上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Sakuraです。

先週、半分仕事、半分レジャーでオークランドに行ってきました。
ちゃんと街を見るのは2年ぶりのオークランド。

たったの2年、なのにオークランドは不動産価格の高騰に支えられてか、
随分とお金が流れ込んでいる「好景気」な都市に見えました。
オークランド、NZ一の都市じゃんって話ですが、2年前に住んでいたころは
都会としてイメージするオークランドは、「ビルもあるし人も多いけど、なんだかぱっとしない世界の片隅の都市」
という印象だったので、そこからなんだかぱっと明るくなった感じ。


そんなオークランドの旅行をつらつらと。


移動手段は、今回は車で。
ネイピア~オークランド、車でいくと約6時間の道のり。
しかもネイピア~タウポまでの道はくねくねとした山道で、なかなか運転が大変。

1才11か月の娘を連れて、1日で6時間の行程をいけるとは到底思えなかったので、
行きの初日の目標はハミルトンまでにして、もしいければオークランドまで行こう!ということで出発しました。


途中、いくつか休憩をはさみ、なんとか娘をだましだまし・・・
ちなみに、1才11か月の娘に長距離移動で有効だったのがこちら。

*オヤツ(果物、クラッカーなど)
*iphoneの子ども用無料アプリ

iphoneのアプリは、事前に検索してよさそうなものをダウンロードしておきました。
普段は、1回15分まで、多くても1日1時間(それでも多い気がするけど)
と一応決めてタブレットについては遊ばせているのですが、このときだけはルール返上。
大人の都合でごめんなさい、という気がするものの、娘はアプリで楽しく遊んでくれました。


Taupoで不思議なジャパレスに入り、あまりおいしいとは言えないご飯を食べ、再び出発。

目指すはHamilton。途中でちょっと休憩し、Hamiltonについたのがたしか3時過ぎ。
これならオークランドまでいけるんじゃない?と思い休憩して出発したのですが、
この判断が後々大変なことに・・・


4時半すぎてオークランド市に入ったのですが、そこで待ってたのは渋滞!
前回バスでオークランドに向かった時も、渋滞にはしてやられたのですが、今回も同じようなことに。
しかも、人口の5万人しかいないネイピアから、150万人以上いるオークランドに来ると
混雑感が半端ない!


オークランドの宿をとっていなかったので、高速を降りて、手ごろなところで探すも見つからず・・
しかたなく、事前に調べていてここならまだいけるかも!と思ったヘリテージホテルに電話。
部屋がやっと予約できたので、よし移動しよう!と車に乗ったのですが、下道も混雑していて、
普通なら15分もすれば着く道のりを1時間かけて移動しました・・


もう二度とオークランドの渋滞する時間帯に車に子連れで乗りたくないわ・・・と思った次第。


ちなみに、ヘリテージホテルはPark and Stayという駐車場代つきのプランを予約しました。
市内は、一晩止めると駐車場代が20ドルから30ドルというホテルも多いので、
これはちょっとお得。

お部屋もベッドルームに+でリビングスペース、広いバスタブとフルキッチンと、
お値段はなかなかするものの、かなり良かったです。
旅行で市内に泊まりたい人でかつ車で来てる人にはかなりおすすめだと思います。

Booking.comを使って予約するより、ホテルに直接連絡したほうが駐車場代つきの
プランが使えるので安かったです。


さて、へとへとの身体で無事にオークランドに着いたということで、
明日からオークランド観光兼お仕事の始まり~

スポンサーサイト
2015.08.12 Wed l 旅人生活 l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


えーと、先月の話ですが、31歳になりました。


NZにいると、会話の中で年齢をわざわざ訪ねたり答えたりする機会もないので、年齢というのはどんどん曖昧になっていくなあと思うのですが、誕生日というのは、やっぱりいくつになってもうれしいな、と思った日。


誕生日といえど、普通の平日でToruくんはお仕事。
お祝い的なものはまあ別の日に、ということで、今日は自分を甘やかして楽をしようと自分のために作ったちらし寿司&ビール。


10608421_938249516218012_2830636365586460987_o.jpg



いえーいと娘と形だけ乾杯。イクラ大好きな娘はひたすらイクラを食べ、私はのんびりと夕飯を終え、片づけているとそこに夜まで仕事のはずのToruくんがこんなものを手にもって帰ってきました。


11134080_938249512884679_3364442405093161506_o.jpg


Toruくんお手製誕生日ケーキ!!

上の生クリームは、わざわざサクラ型。


きってみると・・・





10914815_938249522884678_7348671744506798171_o.jpg


中は桜色のラズベリークリーム!!!



仕事が早く終われるかわからなかったので、ないしょにしていたそうです。
嬉しいなーと思いつつ、ケーキは家族三人で食べました。
娘はブルーベリーばっかり食べてましたが、この日に「ケーキ」という単語を覚えてました。



そして別の日。

なんと、保育士のお友達が誕生日プレゼントに娘を預かってくれるということで、お言葉に甘えて、Toruくんと二人っきりでランチデートをしてまいりました。


11084160_938249509551346_424181714269949326_o.jpg


1年半ぶりに二人であるく街はなんだか新鮮・・・
なんか、ゆったり静かすぎて逆に戸惑いを覚えます。



887583_938249582884672_7058324496947801543_o.jpg



ちょっとおしゃれな料理を食べて、でも娘のことが気になって、ぱーっと食べて帰ってきました。娘が生まれてから、ゆっくり食事をとるのが難しくなったため、すっかり早食いになった二人。
娘は最初こそ泣いたものの、元気で楽しく遊んでました。素敵な時間をプレゼントしてくれたお友達に感謝!!!



そんな感じで、去年の30歳の誕生日の時よりは、なんかお祝い的なことができて、娘の成長を嬉しく思い、無事に1年自分と家族が過ごせたことに、よかったなあと思ったなんとも平和な誕生日でした。


ちなみに、31歳の抱負は、痩せる、稼ぐ、英語!の3つです。
2015.05.23 Sat l 気ままな暮らし l コメント (2) トラックバック (0) l top
Sakuraです。

日本では卒業式シーズンですね。3月と4月は区切りの季節。
NZでは4月にSchool Holidayがありますが、新学期的なものは2月からなこともあり、
あまり3月と4月に特別な感じはありません。


でも、日本との共通点が一つ。
それは3月が年度末だということ。
小さいながらビジネス持ちの我々にとっては、3月は忙しい夏を終えての一区切りの季節でもあります。

そんな、秒速で過ぎていった夏の思い出をちらほら。


10842141_922920867750877_3050349254155864369_o.jpg


バレンタインデーにToruくんからもらったお花。
本当は立派な花束だったのですが、花瓶がないので分けてコップにいれました。
忙しい夏だし、特に期待をしてなかったのですが、仕事帰りにお花とスパークリングワインを
買ってきてくれてこれには感激。嬉しかったです。


NZは男子→女性、へのプレゼントというのがバレンタインの基本なので、
娘も大きくなって誰かからバラの花束なんてもらって来たりするんかねえ、と
思ってみたバレンタインでした。


10848968_922920881084209_1626559907038642239_o.jpg


1年で、ネイピアの街が一番活気づく3日間。Art Deco Weekend。
町中、Art Decoスタイルで仮装した人であふれていて、人がたくさん、イベントもたくさん開催され、
とっても楽しい3日間です。我々のビジネスはこのArt Deco Weekendが最大の山場。
去年はなーんにもする余裕がなかったのですが、今年はちゃっかり娘にもおしゃれをさせて
楽しんでみたりしました。

とーっても忙しい3日間をToruくんは過ごしたわけですが、怪我もせず事故もなく、
昨年よりももっとたくさんのお客さんに来ていただいて、無事終了。
日曜の夕方には、賑わっていた街中から人がほとんどいなくなり、さみしい祭りの後。
また来年。来年は夜のイベントにも娘とちょっといけたらよいな~


11027989_922920954417535_204477156707331515_o.jpg


忙しい夏が終わったので、小休止ということで、地元のブリュワリーに。
エールビールがおいしかったです。
ドリンクお試しセット。好きなフレーバーを6種類選べて$17。
みんなでシェアしたらお得な感じかも。
野外の広々としたスペースが子連れに嬉しい場所でした。




10448651_922920874417543_5884264381818543448_o.jpg


でもって、あっという間に3月でひな祭り!!!


前日まですーっかり忘れていて、焦って準備しました。
我が家には、義実家からいただいた立派な一刀彫のお雛様があります。
場所もとらないし、1年に1回だともったいないのでずっと飾ってありますが、
この日はちょっとおめかしー。


11054371_922920877750876_1349185081236441199_o.jpg


スモークサーモンといくらのちらし寿司。
イクラはNZの片田舎のネイピアでも、Toruくんが毎年秘密ルートから仕入れて
家で仕込んでくれるので、年中楽しめます。



そんな感じで、バタバタと過ぎた夏でした。
来年はもうちょいゆっくり、できたらいいな・・・(もっと忙しくなるかもだけど)

2015.03.22 Sun l 気ままな暮らし l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


今年は毎回ブログを更新するたびに、気が付けば1ヶ月!早い!
みたいなことを言っていましたが、気が付けばもうあと30分で2014年が終わります。

毎年NZでの年越しは、真夏ということもあり、紅白歌合戦もみず、おせちも作らず、といった感じなので
あんまり年越しという雰囲気がありません。

そして、今年はそれに加え、昨年から始めたアイスクリームビジネスが12月の真夏がかきいれどき!
ということで、通常であればホリデーだった年末年始も働いております。
ビジネスを始めてから、1年の締めくくりは12月ではなく、決算月の3月、という認識になってきました。


毎年大晦日に書いていたように、一年をつらつら振り返ろうかなあと思ったのですが、
昨年8月に娘が生まれ、12月にビジネスを買ってからほんと毎日が目まぐるしくて、
なんだか振り返ろうにも記憶もブログの日記もあまりありません。


大きな出来事としては、まず娘が1歳を迎えたこと!


1年前は寝返りもできなかった赤ちゃんだった娘は、今では一人でスタスタ歩き、
言葉らしきものをしゃべり、自分の意思を伝え、毎日が楽しくて忙しそうです。
去年の年越しは、Toruくんがアイスクリーム屋で働いている(大晦日だけ夜までオープン)中、
私はベッドで娘に授乳していたわけですが、今年は夕方に少し店に娘と顔をだし、
店の近くで開催されている年越しコンサートをちょこっとのぞいたりなんかもして、
娘は生演奏にノリノリだったりして、娘の成長というだけで、1年で生活がずいぶん変わったなあ、と思ったりしました。


約2年ぶりに、日本に一時帰国したのも良い思い出。娘はその時8か月。初めての日本。
赤ちゃんを連れての長距離移動は本当に大変でしたが、
おじいちゃんおばあちゃんにも会えて、皆が娘の誕生と成長を喜んでくれて、
私はまあ、娘を産んで育てているだけなんですが、
自分が幸せな人生を送ってほしいなあと思っている人が、誰かに祝福されているのを見るのは
幸せだなあと思ったりしました。あと、ラーメンおいしかった・・・


2013年の12月にスタートしたアイスクリームビジネスは、おかげさまで1周年を迎えました。
ギリギリのマンパワーでスタートし、試行錯誤の連続ですが、
1年経って常連客も増え、少し上向きになってきたかな、と感じています。
来年は、次の壁を超えるべく奮闘する年になるでしょう。


加えて、私もToruくんも、別の新しいビジネスを始めてみた年でもありました。
こちらはまだまだ種を撒いた段階なので、どう成長していくのかわかりませんが、
少しずつ育てていけたらいいなあ。


毎日の生活は、心配事も苦労もあってなかなか大変。
NZに来てもうすぐ5年を迎えますが、停滞しているんじゃないかと思うときもあります。
でも、こうして1年を振り返ってみると、なんか色んな事をしているし、いろいろと変わっていっているんだなと思えます。良い意味で。ビジネスを始めてみて、「自分たちで何かをする」のが私もToruくんもわりかし好きなのだな、と実感しました。


2015年は、娘のさらなる成長に喜び、楽しみ、悩むこともあり、の1年になるでしょう。
そして、自分たちのやっているビジネスについて、もう一段階段を登れるように奮闘していこうと思います。
お互い30代になったので、健康にも気を付けつつ、子供のいる生活も、娘が赤ちゃんから幼児になるにつれて
すこーしづつ時間的余裕も出てくるので、「ほかほかご飯」の記事ももう少し更新できたらいいなあ。


そんなわけで。2014年、お世話になりました。どうぞよろしく2015年!


皆様良いお年を。


2014.12.31 Wed l 気ままな暮らし l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


先日、NZの法務省から一通のお手紙が。


法務省なんて、何か悪いことが起きないと手紙なんてこないはず。。。
さて何ぞや・・・
もしや・・・



と思い、あけてみると


「Jury Service」の文字が。



Juryって、なんだろ。私この単語知らないんですけど、
でも推測するにNZの永住者の間で度々話題に上る「アレ」な気がするー!


と、Toruくんに聞いてみると、予想通り「陪審員のお知らせ」でした。


NZは陪審員制度をとっているので、永住権・市民権保持者には
抽選でその陪審員への招待状が届くのです。


英語が母国語でないのに、難しい裁判用語も踏まえながら陪審員務めるなんて
無理無理ー!なわけですが、同封してあったパンフレットを読むと、
「英語が母国語でなくても、グループディスカッションに参加できる英語力が
あるなら大丈夫!」と書いてあり、英語力を理由に断るのはできなさそうです。


(人づてで聞いた限りでは、昔は英語が母国語でない人はそれを理由に断れたみたいです。)


参加するしかないのかしら・・・とパンフをToruくんに読んでもらっていると、
陪審員として参加する場合、何日、何時間かかるかはケースバイケースで
当日になってみないとわからないと。


陪審員は一応時間にあわせてお金が支払われることになっているんですけど、
そんなことは問題でなく、私が一日も拘束されたら誰が娘の面倒をみるのか・・
どうしよう・・・と悩んでいると、パンフの「断れる理由」の中に家族の状況、というのを発見。


Toruくんに法務省の担当部署に電話して、娘がまだ1歳なので離れるのが難しいことを告げると、
郵送で理由を書いて送ってくださいとのこと。


証明には娘の出征証明のコピーが必要とのことで、理由を書いた紙と一緒に
同封して送りました。

それから1週間ほどたって、また法務省から1通のお手紙。


私の今回辞退したいとの申請は受け付けられたとのこと。
でもまだ陪審員のリストにのっているので、来年また連絡するよ、と。


陪審員はこの手紙をもらったとしても、当日また抽選で選ばれていくらしいので
多分英語がネイティブではない私がやることはないだろうけど・・・


ちなみに、陪審員の手紙が来たということであれば
職場もその人を休ませなければいけないそう。
仕事を理由に辞退することはもちろん認められないんだって。


陪審員制度についてはほとんど知らないまんまなんですけど、
子供が小さいとか、そういう理由で一旦辞退することができましたよーという参考までに。


2014.11.03 Mon l 気ままな暮らし l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。