上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Sakuraです。


ネイピアに来てから、うちらの好きなアジア系のレストランが少ないこともあり、
赤ちゃんがいることもあり、めっきり外食をしなくなった我が家ですが、
先日久々にカフェに行ってきました。



NZのカフェに行って毎回思うのは、


日本人の嗜好からすると、炭水化物が少ない。


そして、高い。


ってことです。


まあ、今回行ったカフェがもともとちょっとお高めのカフェだったってのもあるんですけど。



1780917_705324486177184_632751340_n.jpg

ポーチドエッグ、ホウレンソウ、ハムと自家製パン。
パンは焼いているだけあっておいしいです。
でもこれで$20(約1700円くらい)…パンのお替わりがほしいよう。



1962698_705324496177183_1396681293_n.jpg


日替わりパスタ。オリーブがどっさり入ってました。
ポーチドエッグのお皿もそうだったけど、ちょっとしょっぱい。

手前のガーリックトーストはサイドで別注文。3切れで$5.5。きゃー。


1912188_705324499510516_975730849_n.jpg


デザート。カプチーノの普通サイズのカップにはいったティラミス。
NZにしては小さいサイズで・・・驚きの$13.5。




二人でドリンクなしでしめて$60なり。


金銭感覚は人それぞれなのですが。
NZ、4月からまた最低賃金が上がります。


$13.75から、一気に$14.25へのアップ。
私たちが来た4年前は$12.5でしたから、ほんと、年々物価も合わせて
上がっているという肌感。


賃金が高いから、いろんなものの値段が高くなるよね、ってのは
消費者としても、ビジネスやってる側としてもよくわかるのですが、
これ以上このスピードで上がってくと、そこで生活している人と経済は
かみ合うのかな??ってすごーく疑問。


オークランドのような人とお金の流れの多い都市部はいざ知らず、
観光客頼みの地方都市は厳しいなあなんて思ったりします。


選挙に向けての票とりなのかもしれないけど、
賃金あげるだけじゃなくて、他の免税措置も考えてくれないと
NZ、小さい企業が多いんだから、ほんと雇用の機会もがくんと減っちゃうんじゃないのかなあ。


高いランチを食べながら色々思った午後でした。





スポンサーサイト
2014.03.07 Fri l 外ごはん l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


オークランドのレストランは、1月の年末年始は
けっこうな数のお店がお休みになることで有名。
(もちろん、空いているお店もたくさんあるけど)


オークランドの住人は年末年始のお休みでほかの地方にホリデーに
出かけてしまうので、その間はお店を開けててもお客さんが少ない、
というのが理由のようです。

なので、オークランドにいたときはToruくんもだいたいクリスマスイブが
仕事納めで、1月7日からお仕事、なんてスケジュールでした。


一方、ネイピアのレストラン事情はちょっと違うようです。
観光地ということもあり、1月は書き入れ時。
こちらはクリスマスは「家族と家で過ごす」という週間があるため
12月25日はレストランはお休みになるようですが、それ以外の年末年始は
営業する予定だとか。


かわりにお休みになるのが今の時期、8月。
8月はNZの冬で(今年は暖冬で春のように暖かいですが)、
観光地のネイピアも一番客足が遠のく時期。
多くのレストランが、メンテナンスタームやウインターホリデーということで
1週間とか、2週間とかお休みをとってます。
8月下旬から9月上旬に再開するところが多いみたい。


変わらず空いているのはカフェぐらい。
チャイニーズテイクアウェイのお店もお休みになったりします。
なので、「外食しよう!」と思うとなかなか行先に困るのが現状・・・




そんな中、赤ちゃんももうすぐ生まれてくることだし、
その前に外食でも、ということで評判のよさそうなレストランの中で
空いていたインド料理のお店に行ってきました。


Indigo


トリップアドバイザーでネイピア市内で1位のお店です。



DSC09394.jpg


中はスタイリッシュできれい。
オークランドにあるインド料理のお店ともまたちょっと違う雰囲気。





DSC09397.jpg


突き出しのパパドン。
丁度良い塩分でおいしいです。



DSC09395.jpg


同じく突き出しのチリチャッツネ、アプリコットジャム(?)、
オニオンのみじん切り。パパドンにつけて食べます。



メニューがたくさんあり、長考して頼んだのがこちら。



DSC09399.jpg


タンドリープラッター。
チキン、ラム、ビーフのタンドリーの盛り合わせです。
肉の量が意外と多く、600gぐらいあったかな?

一つ一つ味が違って、ジューシーで香ばしくておいしかった!!
メインのカレーも期待が持てるお味!





DSC09400.jpg


Toruくんの頼んだチキンのカレー。
玉ねぎの甘さがいい感じ。


DSC09401.jpg


私はラムのホウレンソウカレー。
こちらもおいしいです。



そして、両方ともサイズがけっこう大きい。
想像していたものから1.5倍くらいありました。


DSC09402.jpg


これにライスがどーんとついてきます。
ナンは別料金。



一皿がけっこうな量なので、二人だったら前菜とメインをシェアして、
それにナンを頼むくらいで十分かも。



お味はとってもおいしかったです。
予定日過ぎても陣痛が来なかったら、陣痛促進として
またここにカレーを食べに来たい・・・


2013.08.20 Tue l 外ごはん l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


Toruくんがお休みの日(主に平日)は、最近は赤ちゃんグッズを買いに行ったり
新しい車を見に行ったり何かと忙しくしていました。



先日のお休みの日はこんなところにも行ったり。



20130716_130335.jpg


ホークスベイ地方にある唯一のポリテクニック。

ポリテクニックは、日本語で言えば国立工科大学と行ったりします。
イメージ的には大学と専門学校が一緒になった感じ。

半年や1年のコースから、3年・4年のコースもあります。
Universityが学術的な内容を学ぶのに対して、ポリテクニックでは実践的な内容を学ぶ・・・
というのが違い。その証拠に、Universityにはない「ジュエリー」「ヘアドレッサー」「調理」
といったコースなどもあります。



Toruくんもこちらの私立の専門学校で調理を勉強したわけですが、
オークランドの狭いキャンパスと違って、こちらのキャンパスは広大。
「学校」って感じがします。


この日はスクールホリデーで生徒もまばらでした。



お腹がすいた、でもご飯は作りたくない、ってことで
遅めのランチは珍しくフィッシュアンドチップス。


20130716_135849.jpg



Haystingsにある、SeefoodShopで買いました。
フィッシュアンドチップスを買って食べるのは、おととしノースに旅行に行ったとき以来かな。
我が家はToruくんが揚げ物をそんなに好まない&職場で脂をとってることもあり、
フィッシュアンドチップスが選択肢に上がるのはまれです。


Toruくんチョイスは白身魚のグリル。
私はチップスとパン粉のフライ。
フライは小さく見えますが、これで一つが拳大ぐらいの大きさ。

合わせて$13ほど。

カフェでの一皿が$20平均のこの国では、フィッシュアンドチップスは安くてお腹いっぱいのご飯ですね。


揚げたてでお魚も新鮮でおいしかったです。
フライはラードでカリッと揚がってました。


フライを出すお店に入って、油のニオイにちょっとうわってなることがあるのですが、
それは油が古いのではなくラードを使っているからだそうです。
ラードはもともと固形で融点が違うので、ラードで揚げたものは覚めても
べちゃっとせず、カラッと揚がるんだとか。

たしかに、日本でもとんかつ屋さんとかこだわってラードで揚げているお店もありますもんね。
でもラードの匂いの中で働くのは大変そう・・・


全部食べたかったけど、妊婦でカロリーも気になるので半分ほど衣は残すことに。




妊娠も33週目。
お腹の赤ちゃんが動くと、中からぐいーっとつっぱられる感じがして痛いです。


生まれるころには暖かくなっているといいなあと思う冬のネイピアでした。
2013.07.20 Sat l 外ごはん l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


Toruくんはひと足先にNapierでお仕事頑張り中。
私は仕事があるので、ちょっとの間別居生活です。


さて、もう先週のことですが私の誕生日ディナーのお話。



年明けに妊娠発覚!現在5か月。
二人で過ごす誕生日もしばらくはこれが最後だね~ということもあり、
普段はなかなかいけない素敵なお店に行ってきました。



こちら。



写真


KAZUYAです。
このお店は、日本でも経験をもち、オークランドの有名レストランでも
ヘッドシェフを歴任されたKazuyaさんと奥さんのHarukoさんが開いたお店。
日本人経営ですが、料理やお店の雰囲気は完全に西洋・・といった
オークランドではちょっと珍しいお店。

開店早くも1年目で、オークランドでは話題のレストランで
何度も雑誌や新聞にも取り上げられているそうです。
そして今年のオークランドTOP50にもランクインしてました!


そんな素敵なレストランですから、ずーと行ってみたかったので
料理を食べる前から気合十分です。





dring.jpg


乾杯のドリンク。
ノンアルコールで、エルダーフラワーのロゼ。
ほんのり甘くて、でも甘すぎずおいしい。




punpkin.jpg



前菜。
パンプキンのスープ。
見た目はスープじゃないけど、食べると完全にスープ!
一口でいただきます。




ratatuyu.jpg


ラタトゥイユ。
見た目はイメージするラタトゥイユとは違いますが、
食べるとラタトゥイユ!おいしい!この味大好き。




magurotarutaru.jpg


Toruくんのはマグロのタルタル。
泡は海苔の泡だそうです。

Toruくんのメニューのほうが本来の品ですが、
私は妊婦で生魚や生肉がダメ!ということでいろいろと気を遣っていただきました。




bread.jpg


パン。毎日シェフのKazuyaさんが焼くそうです。
もちもちしたパンがおいしかった~。おかわりしました。


samoln.jpg


サーモンのスモーク。彩がきれいです。
サーモンは日本にも輸出されている高級なOraKing。
脂がのっていておいしかったです。



hotate.jpg

ホタテとエビ、マッシュルームのムース。
マッシュルームのムース大好き!
とってもおいしい組み合わせです。


yasai.jpg


こちらはKazuyaさんのSignature Dish。
30品目のお野菜が入っているそう。天ぷら、マリネなどなど
それぞれが違う調理法で仕上がっていて、ひとつひとつ食べててとても楽しいお皿。


alfon.jpg

メインの魚。
金目鯛です。添えられた白菜がまたおいしい♪


beef_20130329144544.jpg


メインお肉。wakanuiビーフ。
生にみえますが低温調理されてしっかり火は入っています。
やわらかーいお肉です。wakanuiビーフは草と穀物で育てるらしく、
脂の感じがちょっと日本の牛肉と似ていました。


cheeze.jpg


チーズ。コースにはふくまれていませんがせっかくなので頼んでみました。
Toruくんは全種類ちょっとずつ。
ブルーチーズが特においしかったそうです。

mimoza.jpg


私は妊婦でソフト系のチーズはNGなので、ミモザチーズのみチョイス。
赤ワインがほしい~と思いました。


妊娠中、アルコールを飲めないのは特にストレスに感じませんが、
ワインのみたいーと思った食事はこれが初めてかも。
料理に合うワインを飲んでこそ楽しめる美味しさもあるので、
次回来るときはぜひワインも一緒に楽しみたいなー


sakura.jpg


ここで、お誕生日のお祝いです、と持ってきてくださったのがこちら。
かわいい~。
この真ん中にあるピンク色のお菓子はKazuyaさんの日本の故郷のお菓子だそうです。
口に入れるとしゅっと溶けて不思議な食感でした。


yuzu.jpg

デザートの前にお口直しのゆずシャーベット。
口どけなめらかでおいしいです。
記念日ということで、その場で写真を撮ってくださいました。
嬉しいサービス♪


tiramis.jpg


デザート。Toruくんはティラミス。
人生で食べた中でも1位、2位を争うほどおいしいティラミス!
だったそうです。

私も一口いただきましたが、お酒の酔い香りと滑らかな口どけがたまりませんでした。


desert.jpg


こちらは私のデザート。「分解されたマンゴータルト」
口に入れると確かにマンゴータルト!
キャラメル味のムースがおいしかった~


shyokugo.jpg


食後のお茶。
私はカフェインを控えているので、どうしようかな~と思っていたところ
ハーブティーをおすすめしていただきました。

かわいい器はharukoさんがNapierの町で昔購入されたものだそうです。


puti.jpg


お茶菓子。
最後の最後まで楽しい驚きのおもてなし心が隠れています♪




なんだかんだで3時間ほど。
一品一品丁寧に作られていてとてもおいしいお料理でした。
お店の雰囲気も素敵で、ほんと記念日にはぴったりのお店です。


私は妊娠中ということで、食べるものにいろいろと制限があったのですが
快く対応してくださいました。




またいつかオークランドに戻ってきた時に行きたいな~


NZで迎える4回目の誕生日。
20代最後の年は家族が増え、新しい土地に移り住むということで
またいろいろ楽しいことも、大変なこともある年になるだろうな。

家族が3人になる分、幸せを感じる時間も倍増で過ごしていきたいな~と思います。



2013.03.29 Fri l 外ごはん l コメント (0) トラックバック (0) l top
IMG_2901.jpg


Sakuraです。


日本から帰ってきて、新しい職場で働き始めて、
でも日本ボケはあったりとなんだかバタバタしてブログを
書いていませんでした。


日本から帰ってすぐ、11月1日は3回目の結婚記念日でした。


とはいえ、日本旅行でお金も使ったし~ということで今年は質素。
日本に行く1ヵ月前ぐらいにGraboneだかで購入したクーポンをちゃっかり活用。


オークランドの美味しいレストラン、として
どこかで常に名前のあがるEight point Twoに行ってきました。
場所がバーケンヘッドということからか、ちょっとひっそりしたたたずまい。


IMG_2900.jpg


一件家を改築してレストランにしました、という見た目はまんま普通の(そして高級そうな)家です。


IMG_2903.jpg


天井も高くて広々。いい感じ。
こんな家がほしい。


予約は日曜日の早い時間でしたが、その後も数組
クーポンを使わないお客さんがぞろぞろと。

オークランド、ちょっとお値段お高めのファインダイニングは
凌ぎを削っているという噂が聞こえるなかで、
けっこう常連客の根強い人気があるのかしら、と推測。
ちょうど日本に帰る前日に同じようにクーポンを使って、
そこそこ人気店のレストランにも行ったのですが、
そこは同じクーポン客が2,3組しかきてなかったし、
お料理もあんまり・・・ということで
今回のお店もどうなのかなぁと思っていたのですが期待が持てるかも。


IMG_2906.jpg

前菜。マッスル。
上に乗っかっている茎ワカメのようなものは、多分茎ワカメ。
お味もポン酢のような味付け。

マッスルの火加減がちょうどよいです。

IMG_2911.jpg


二皿目。レバーパテ。濃厚。パンにつけて食べます。
甘めのジャム(何かは忘れた)が良く合う。

パンが薄くてカリカリ過ぎたのはちょっと好みではなく残念。

IMG_2916.jpg

三皿目。なんだったっけ・・・
チーズのニョッキ、リンゴのスライス、チコリの葉、
生のもやし、キャラメライズした胡桃。
ニョッキがふわふわで不思議な食感。
リンゴの甘みとチコリの葉の苦みがちょうどよい。


IMG_2921.jpg

メイン。金目鯛のソテー。下にあるのはキノア。
美味しかった、気がするんだけど
少しかんきつ系の酸味が強いお味だった気が。


IMG_2929.jpg


デザート。リコリスのムース。

リコリスとは、スペインカンゾウ(リコリス、甘草の一種)の根
およびアニスオイルで味付けされた菓子。
外国のスーパーに売ってるなんか黒いやつです。




全体的にこのお店の感想として


料理技術も高いし、美味しい!


だけど、


だけど、


なんか味の組み合わせが自分たちの好みに合わない。
リコリスとか、始めて食べたし。


なんかなー。体調も疲れていたのもあるのかもしれませんが、
メニュー構成がなんだかほんと好みに合いませんでした。
うう・・・レストランが悪いわけではなく、残念。


次回、メニューが変わるタイミングでまた行きたいな。



そんな感じで、レストランのたたずまいと同様に
ひっそりと過ぎた3回目の結婚記念日でした。




2012.11.12 Mon l 外ごはん l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。