上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Sakuraです。


日本はもうすぐ夏ですか。
今は6月だから梅雨?台風は大事なかったでしたか。

こちらは冬まっただ中です。
東京の真冬よりは寒くないにしても、
寒いなあと縮こまりながら過ごしています。


マーケットは早8回。
先週は寒さでお客さん減の残念な結果でした。
まあ、客商売ってほんと季節とかイベント事とかの影響を
もろに受けるんだなあと、色々学んでおります。

話は変わりまして、2月末から通っている英語クラスが
あと2週間ほどで終わります。

本来ならばこのタームが終わる頃には転職しているはずでしたが、
たいした転職活動もしておらず、さてどうしよう・・・と
今後の人生の在り方にもんもんしてます。

英語力のほうは微々たるものながら、英語クラスに通ったことで
向上した模様。ちょっと喋りなれたというか聞きとり慣れたというか。

セカンドタームは7月末からということで、まだしばらく通う予定です。

セカンドタームは12月末まで。
ほんと、今年の後半戦スタート!ですな。


毎週のマーケット出店だとちょっと身体しんどいなあと
Toruくんと話つつ、未達の多い今年の目標について
後半戦もがんばらねば、とブログを書いていて思った次第です。


近況報告風に書こうと思ったら、なんか日本語変になりました。

ではまた。





スポンサーサイト
2012.06.20 Wed l IELTSとか。英語勉強中。 l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


ついちょっと前まで夏だ~と言っていたオークランドも
今週は雨雨雨・・・

布団は冬使用に変更。

した途端に今日は晴れて暑いです。
夏が行ったり来たり。



さて、先月から始まった英語クラスも早くも1ヶ月経ちました。
20数人いたクラスメイトも、最近の出席は17、8名で落ち着いています。


私は6時に仕事終わって、いつも10分遅れで到着、
授業が8時半に終わるのだけど、バスに乗るため8時25分ぐらいには
教室を出るので、なかなかクラスメイトとおしゃべりする、って時間がありません。


でも1ヶ月も通っていると、どんな人がいるのかだんだんわかってきました。

意外だったのは、NZ滞在歴がみんなけっこう長いこと。
一番長いのは韓国人のダニエルが15年。
大工さんで、年齢は私の父親とおなじくらいじゃないかな。

私みたいに、NZに来て永住権をとって、滞在歴が2~3年って
人もいるけど、どちらかというと少数派。


国籍は多種多様。
NZの移民として多い中国人はもちろんのこと、
韓国、ロシア、ブラジル、ベラルーシ、パキスタン、バングラディッシュ、スリランカ、などなど。


英語クラスに通うと、私が一番最初に仲良くなるのは中国人。
やっぱ、地名とかわかるし、「中国行ったことあるよ」って話でも盛り上がれるし、
こういう時、中国語勉強してて役に立ったなーと思います。


でもブラジル人の綺麗なおねーさんのクラスメイトとも仲良くなりたいけど、
なんとなーく話すきっかけがつかめず。



そして、思っていたよりも英語が上級レベルの人が多い。
歯科衛生士さんとか、NZの大学をすでに卒業した人とか、
大学の修士課程に通っている人とか。

レベルでいうと、IELTS7.0以上とれちゃう人たち。

それぐらいのレベルだと、やっぱり授業中もよくしゃべります。
喋る文章が滑らかだし、単語もいっぱい知っている。

受け答えが単語のみとか、簡単な文章になっちゃう私から見たら
「学校なんていく必要ないじゃない」と思うくらいのレベルなんだけど、
やっぱり言語ってのは、一生勉強していくものなんだなーと、しみじみ。




そしてふと気付くのが、英語コースにはNZで1位2位を争う多さの移民である
インド人がいない。

やっぱり英語が公用語だけあって、
インド訛りが強かろうが、彼らは英語ができるんですね。
オークランドの大型スーパーのレジは殆どインド人だし。



先生は昨日から3日間ホリデーということでメルボルンへ。
その間は代理の先生が来て教えてくれます。

クリスという名前のめっちゃ足の長い男性。
アメリカ人・・・?いや、キウイかな。


この「先生が休みで代理の先生が来る」ってのは
英語クラスに通っているとけっこうな頻度で遭遇することのような気がします。
そして、先生間での引き継ぎが多分殆どされていないだろうなぁーってところが
なんて言うんですかね、NZっぽいというか、日本ではあんまりない感じというか。



出席率は80%を確保すればいいので、週1で休むクラスメイトが多いです。
かくいう私も、大体金曜日はToruくんのお休みにあわせて授業欠席。



最初のオリエンテーションから比べると、
ほんと、ずいぶんゆるゆるとしたクラスですが、
仕事終わって、すぐ2時間半ぐらい英語に触れる機会があるっていうのは
今の自分にとっては合っているみたいです。


英語コースを終了したら、スモールビジネスとか、
ちょっとビジネス系の科目もとれるみたいだし、
ゆるゆると勉強続けていこうかな、と思います。









2012.03.22 Thu l IELTSとか。英語勉強中。 l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。

平日毎日ある永住者向け英語クラス。
毎週火曜日はテストの日。


テストは、リーディング、リスニング、ライティング、スピーキングの
4分野やるよ!ということなのでちょっとドキドキしながら出席したところ、
渡されたのは問題用紙。

筆記テストだけですか。
リスニングとスピーキングの要素はどこでテストするんじゃーい。


ところで、私のクラスはUpper Intermediateですが、
クラスの中にはLevel1~Level3までの生徒が混ざっています。

Level1 → 永住者向け英語クラスをうける初めての人
Level2 → 同上、でもちょっと英語力上 or 2回目の人
Level3 → 3回目以上の人

って感じ。
2回目とか3回目ってのが、同じレベルのクラスを3タームやってるのか、
それとも3タームかけて下のクラスから上がって来たのか、ってのははっきりしませんが。


とにかく、レベル分けされていて、テスト問題もレベルによって違うわけです。


ちなみに私はクラス唯一のLevel1。


・・・入学テストの結果がクラスで一番悪かったってことよね。



さて、先生がテスト問題を配る時に一言。

「この問題はあなたには簡単すぎるから、終わったら別のをあげるわ」


えー。簡単すぎるとかないのに。別のテストとかいらないのに。


と、思いながら問題用紙をめくると、
そこにあったのは



A B C D E・・・・



アルファベット。


最初の問題は、アルファベットを書き写せ!というものでした。






なにそれ。
ビギナーレベルの問題では??


あまりの衝撃に笑いがこみ上げて来ながらアルファベットを書き写す。
次の問題は、ある申込用紙を埋める、というものでした。

Family Name
First Name
Gender
Date of Birth
Address
Phone Number


これらの項目が、繰り返し違った形で聞かれる。
書く内容は一緒なので、なんだか事務作業してるみたい・・・


10分ほどで終わったので、先生から別の問題用紙をもらいました。


見ると、「Level3」の問題用紙。
Level2はどこにいったんじゃーい。


と思いつつ、開くとこちらも特定のフォームを記入する問題。
内容はJob Application を埋めるというものでした。

シンプルなんだけど、Job experience の項目とかは色々考えて書かなきゃいけないし、
わりかし英語力を求められる問題。
Leel1との差が激しいなあ。



テストの日は終わった人から帰ってよし。
なので7時は学校を出れました。


まあ、「???」なところは幾つかありますが、
最近は授業もなんだか安定してきて、英語に触れる機会としては重宝しています。

2012.03.15 Thu l IELTSとか。英語勉強中。 l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


夕方の英語コースに通い始めてもうすぐ2週間です。

永住者向けの英語コース。
仕事が終わってからいくので、最近なんだか少し忙しいです。



さて、初日は「6時から9時まで!宿題を1日1時間!」に
ちょっとびびったわけですが、フタを空けてみると


授業は8時半には終了。

宿題は今まで出たのは1回のみ。


というぬるさぶり。

まあ、NZだしこんなもんよね~



永住者向けの英語コース、しかも無料、というところで
授業の質っていったいどうなのよ、と気になる方もいるかもしれません。


まあ、これはぶっちゃけ先生次第ですね。


私のクラスの先生はおそらくフィリピン人。

授業は・・・なんというか・・・・ちょっとつまんないです。
その証拠に20人近くいた出席者は、今週は13人とかそれくらい。
どんどんクラスメイトが減っていきます。


なんでつまらないのか。

たぶん、授業中に生徒へのインプットする内容が少ないんです。
言い換えると、すごーく生徒の主体性に任せた授業をしている。


たとえば昨日の授業を例にあげると、
有名なステーィブ・ジョブズ氏のスタンフォードでのスピーチを聞いて
どの部分に感銘をうけたかをグループで話し合う、というものでした。

渡されたのはジョブズ氏のスピーチをプリントアウトしたもののみ。


これで、一度スピーチ聞いただけでデイスカッションしろって
よっぽど英語の単語力ないとできないなーってのが個人的な感想。


私の理想としては、

スピーチを原稿なしでまず聞く。
次に、プリントアウトした原稿を見ながら聞く。
そして、少し難しそうな単語をピックアップして、その意味と用例について先生から説明。

その後、感銘を受けた、感動した、というシチュエーションについて
使える単語と用例をいくつか先生から説明。単語のプリントがあるとなお良い。

最後に、上記で習った単語と用例を使いながらグループでディスカッション。



こんな感じの授業がいいです。


まあ一応一番上のレベルのクラスだし、もしかしたら先生はそれにあった授業を
しているという可能性もありますが。
でも、クラス見る限り、いきなりディスカッションでべらべら話だす人って
一握りだし。それこそ、10年NZにいますよ、みたいな。


とはいえ、英語を少しでも使う機会があるのはありがたいので
なるべく休まずに通うつもりです。


インプットの少なさに対しては、電子辞書を持ち込んで対抗。
授業中にせっせと新しい単語を覚えましょう。




最後まで通って卒業できるクラスメイトって、何人いるかな。







2012.03.08 Thu l IELTSとか。英語勉強中。 l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。

週末は2泊3日でコロマンデルへ小旅行に行ってきました。
すっかり日焼して、顔の皮がむけ始めています。
コロマンデル旅行記は明日からアップするとして、
今日は英語クラスのお話。


1ヵ月前に申し込んだ、永住者向けの英語クラスが本日スタートしました。
学校はDynaspeakというCityにある語学学校。
職場から5分もかからない場所なので、通うにはとっても便利。


初日の今日は、まずはクラス分けが発表されているということで、
ビルの10階のレセプションへ。
そうすると、クラス分けの紙は11階に貼ってあるということで
またエレベーターにのり上のフロアへ。

この時点で、同じ英語クラスに通うらしき移民の人が5~6人
エレベーターに乗っています。
ずいぶんと受講者はいっぱいいるみたいです。



さて、張り紙の中から自分の名前を見つけたところ、
レベルは「E4」。


「E」と付いているので、まさか「Elementary(初級)」?と
若干不安を抱きつつクラスへ。



6時スタートなので、5分ぐらい早めに来るように、と学校からは
事前通達がありましたが、6時過ぎてからクラスに来る人がちらほら。

というか、先生も6時を回ってもまだ来ない。


まあNZタイムなんで気長に待ちましょう、と思っていたところ
10分ほど過ぎて先生登場。


先生の話によると、どうやらこのクラスはUpper Intermediate(準上級)らしいです。
といっても、夕方コースはElementaryから始まって、4レベルしかないので、
実質は一番上のクラス。。。

クラス分けのテストは文法問題オンリーだったのですが、
曖昧な部分が多くて適当に流して回答したとこもたくさんあったのに。

まぐれのレベル分けかもしれませんが、とにかくこの4カ月間の授業で
文法きっちり覚えて、単語増やして、スピーキングに慣れることが目標であります。




最初は授業をせずにオリエンテーションのようなものがスタート。


政府が運営している移民向け無料英語クラスなので、
出席率等色々と厳しく設定されています。


・授業は月~金の6時~9時まで。週20時間のコース設定なので、
1日1時間、Self Studyの時間を設けること。
Self Studyに関しては、宿題がでるのでそれを早めに学校に来てやるか
家でやるかする、ということでした。

・出席率は80%以上がマスト。これを下回ると、次から同じような無料コースに申し込めなくなるそうです。

・欠席する場合は必ず学校に電話で連絡すること

・テストは毎週火曜日に4分野(リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング)実施。必ず受けること。



面白かったのは、「どれくらいの遅刻までならOKか」をクラスの総意で決めたことでした。

7時以降は校舎に入れなくなるので、それ以降だと絶対欠席扱い。
夕方コースはクラスのほとんどが日中仕事をしているので、
6時スタートといっても、ある程度遅れる場合もある。

それならば何分までの遅刻ならOKか?

と、先生がクラスに問いかけて、最前列にいたスペイン人らしき女性が
「15分」と答えたのでそれに決定。


私も仕事終わるのは6時だし、最初から数分遅刻する前提で申し込んでいるので
こういうのはありがたいです。


ちなみに、この「遅刻を何分までOKか」、という時間のことを
英語で「Grace period(猶予期間)」と言っていました。
知らなかった単語なので、さっそく一つ勉強。


今日は1時間だけのオリエンテーションで解散。
正直、昨日までのコロマンデル旅行でかなーり疲れていたので
今日から授業じゃなくてありがたかったです。



授業は明日からスタート。
がんばります。


2012.02.27 Mon l IELTSとか。英語勉強中。 l コメント (3) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。