上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Sakuraです。


のろのろ書いている出産レポ。
いよいよ最後の誕生編です。




ほぼ一夜陣痛に耐え、ようやく迎えた朝。
ここから車で20分離れた病院に行かなければいけないわけですが、
陣痛がもう3,4分おきに襲ってきている私はほぼ動けない状態。


Toruくんが出かける準備を整えてくれ、
私は弱っている身体を引きずりよろよろと車へ。



妊娠中、インターネットサーフィンをしていて
「出産のときにすっぴんで病院に行くのが恥ずかしい!」という意見を読んで、
私は普段からすっぴんでも出かけたりするし、NZでそんなこと気にする人もいないし
平気だな~と思っていたのですが、


現実は、よれよれのパジャマにぼさぼさの髪、
まだ冬の気候で寒いので毛布を体に巻き付けているという
すっぴんを遥かに超えるひどい状態でした。



車の中でも陣痛に耐え、雨の中病院に到着。


ここでミッドワイフと再会・・・・!!の予定だったのですが、
そこはNZ。まだ到着しておらず。


私たちが来るということは病院に連絡がいっていたようで、
時間外の入り口から病院の中に入れてもらえました。



ふらふらと部屋に案内され、
「私もミッドワイフだから、何かあったらナースコールでよんでね」と
私のミッドワイフが来るまで部屋に置き去りにされる二人。


NZでは、基本陣痛から分娩まで同じ部屋で行います。
LDRじゃなく、LaborとDeliveryが一緒で、Recoveryは別の部屋です。


私は運よく水中出産用の浴槽がある部屋がとれたので、
なんだかとても広い部屋。。



どうしていいかわからず、ひたすら室内をうろうろうろうろ。
今まではずっと下腹部に痛みがあったのですが、
この頃は赤ちゃんが下がり始めていて、下腹部の痛み+お尻のあたりに
「何か」が押してきているという違和感、といった感じでした。



私たちが病院に到着してから20分後ぐらいに、ようやくミッドワイフが登場。


自宅で耐えていたころは痛みと不安でいっぱいでしたが、
ようやく病院に来るステージまでたどり着いたし、
ここならミッドワイフもいるから事態がどう展開してもきっと大丈夫だ・・・
と衰弱しながらも、長い長い道のりに少しゴールが見えた気分に。




病院着に着替えて、といわれ着替えたところで丁度破水。



NSTで赤ちゃんの心拍をチェックすると言われ、ベッドに横向きに寝ることに。
横になると陣痛の痛みが3倍ぐらいになるのですが、
ガス(笑気ガス)をここから使うことができ、痛みが若干和らぎました。


このガスは体質によっては合わない人もいるようなのですが、
私はばっちりだったようで。
効果は人によって意識が朦朧となるくらい効く方もいるようですが、
私は吸い続けていると、頭が少しぼんやりした感じになりました。


痛みは和らぐ、というよりは「ベールに包まれたような感じ」になるといったほうが正しいかも。
ガスを吸い続けている間も悶えるような痛みはずっと続きましたが、
子宮口が全開になるころには、ちょっとでもガスが切れると身体が中から破壊されそうなくらいの
痛みを感じたので、ガスが使えてよかった・・・と思いました。




しかしながら、ガスを使っていてもまだお産は終わってないわけで
続く陣痛の波。



陣痛の間は、休むというか衰弱して横たわっている感じ。
「生理痛の酷いバージョン」と形容する人もいますが、
私はそんな生易しいものとは思えない、痛みで体がどうにかなってしまうんじゃないかと、
陣痛が引いては、次に襲ってくる痛みに恐怖に近いものを感じていました。


ただ、そんな恐怖もNSTで赤ちゃんの心拍を見ながらミッドワイフが教えてくれた一言で吹き飛んだというか。



「痛みの間は、中の赤ちゃんが降りようと下がってきたり、出ていくポジションを整えようと回転しているのよ」




そうなのか。


そうなんだ。


赤ちゃんが外に出てこようと、今がんばっているんだ。


この痛みは、そういう痛みなんだ。



だったら、私もがんばって耐えようじゃないか。





NSTのモニタリングは異常なしということで、
子宮口をチェックしたところ7cmまで開いてるとのこと。

ここで、ミッドワイフが浴槽にお湯を張ってくれ、
その中に入り子宮口が全開になるまでいきみ逃しをすることに。



水中出産だと子宮口が開くのが早いとか、
お湯につかって筋肉の緊張が和らぐので陣痛の痛みが楽になる、
という事前情報は得ていたのですが、実際にお湯につかってみると確かに楽!!


陣痛は変わらず痛いですが、波が引いた後、身体が明らかにリラックスできているのがわかります。


浴槽の中でもガスは使えるし、これならまだ頑張れる・・・・!!!



NZでは陣痛~分娩まで夫が立ち会うのは普通、というか何も理由がないのにそうしないのは「異常」とばかりに立ち会い出産が一般的。


なので、Toruくんは私がお湯の中で痛みに悶えてもがいているあいだも、
お湯の温度を調整してくれたり、私の肩が冷えないようにタオルをかけてくれたり、
痛みとガスで半分意識が飛んでる私のためにミッドワイフの話を通訳してくれたり、
ずーっと手を握りながらそばにいてくれました。



病院に到着したのが朝の6時すぎ。
時刻は午前8時。


「ちょっとカフェテリアで朝ごはん食べてくるわ」


と出ていったミッドワイフが戻ってきてから、


「Toruも朝ごはん食べたほうがいいわよ。今のうちに行ってきなさい」


と一言。



お湯の中でもがいている私とは別世界、的な
余裕のミッドワイフ。


これが駄目な人もいると思いますが、
私はそれぐらい周りが落ち着いているほうが自分がパニックにならず安心できました。



が、Toruくんがその場を離れようとしたところ
いままでで最大級の陣痛の痛みが!!!



この状態で、Toruくんがいなくなったら無理無理無理!!!


と不安になり、やっぱり離れずにその場にいてもらうことに。




その最大級の痛みが赤ちゃんの合図だったのかわかりませんが、
ここから事態は急展開。



いままでは数分間隔があいて陣痛の波が来ていたのが、
痛い→引いた・・・と思ったら痛い→痛い痛い痛い!!!
と連続で続いている感じに。


そして、猛烈に「いきみたい!!」という感覚が。



子宮口をチェックしてもらったところ、なんと全開。
あとで聞いたのですが、ミッドワイフの読みでは前回になるまで
まだ2時間ぐらいかかると思っていたらしく、
お湯がずいぶんと体をリラックスさせてくれ子宮口を開かせるのに役立ったみたいです。



ここで、お湯を出て分娩の準備。


いわゆる分娩台にもなるベッドも部屋にはありましたが、
私はバースツールというものを使いました。


お風呂の椅子で、両側に掴める取っ手があって、間がへこんでいる・・・
みたいな感じの椅子です。



このあたりは痛みといきみたいという感覚とで
意識が朦朧としてあまり覚えてないのですが、



ミッドワイフが予想以上のお産の進行に
大急ぎで赤ちゃんを取りあげる準備をしていたこと。



浴槽から上がったフラフラの私をToruくんが支えて
バースツールに座らせてくれたこと。



隣の部屋の妊婦さんの唸る叫び声が聞こえて、
私も同じように叫んでいきんだら
力が逃げるから「んーーー」と口を閉じていきむようにいわれたこと。


3,4回、身体中の力を振り絞って、いきめるだけ長くいきんで、
その間お腹の中の赤ちゃんに「出ておいで-」と思っていたこと。


いきみながらToruくんの手が真っ赤になるぐらい強く握りしめていたこと。



そして、2013年8月30日午前9時10分。



「頭が見えた」と言われてから、
いきむと自分の身体の中から何かが押し出された感覚がありました。


目を開けると、そこに、まさに生まれ落ちたばかりの
両手を天に広げて「ここはどこ?」と一瞬戸惑ったような顔をした
赤ちゃんの姿がありました。


一息おいて、赤ちゃんは「おぎゃあ」と大きく泣きました。



まだへその緒がついたその子を、ミッドワイフが私の胸においてくれました。


まだ名前のないその子を、私は「赤ちゃんだ・・生まれた・・」と
手で抱き寄せました。


Toruくんが、「よくやった!がんばった・・!」と
抱きしめてくれました。



子宮口が全開になってからは、たったの10分。
まるでジェットコースターに乗っているような急展開で、
9か月お腹の中にいたあの子がこの子?と不思議な気持ちがしましたが、
両手にすっぽりおさまるぐらいの小さい元気な女の子に
無事に、やっと会えたなあと安堵したのとじわじわと包みこむように湧いてきた幸せな気持ちを覚えています。




そこからは、カンガルーケアをしたり、私の会陰が裂けたので縫ってもらったり、
フラフラでシャワーを浴びたり、お昼ご飯を食べたり。

そうして赤ちゃんの体温も安定し、移動する準備が整ったら、
20分離れたネイピアのバースケアセンターに移動してそこで3泊を過ごしました。



これが娘ちゃんがこの世界に生まれてくるまでのお話。
産後はこれがまた出産の大変さを上回る怒涛の日々だったので
それはまた別の機会に書きたいなと思いますが。


NZで妊娠、出産ってどんなものかなと思っていましたが
一通り体験してみて、自分には合っていたなあというのが感想。


妊娠中はとくに問題がなければ何も言われないという点が
私にはストレスを感じなくてよかったし。

妊娠からずっと担当してくれたミッドワイフが出産、
そして産後6週間まで面倒みてくれるというシステムも安心できて良かった。

また、水中出産用のバスや笑気ガスがほぼ標準装備で使えること。
必要があればすぐに無痛分娩や帝王切開に切り替えられる体制が
整っていること、も安心要因の一つでした。


まあ、NZは母乳信仰的な感じなので初日から母子同室が一般的で、
そこは陣痛を10時間不眠で耐え抜いた体にはきつく、
初日ぐらい異室で寝れたほうがそのご2週間くらいの
精神状態はちょっとはよくなったかな・・・という気がしないでもないですが。



でも、総じてNZで出産できてよかったなーと思ってます。
なにより全部無料というのが素晴らしいし。



あの陣痛の痛みは二度と経験したくないですが、
もし第二子を産む機会があるのであれば、またNZで産みたいかな。










スポンサーサイト
2013.11.23 Sat l 出産 l コメント (2) トラックバック (0) l top
Sakuraです。
8月末に産まれた娘も早くも2か月半。
最近は自分の手を発見し、暇さえあればじっと眺めています。
ちょっとずつ成長していく娘の姿を眺めるのが楽しいです。


さてさて、NZでの出産レポの続き。
軽い陣痛を感じながら、「明日は産まれるかなあ」と呑気に
ベッドに入った8月29日夜。


そこからが長い長い戦いの始まりでした。


ベッドに横に入ってうつらうつらし始めたころ、
急にお腹に激痛が走りました。


陣痛が、


「お腹が痛いけどなんとか我慢できるレベル」


から


「おなかが痛くてヤバくて立ってられずにうずくまってる人」


に一気にレベルアップ。



陣痛間隔を測ってみると、5,6分くらい。
病院に行くには陣痛間隔が2,3分くらいにならないといけないわけで、
痛いけどまだまだだ・・・と、ベッドから起きて
バランスボールに乗りながら痛みを逃してました。


これが多分10時ごろから。


12時ごろになっても陣痛の波が来るたびに
深く深く息を吐き出しても体がずっしりと重くなる痛みを感じますが、
間隔はほとんど変わらず。


このころ、Toruくんが気づいて起きたので
ベッドにいてもなんだし、ということでリビングに移動。


気晴らしにネットで○本人志のすべらない話を見たりしましたが、
まーーーたく頭に入ってこずに、陣痛の度に座っていられず
リビングをうろうろうろうろ・・・


Toruくんが陣痛間隔を計ってくれたり、
腰をさすって痛みを逃してくれたりしますが、
痛さのあまり、自分の発する言葉にどんどんと余裕がなくなっていきます。


これは多分長い夜になるだろう、と感じたので
栄養補給にバナナを食べる。が、これが良くなかった。

午前1時半を過ぎても陣痛間隔がさほど変わらないので、
Toruくんにも睡眠が必要だしということで再び寝室へ。


ちょっとは寝れるかな・・・と希望を持ちつつ横になったのですが、
その次に大きな陣痛の波が!!


そしてその波が去った後、急激に襲ってきた吐き気。


なんとか持ちこたえられるか・・・と一瞬我慢しましたが、
「無理!!」と感じたのでToruくんに「ゴミ箱もってきて・・!」と
言ったものの、ゴミ箱が手元に来る前にのど元からこみあげるものが。



やってしまいました。
深夜、ベッドの上でマーライオンと化す私・・・。



あとから知ったのですが、陣痛の間は体中の血液が子宮に集中するため
胃の中のものを消化できず、吐いてしまうことはよくあることだそう。



8月のNZの冬。外は雨交じりの嵐。冷えてくる室温。
マーライオンになった私に汚されたベッド。
そして5分置きに襲ってくる陣痛。削られていく体力・・・


先の見えなさに絶望を感じた瞬間でしたが、
泣いてもいられないのでとりあえずシャワーを浴びる。


暖かいシャワーを浴びたら、幾分か陣痛の痛みが和らぎました。
そういえば、妊娠中の両親学級で温めるといい、と習ったな~と
このときぼんやりと思い出す。


ベッドは使えなくなってしまったので、リビングに移動。
Toruくんがソファーベッドの上に布団をもってきてくれ、
湯たんぽを入れてくれたり、リビングをオイルヒーターで温めてくれたので
そこで陣痛の痛みに耐えることに。



痛みはどんどんひどくなるが、それほど間隔は短くならず。


このとき頭の中をぐるぐるしていたのは、いったいいつになったら病院に行けるのか、
いつまでこの痛みに耐えればいいのか・・ということ。
いつまでたっても2,3分間隔にはならないし、でも陣痛の波が来るときは
「いっそ殺してくれ・・・!」と思うほど痛い。


午前3時。とうとう削られていく体力に限界を感じ、
もう病院に行って麻酔してもらいたい、とToruくんに訴え
担当のミッドワイフに電話をかけてもらいました。



こんな深夜に、しかもまだ陣痛間隔は病院にいける段階じゃないかもしれないのに
呼び出してしまって悪いな・・・と頭の片隅で思っていましたが、
ミッドワイフは10分もしないうちに我が家に駆けつけてくれました。


家に入ってきて私を見るなり、「excellent!!」と抱きしめてくれたミッドワイフ。
深夜、先の見えない陣痛に耐え不安と痛みで弱り切っていたところ
15年以上という長年の経験を持つ彼女の安定感に、この時どれほどほっとしたことかわかりません。



内診の結果、子宮口は4cm開いているとのこと。



これでやっと病院にいける・・・!と思いましたが、
次の瞬間、彼女の口からは「耐えられるならあと1時間半、5時半まで耐えたほうがいい」と耳を疑う提案が。



朦朧とした頭で彼女の話す言葉を聞いていたのですが、
覚えている限りでは、今病院に行ってもいいが、分娩まではまだ時間がかかる。
病院にいくと、無痛分娩にしたいと思う気持ちが強くなる。
それはそれでもよいが、そうするとお産が長引く可能性も高くなる。
これまでの様子や痛みの具合を聞く限り、赤ちゃんのポジションには問題がないので、
最後までできるなら自然分娩で生んだ方が良い。


無痛分娩が誰でも受けられるNZですが、一方で
赤ちゃんが麻酔の影響で出産後眠たげになったり、
お産が長引いて帝王切開の可能性が高まったりと
完全にリスクがないわけではありません。


私の担当のミッドワイフは、総合的に見て私の身体は自然分娩に
耐えられるであろうと判断し、可能であればそうするように勧めたのでした。


はっきり言って、この瞬間は「これ以上痛みに耐えられない・・・!」と思いましたが、
一方で彼女がそう勧めるのであれば、最後まで自然分娩で生んだ方がいいのかもしれない。
体力的に持つかどうかわからないけど、ミッドワイフを信頼して耐えてみよう、と決心。



ミッドワイフはお産の準備もあるので一旦家に戻り、
そこから1時間半はToruくんと二人でひたすら陣痛の痛みに耐えることに。


陣痛が来るとToruくんが腰を力いっぱい押して痛みの伝達を抑えてくれます。



Toruくんも誠心誠意、私のサポートをしてくれているわけですが、
陣痛の痛みは人の理性をふっとばしてしまうもの。

痛みの最中に、「がんばれ!」とか「あと少し!」とか声掛けされると、
非情だとは思いますが、「うるせえええええええええ!」と叫びたくなる精神状態。
(Toruくん、ごめん)


そこはぐっとこらえ、痛みが去ったころに「何も言わなくていいよ・・」というのが精一杯。



ただ、ミッドワイフが来た時に陣痛の最中私の息見逃しをみて
「Excellent!!」と言ってくれた時勇気づけられたので、
なぜかToruくんに、「陣痛の間はエクセレントって言って」と冷静に考えれば
訳のわからないお願いをすることに。


かくして深夜、リビングでソファーに倒れこんでいる妊婦(日本人)の腰を力いっぱい押しながら
「えーくせれんと」とカタカナ英語で声掛けをする旦那(日本人)、というへんてこな状況が誕生。




そうしてただひたすらに痛みに耐え、ようやく朝の5時半を迎えました。



しかし外はまだ降り続く雨。
私は陣痛の痛みで動けるのかわからない状態。
病院までは車で20分。


ほんとに病院にたどりつけるのだろうか・・・と不安を感じながら
出産への道のりは最終局面を迎えます。



続く。


2013.11.13 Wed l 出産 l コメント (2) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


気づけば10月もあと1週間で終わり。
娘ももうすぐ生後2か月。

「やっと生後1か月たったー。乗り切ったー」と言っていた頃が
ついこの間のように感じるのに、同時にとっても昔のようにも感じて
本当に子供が生まれてから時間がたつのが早いです。


6週過ぎたころから、機嫌の良い時にニコニコ笑顔を見せてくれるようになりました。
「あー」とか「うーー」とか可愛い声の喃語も始まり、
新生児期のとにかく大変!!から脱して、赤ちゃんの可愛らしさが増してきました(親バカしてます)


さてさて、そんな娘をこの世に産みだすまでの出産レポ。

NZで、といっても地方のNapierなので日本人の方がたくさん住んでいる
Aucklandとはまた違った状況かもしれませんが、
自分が妊娠期間中にネットでの情報をいろいろ探して心の準備含め事前準備の参考になったので、
NZで出産したらこんな感じでした、という一例までに書き留めておこうと思います。



ーーーーーーーーーーーーーー
8月26日(月) 38wks5days


もうすぐ産まれてくるかなあ。いつ頃だろうとわくわくしながら過ごしていたころ。
Toruくんが2週間のホリデーから復帰した直後で、赤ちゃんには
「お父さんがいるときに出てくるんだよー」と語り掛け。

この日、午前中に庭の草刈をして運動したせいか、おしるしがある。
買い物で1時間以上あるいたけど特に陣痛はなし。
翌日が検診だったので、その時にミッドワイフに告げることにする。



8月27日(火) 38wks6days

おしるしが継続してあり。
定期検診では特に異常なし。
おしるしがあることを告げると、2~3日、遅くても来週には
赤ちゃんが出てくるよーとのこと。

この時点では、いままでの定期検診も含め内診は一切なし。


Toruくんが翌日仕事休みなので、その日に生まれるといいなあと
思いながら過ごす。


8月28日(水) 39wks

Toruくん仕事のお休み。
もしかしたら今日陣痛がきてそのまま病院にいくことに!?みたいな
感じでちょっと朝からそわそわ過ごす。

11時ごろ、車で買い物に出ている間におなかに軽い生理痛のような
チクチク感。もしかして陣痛??と時間をはかってみると20分おきくらいに
痛みがやってきている。痛みとしてはまったく気にしないで生活できるレベル。


15時ごろ、痛みが15分間隔くらいになったので念のためミッドワイフに電話で
伝えたところ診察してみるからといわれ車で3分の彼女のクリニックへ。

「もしかしてもう病院へ!?」と勇んで荷物を車に積んで向かったところ
内診の結果子宮口はまだまだ固く開いてないとのこと。


この日は徐々に陣痛は強くなってきているかな??という感じだけど
まだまだ普通に会話もできて歩けるので余裕レベル。
ミッドワイフ曰く、病院に行く頃には陣痛がくると動けなくて話もできないわよ
といわれ、「そんなに痛くなるのか・・・・」と想像できない未知の痛みに
ドキドキしたのを覚えてます。


フライング的にミッドワイフに連絡してわざわざ診察してもらったので
まだまだの段階なんて悪かったなあと思いましたが、ミッドワイフは
そんなことを特に気にするわけでもなく、陣痛のことは今は気にせずに
陣痛間隔なんかはからないで映画みたり音楽きいてリラックスしなさい、
と言われたので家に戻りその時日本で流行っていた半○直樹のドラマを見て
のんびり過ごしてました。



ちなみに、私のミッドワイフから事前に伝えられていた陣痛が始まったときの
対応は、37週以降の正常出産であれば、子宮口が4センチ以上、
陣痛が10分間に4回から5回(つまり約3分間隔以下)になるまでは自宅待機が基本でした。



8月29日(木) 39wks2days


いよいよ運命の日の前日。

Toruくんはお仕事の予定でしたが、私の陣痛が少し強くなっていたこともあり
仕事を休むことに。ボスに伝えたところ「こっちのことは気にせずがんばれ!」と
快い返事をいただきました。ボスも二人子供がいるだけあって、理解のある職場でよかったです。


朝9時ごろ、ミッドワイフが検診に自宅まで来てくれました。
車で3分、なんて便利な距離。。。
今日こそは病院に!!と思ってましたが、子宮口はまだ1cmも開いていないとのこと。

Toruくんとしても午前中には病院にくのかも!?みたいな気持ちでお仕事休んだようで
肩透かしをくらった気分だったそうです。

夕方にまた検診に来てくれるとのことで、
陣痛を進めるために、スーパーまで歩いて買い物に行ったり、ドラマの続きをみて
のんびり過ごす二人。

夕方5時ごろ、再びミッドワイフの検診。
残念ながら子宮口はまだまだ開いていないらしく、
明日になるかもね~何かあったら携帯に連絡ちょうだい!ということで
運命の日はどうやら明日に持ち越し。


この頃の陣痛間隔は10分~7分くらい。
痛いけど、「これはお腹壊してトイレいきたいけどまだ我慢できるくらいのレベル」
と、Toruくんに陣痛の痛さを解説する余裕がまだありました。
この先に待ち構えている長い長い夜をこの時は知る由もなく・・・


あすに備えて寝るかーと、10時ごろ早めにベッドへ。



そして、私の人生史上、たぶんもっとも肉体的&精神的に
辛かった夜がやってくるのです。。。。



その②へ続く。



2013.10.23 Wed l 出産 l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。