上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Sakuraです。



Work Visaを申請してから早2週間ちょっと。


移民局からはなーんにも音沙汰なしで、
まあしばらく待とうかなと、週末をのんびりすごし、
さらに月曜日には有給をとって、Toruくんの職場のみなさんと
ワイヘキ島に遠足に行ってきました。

そんな予定外の3連休を過ごし、日焼けと疲れを引きずりながら
会社に行こうとしていた火曜日。


駐車場を出たところで、マンションのマネージャーさんに

「Wait!」と、声をかけられました。


以前、夜に飲み会をしていて「静かに!」と怒られたことがあったので
(NZのマンションは壁が驚くほど薄いです)

今回もなんか悪いことしたかしら・・・と思いつつ近づいていったところ、


「パスポートが届いているよ!」


と、小包を渡されました。



マンションにはインターホンがついているのですが、
我が家は電話をつないでないので、小包系は全てマンションのマネージャーが
一時預かりすることになっているのです。



「これはもしや!」


と、ドキドキしながらあけると、


approved!の文字が。


Work Visaが、ふたりのパスポートに貼られていました♪


DSC05574.jpg


パスポートの他に、レシート、ワークビザ取得のお知らせ、
原本の提出書類(写真、雇用契約書等)が同封されていました。


Work Visaの期限は2年間、2013年2月3日まで。


Toruくんのビザには、現在通っている学校にパートタイムスチューデントで通い、
ニュージーランドのどこの企業でも働けますよ、と書いてあります。


Work Visaの申請は、ケースによっては半年以上おりない・・・
なんてこともあるそうなので、2週間でおりてほっと一息。





この2年のWork Visaの間に、永住権申請をする計画。

次のステップは、IELTSとToruくんの就職活動です。


がんばるぞー


スポンサーサイト
2011.02.08 Tue l ワークビザ取得 l コメント (4) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


ワークビザを申請してから1週間。


移民局から1通のメールが。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Application Received at Branch: ******

Dear Sakura

Thank you for your Work visa application. Your application was received by us on 20-Jan-11.

Your application number is *****
Your client number is *****

We will contact you if we require additional information. We aim to process this within 60 days

Kind Regards,

Auckland Central Branch
Immigration New Zealand
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

内容は、ワークビザのアプリケーションフォームを受付ました。

アプリケーションナンバーとクライアントナンバーはこれ。

もし何か質問があったら私たちから連絡します。

60日以内に手続きする予定です。

では。


みたいな感じ。



送られて来たアプリケーションナンバーとクライアントナンバー、


何に使うんだろう・・・・



とりあえず、待つのみです。


2011.01.27 Thu l ワークビザ取得 l コメント (1) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


旅行記がすっかり置き忘れられていますが・・・


先日、ワークビザ申請しました。


今回は、私の会社でサポートしてもらって、ワークビザ申請。
Toruくんは、私のサポートでのオープンワークビザを申請。


用意した書類はこちら

*Sakura

○Work Visa のapplication
○雇用主に書いてもらう用紙 
○employ agreement 
○大学の卒業証明書
○日本の雇用期間証明書 
○無犯罪証明書 

*Toru

○Work Visa のapplication
○Work Visaサポート用のapplication form 
○Variation of Conditionのapplication form 
○学校からのoffer of Placement
○授業料支払いの領収書
○一緒に住んでいる証明 
○デートや旅行した時の写真など。



Toruくんはまだ7月まで学校に通いますが、
パートタイムスチューデントということで、
ワークビザが降りれば、学校に行きながら
かつフルタイムで働ける状態になります。


今回は去年の11月頃からちまちま用意していましたが、
学校からもらったoffer of placementが「フルタイム」になっていて、
「パートタイム」に修正しようとしたものの、

学校がホリデーのため1月17日まで待たなきゃいけなかったり、

「パートタイム」で発行する場合は、「現在フルタイムで働いている証明が必要」
ということで、Toruくんの勤務先にサインをもらったりとちまちま大変でした。



あと今回の申請で初体験だったのが、

Justice of Peace (JP)。


パートナーのビザサポート用の書類(INZ 1146)には
サポートする本人(私)のサインを、このJPという資格を持つ人の前でして、
JPに「ちゃんと本人がサインしましたよ」と証明してもらう必要があるのです。


日本でいう、公証人っていう人にやってもらう認証っていう作業です。
日本で最初Toruくんの学生ビザと私のオープンワークを申請したときは、
ニュージーランド大使館でやってもらいました。


JPはイエローページとかで探すと見つかりますが、
オークランドにお住まいの方は、シチズンアドバイスビューロー(CAB)とかに
いくとやってもらえます。

私は、オークランド図書館の2階でやってもらいました。

必要なのは、サインする書類とパスポートのコピー。
費用はタダ♪


ただし、JPがいる時間帯は曜日に寄って変わるので事前チェックが必要。
そして、混み合ってるので30分ぐらい待ちます。



あとはスペルミスや、申込書は「大文字で書かなければいけない」ということで
何度も書き直したりしました。
(移民局も全部オンライン申請にしてくれればいいのに)



そんな感じで書類を移民局に提出。


そのうち、移民局からメールで「申請受け付けたよ!」っていう
お知らせが来る筈なのですが、2営業日たった現在でもまだ来ていないので、
まぁ待つしかないでしょう・・・


無事にワークビザが降りますように!




2011.01.24 Mon l ワークビザ取得 l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


なんだか蒸し暑いオークランド。
湿気が少ないオークランドでは珍しい暑さのようです。


さてさて、そろそろビザの更新とか考えなきゃね~と
言ってから1ヶ月、いちおうちゃんと準備を進めています。

忘れないように状況メモ。


【用意する書類】

○Work Visa のapplication form ×2 (書類だけあり。早く書こう)
○Work Visaサポート用のapplication form ×1(Toruくん用。同上)
○Variation of Conditionのapplication form ×1(同上)
○雇用主に書いてもらう用紙 ×1(既にボスに提出済み。早く書いて)
○employ agreement ×1(同上)
○大学の成績証明書 ×1(手配済み)
○日本の雇用期間証明書 ×1(手配済み。プリントアウトしなきゃ)
○無犯罪証明書 ×1(手配中)
○一緒に住んでいる証明 ×1(銀行に手配中)

【これも必要?】

○一緒に住んでいる証明で、マンションのマネージャーの人とかに一筆書いてもらう?
○戸籍謄本 原本+英訳
○デートや旅行した時の写真など。
○Work Visaサポート用のapplication form ×1(Toruくん用。同上)
→これは、認証(justice of peace)の手続きが必要???


1年前のビザ申請で出した健康診断がまだ有効なので
今回は必要ないはず。


ニュージーランドはパートナーカテゴリーの場合、
一緒に住んでいるという事実関係の証明にうるさいので
書類は多いほうがいいんだろうな・・・


最近になって移民法がマイナーチェンジして、申請費用とか申請書とか
変更になりました。ワークビザの場合、オンラインで申し込むと
申請費用が安いんだけど、オンラインってどこで申し込めばいいのかわからない・・・


今回、私がワークビザをとって、Toruくんは私のサポートでワークビザを
とることになるんだけど、そのサポート用の申込書に、日本では
認証っていう作業が必要だったんですよね。

「このサインはちゃんと本人がしました!」ってことを第3者が証明するというもの。

日本では領事館の人が立ち会って、なんか書類にハンコ押してくれました。

こっちではjustice of peaceというらしい。


移民局の窓口で、これって必要?なの?と別件で聞いたときは、
「そんなの必要ないわよ!!」という回答だった。

はて、どうすればいいのか・・・





年明け1月5日には、書類を揃えてどーんと出したいのです。

頑張れ、私。


2010.12.15 Wed l ワークビザ取得 l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。

昨日はお友達のucoさんをお招きして、お食事会をしました。
お刺身、ウニ、イクラの和食三本立て!!のメニュー。
お友達とご飯ってやっぱり楽しいですね。


そんな感じでお気楽に暮らしているような私たちですが、
ニュージーランドに来て早9ヶ月。

色々と今後のことを見直さなければいけない時期にきています。


まずはToruくんの学校。
当初は2年間コースに申込、来年の9月が卒業予定でした。
ただ、何があるかわからないから、ということで支払ったお金はとりあえず1年分。

こちらに来てから2年コースとほぼ同様のLebel5の資格が
3ヶ月短縮してとれるコースがあることがわかり、
そちらのコースにずっと申し込もうとしていたものの、コース変更は
直前ではないとできないということで、卒業時期が確定しないまま
ずっとやきもき待っていました。

先日、来年2月からのこの短縮コースが発表され、なんとか申込をできたので
(支払いはまだだけど)Toruくんの卒業時期は来年の7月、
ということで見通しがたちそうです。


次にお仕事とビザ。


現在、Toruくんは学生ビザなので、週に20時間しか働いては
いけないことになっています。
ただ、これでは家計はちと厳しい。

加えて、来年からの授業は週3日のみとなるので、せっかくならそれ以外を
フルに働けるようにして、就職にもつなげたいところ。

これについては、私がワークビザをとることで解決しようと考えています。
ニュージーランドでは、現在ワークビザを持っているパートナーは
オープンワークパーミッド(雇用先や時間の制限なく働けるビザ)を
取得することができるので、
私→ワークビザ、Toruくん→オープンワークパーミッド、
ということになれば、時間を気にせず働けます。

幸いにも、私の今の勤務先が快くワークビザのサポートを
してくださるということでしたので、
年明け早々の申請に向けて、これからいろいろと書類集めをすることになりそうです。


それから英語。


私たちが考えているSkilled Migrant Category (一般英語部門)の永住権申請では、
申請者はIELTS6.5(TOEICで850点ぐらい)が必要とされています。

この英語の基準は、「現地企業で1年間働いていたら免除」とか
「2年間のフルタイムの学校に通っていたら免除」とか
「永住権取得後に英語学校に通うということでいくら払ったら免除」とか
いろいろと免責事項があり、ToruくんもそれでIELTSを受けずに永住権を申請することは
不可能ではないのですが、卒業したら永住権をすぐ申請したいので、Toruくんは
まずはIELTS6.5を目指します。


そして私はというと。


Toruくんの永住権申請ポイントは、現在の想定では130ポイントになる予定です。
ニュージーランドの移民法では、140ポイント以上は自動的に2次審査に回ると
規定されているので(それ以下のポイントは、空きがあった場合に審査される)、
できればあと10ポイントなんとかしたいところ。


移民局のホームページでポイント計算をしていたところ、
配偶者の英語基準(IELTS6.5以上)が満たされた場合、
なんと40ポイントもアップすることが判明!!
(本当は20ポイントアップじゃないかと思う節もあるのですが・・・
とりあえずはポイント加算されます)

つまり、私がIELTS6.5を持っていれば、Toruくんの申請ポイントは170点!

来年の7月までに、IELTS6.5をとることが私の任務となるわけです。


あと9ヶ月。・・・不可能ではない目標。



がんばろ~ということで、決意表明もかねてブログに書いてみました。


やらねば




2010.10.21 Thu l ワークビザ取得 l コメント (4) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。