます。
入学期間は誕生日から次の年の始業式までの間です。

つまり、誕生日のその日から通う人もいれば、次の年の2月から通い始めることも可能です。
我が家に関して言うと、8月30日が誕生日なので、9月の頭から通い始める形になるのかなと思ってます。

小学校といっても、低学年の間は今と変わらない雰囲気のようですし、勉強をたくさんするという感じでもありません。
そういう意味ではそれほど変わらないかもしれませんが、やはり気持ち的には小学校入学という節目が今年来るなという思いがあります。


まぁ、それまで幼稚園を楽しんでもらって、学校に入ったら学校に入ったでいろいろとあるんだろうなぁと今は考えています。


後は、家庭菜園をもっともっと充実させていくために、庭に小さな畑を作ろうかなと計画中です。
そのためには今庭にある木も切らないといけないし、いろいろとハードルがあるので、そう簡単にはいかないと思いますが、今年の冬、7月、8月の計画です。

また、完成したらお披露目できるかもしれません。




Sakuraさんはというと、今年は学生になるかもしれないということで動いています。
というのも、新政権に代わって、大学、専門学校などの教育機関の費用が無料になる方向性です。
条件はいくつかあるんですが、一応クリアできているようで、以前より少しずつやっていた経理分野、もう少しいうと会計分野での単位取得に臨もうとしています。


大きな観点からいうと、我々としては2020年位までの3年位が、今後の20-30年を形作る土台の期間で、ひいてはその期間にどれだけしっかりと育てられるかが、さらにその先の40年、50年を支えるのかなぁというイメージで考えています。


2017年は半年以上、ずいぶんとのんびりさせてもらいましたので、ここから先気合を入れなおして、再度頑張ろうと思う2018年です。


では、そんな3人を今年もどうぞよろしくお願いします。

Toru







スポンサーサイト
2018.01.03 Wed l 気ままな暮らし l コメント (0) トラックバック (0) l top
Toruです。

毎日、経済ニュースと、中央銀行の金融政策とを追いかける引きこもりな日々ですが、
そんな日々の中での楽しみは、家庭菜園。

意外と畑とか好きなんだなぁと改めて思う今日この頃。
いまいち、知識もないけど、それでもいろいろと育ってくれるから面白いですよね。
毎日水を上げて、種を植えなおして、古くなったのを抜いてとちょこちょことやってます。

これが最近のSakuraさんとKannaちゃんのお気に入り。
strawberry

イチゴです。

もう結構食べてしまったので、シーズン半ばという感じではありますが、なかなかに育ってくれています。

そして、僕の個人的なお気に入りはこれ。
thyme

レタスとタイム。
タイムは冬に植えたので、冬に育つタイム、通常のタイム、そしてレモンタイムと3種類植わってます。


そして、珍しいのがこちら。
cucumber

わかりますか?これ。

アップルキューカンバーという、キュウリの一種です。

家を買ったら植わってたのでそのまま植えてますが、僕も食べたことがないので、どんなものができるのか楽しみです。



ちなみに、ざっと上げてみると、
ストロベリー、レタス、フェンネル、コリアンダー、ネギ、浅葱、ニンニク、ナス、シソ、おくら、タイム、ステビア、アイスプラント、大豆、バジル、トマト、ブルーベリー、キュウリといったところですね。

そして、植わってる木が、フィジョア、オレンジ、レモン、プラム(2種類?)、ネクタリン、ぶどう、現在育ててる木がアボカドとイチジクとあります。

列挙してみると、思ってるより、いろんなものがありますね。
冬の間は、春菊、水菜といったものもあったんですが、その辺はもう収穫が終わって今は種を収穫してます。
来年に向けてまた秋口から種まきを始めるつもりです。

今は、実が出るかどうかわかりませんが、胡椒と山椒の実を土に植えてみました。
もし上手くいったら、胡椒の木ができるかも・・・・


後は、ゴーヤと空心菜といったところも現在発芽に挑戦していて、見守っています。

なんにせよ、時間がかかりますねぇ。
時々収穫ブログをアップします。


ということで、またマーケットに戻りまーす。
では。
2017.11.02 Thu l 家庭菜園 l コメント (0) トラックバック (0) l top
どうも、Toruです。

世界情勢は不安定でも、世界の田舎NZのさらに片田舎のここは今日も平和。
今日は、ノートパソコンもって、カフェでご飯食べながらブログの下書きをするなんて言う、似つかわしくないことしてましたが、まぁ、正直作業効率悪いですね。。。w

さて、自分用のメモ第2弾。

ビジネスを売却するときに、その後何をしようかということを同時に悩んでおりました。

個人的には、「Deli Shop」みたいな感じで、カフェよりももっとテイクアウトに特化した形の飲食店をやるのも悪くないかななんてことを考えていました。
今も、今やってることがダメならシェフに戻ってその道を目指そうと思ってますし、それはそれでうまくいくと思ってます。

でも、せっかくNZに来て、永住権も取って、家も買った、家族もいるという中で、もう一度僕は僕なりに自分のことを考えました。

3か月とか、4か月とか冬暇だったこともあって、いろんなことを考えて、Deli shopなんかの開業プランも一応、作ってみたりして・・・。
で、結局、現在何をしようとしているかというと、いわゆる「デイトレーダー」です。

は?と思われるかもしれませんが、人生3回目の職種変更に今挑んでます。
これは正直、これまでのどの仕事より難しいですが、面白いです。


はたから見ると、何がしたいのか意味不明な部分が多いと思うのですが、僕自身が一貫して持っているものが、2つあります。
それは、「自由」であること、そして、「知りたい」ということです。

経済はどんな風に動いているのか、世界の人たちは何を考えて、何を感じながら、どこに向かって生きているのか?ということに昔からすごく興味があるんですね。

Deli shopも悪くないと思います。
ご飯には困らないし、多分お金にもそれほど困らないだろうし、何よりも、「できること」だと思うんです。

でも、だったらせっかくできたこのタイミングでそれにチャレンジするのが正しいことなのか?といわれると、僕は「保険」として置いておこうと思いました。
多少の苦労はあれど、その道に戻ることはできるし、戻った時に食うに困るということはないだろうということで。

でも、それをやりながら、自由はあるだろうか?と思ったときに、んー、そこには自分が求めるものはあまりないような気がしたわけです。


だから、ビジネスを売ったお金の一部を元手にして、投資の世界へ飛び込んでみることにしました。
このブログをずーーっとお読みの方はもしかしたら以前に為替で200万位飛ばした記事をお読みになられたかもしれないんですが、あの時は、正直何も知らないまま何となくやってました。

あの後も、個人的には株の長期保有を続けていたりと何となく投資は続けてきたのですが、それを生業にするというのは全く違うレベル感の話です。

改めて、一から勉強しなおして、パソコンとモニターを買って、毎日チャートの前に座っています。

傍らで、今の僕は朝から晩まで世界のニュースを見ながら、勉強の日々です。
世界情勢、新しい金融の仕組み、各国の経済情勢、発表される指標の意味、数字が持つものを人々の暮らしとして、イメージできるかどうか。

と、同時に、投資の世界で生きていくためには何が必要なのか?
どうやったら自分はやっていけるのか?

正直、まだまだかなり難しい部分がありますが、3か月もがいてようやく先が見えてきたような気がしています。
夢は大きくですが、現実としては、我々は年間3万ドルから、4万ドルあれば生きていけるので、最低限の暮らしは何とかなるかなと。

実際的には、しばらくは貯金を切り崩しながらの生活だと思いますが、とりあえず11月位まではもう少しあがいてみようかなと思ってます。
それでもだめなら、とりあえず働きに出ようかなと。

パートタイムシェフ、パートタイム投資生活なんてのも悪いもんではないですしね。

僕はでも、この毎日大量の情報が入ってきて、それを複合的に処理していく生活というのは悪くないなと思ってます。
実はもう一つ、ブログを書き始めましたが、それは政治、経済、金融系の学びをアウトプットする場として日々の相場観察と共に書いてます。

なので、そういった形で、サイクルを回しながら、自分自身がどこまでやれるかに挑戦してみようかなと。



それにしても、収入がなくなって、ニートになって、職種変更をする。
これを10年の間に2回もやる人っていうのは、なかなかいないんではないかなと思います。
営業→調理師→飲食店店主→デイトレーダーと、まぁ、一貫性があるような内容なでここまで来ましたが、きっとこの先もこんな感じで何とかやっていくのではないかなと思いますね。


やりたいことをやっていくためには、それ相応の努力と、自分で責任を持つという精神力が求められるわけですが、それを支えてくれていて、こんななんの保証もない、むちゃなチャレンジに文句も言わず見守ってくれるSakuraさんに感謝です。


いつか大金持ちになったら、読者の皆様を呼び寄せてお祝い出来たらいいですね!!
頑張りまーす。



2017.09.12 Tue l 気ままな暮らし l コメント (0) トラックバック (0) l top
どうも、Toruです。

こちらは春真っ盛り、花粉症真っ盛りで、大変ですが、今年は、家に引きこもっていられるので、すごくありがたいです。
花粉症に限らず、アレルギー的なものはどうしようもないので、「避ける」ということが本当に大事なんだなぁと改めて感じてます。


さて、今の日々から抜けるころには、今感じてることは忘れてしまうと思うので、忘れないうちにどこかに記録しておこうということで、少しブログに記しておくことにしました。
これを忘れてしまうと、今やってることがわからなくなってしまうので、アンカリングしておこうと。
30半ばにして、我ながら青臭いと恥ずかしくもありますが、まぁこういう恥はかいておくのもいいでしょう、ということでw


ビジネスを売った理由、そして、今考えていること、目指していることなんで、完全に自分のためですが、まぁ時間があればお付き合いください。

去年の年末辺りから、3年ほどやってきた、ビジネスをいろいろと思うこともあって、うまく回ってましたがどこかで売ろうと自分の中で決めていました。
でも、やはり日々の生活のこともあるし、収入がなくなる、ご飯も食べられなくなったらという恐怖心が自分の中にあったこと、そして、「全国一」という結果が逆に離れられなくさせているという2点を自覚しながら、そして悩みながらの忙しい夏でした。

この売ろうと思った経緯は、ちょっと長くなりますが下記のようなものでした。

ビジネスとしては、売り上げもだいぶ上げた、利益もきちんと残る、利益率だってかなり改善された(実際今考えてもいい数字です)、リピーターのお客さんも増えて数字もはるかに安定してきていて、僕が見ていたビジネスの売り上げとしては、この先3年やれば50%増し、うまくいけば80%増しも見えなくはないかもと感じていました。

じゃぁ、なぜ売ろうと思ったか。
一言でいえば、「その目標を達成した先にやりたいことが見えなかった」ということだと思います。
言葉だけだと、新入社員が2年、3年でやめていくみたいな響きで、いやーー恥ずかしい限りですw

このカテゴリがいみじくも自分の目指すものを端的に表現していると思いますが、「気ままな暮らし」は得られないかもしれないと思ったわけです。
(今にして思えば、違う形での気ままな暮らしはあったと思いますが)

売り上げが大きくなった時に得られることは何かというと、その時見えていたのは、単純に収入の増でした。
ただ、そこには、売り上げ増に対する、コスト増の問題があります。
そして、売り上げ増を計算するうえで、人件費を考える(もう一人ではやれないレベルに来てましたので)と、率直に言って「割りに合わないな」と思ったわけです。

この辺は具体的な数字が出せないので、つかみにくい部分は、自分用のメモということでご容赦いただきたいのですが、50%売り上げが増えたときにどうなるか?に対してそれでは「気ままな暮らし」は叶わないと感じたんです。

もう一つには、自分のアレルギー体質の問題もありました。
ビジネス自体が自分を苦しめていたのも現実でした。


で、次に僕が考えたことは何か?
ビジネスのパッケージ化、そしてフランチャイズ化 でした。

ある程度の目論見はありました。
計算上は、2店舗持てれば悪くはない話でしたから、1店舗作って、今の店舗を誰かに任せればよかったわけです。

問題となったのは、2つ。
まずは単純に「パートナー探し」、もう一つは「今の店舗を任せられる人がいるかどうか」です。
この2つの募集を同時に始めたのが1月か2月の話だと思います。

この時、自分の中で別の思いがあり、一旦は、パートナー探しを日本人コミュニティの中で募集をかけました。
そして、何件かの応募もいただきました。

ただ、結果として上手くいきませんでした。

そして、求人に関しては、以前よりKiwiの採用もトライはしていたんですが、今一つ、んー―という感じ。
そんな中での、移民局のビザ発給条件の引き上げ(厳しくなる)という話があり、これは結構手詰まりだなと感じたのがきっかけです。
そこから時間がたった今、少なくとも「人材」という観点ではあの時の判断は正しかったと思います。


そこから、方向をまた考え始めました。

そして決めたことは、「自分たちがしばらく生活できる資金」を得られる=売却価格を決めて、それ以上なら売ろうということでした。
ダメだったら、自分はもう、このビジネスをおじいちゃんになるまで、ずっとやっていこうと、ある意味で改めて腹を括った瞬間でもあったわけです。


そこからビジネスの売却に挑戦し始めました。
ビジネスの特性とかかる時間を考え、まぁ今くらいの時期までに売れていればいいだろうと思って、広告を出したら、思いのほかスムーズに事が進んだうえに、買いたいという人も複数いて、結果として僕が決めたラインを割ることなくビジネスは売れました。

自分自身でも驚くほどあっさりだったため、内心「収入がなくなる恐怖」に対する覚悟がしきれないままだったのが正直なところです。
この恐怖は、正直今もあります。というか、今まさにその真っただ中で、ニート生活をしていますw


売却が決まった後、ビジネスの引継ぎ期間があり、その後日本に一時帰国することが決まってましたので、実際のところ、日々かなり慌ただしく、日本に帰ったら日本に帰ったで、ゆっくりものを考える時間なんかなく、さらには念のためと思って受けた健康診断で、糖尿病予備軍(メタボリック気味というか、デブ?)という衝撃の結果に!

まぁ、体調もあまりよくない日が続いてたし、日本かえってやたらめったら食べて一気に太ったし、実際仕方ない部分はあったと思うんですけどね。
ちなみに、帰ってきてから5キロ以上痩せて、今はここ10年くらいで最軽量、体は軽いんで、もう大丈夫だと信じてますが。


脱線しましたが、ここまではビジネスを売った理由と、売却までの経緯です。

とりあえず長くなるので、この辺で。








2017.09.10 Sun l 気ままな暮らし l コメント (0) トラックバック (0) l top
どうも、Toruです。

長らく、ご無沙汰ーーーーしてましたが、久しぶりにまたブログを再開しようと思います。

近況報告としては、
・ビジネスを売ってニート生活になりました。(4月の話。)
・家を買って、引っ越しました。(4月の話)
・日本に1か月ほど、一時帰国してきました(5月半ば―6月半ば)
・現在次に向けて勉強中
・娘が4歳になりました。


というところでしょうか。


一つ一つはまた、更新しますね。

ではでは。
2017.09.09 Sat l 気ままな暮らし l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。