上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top



「もしもし?」


「もしもし、こちらNZ大使館ですけど。」


「あ、はい!」


「申請されているビザの件で確認なんですが、
   奥さんの分の犯罪経歴書がありませんが・・・・」


         ・
         
         ・

         ・

=============================


10時半ごろ突然、電話があり、若干の質疑応答。

細かい話になるが、NZのビザ既定に条件があり、
申請しているビザが2年以上、もしくは過去の滞在と合わせて2年以上になる場合には、
犯罪経歴書(無犯罪証明)を提出しなくてはいけないことになっている。

僕は過去にワーキングホリデーでNZに行っていたため、今回の滞在で2年を超える。
ただ、Sakuraさんは今回とりあえずは1年のビザ申請のため、提出をしていなかった。

両方共に書類がそろっていないということで、審査をする大使館人が混乱をした模様。

結局、意図がわかりましたので、了解ですと事なきを得た。



いやぁ、焦りました。




「わかりました」と言われたところで
ふと、冷静になったので、
いつ頃審査が終わりますか?と聞いてみると、


「今日中には終わりますよ。
 あ、一応予定ですのでそのぐらいですけど」

とのこと!!




そわそわ。。。。




先ほどメールチェックをしたら、
===========================
Your applications have been approved today.
Please come to the embassy to pick up your passports.

===========================


きたっ!!





「approved!」

過去何度もぬか喜びを経験したので、念には念を入れて、
英語の辞書を確認。

approve:
1 〈…を〉よいと認める,〈…に〉賛成する.
2 〈…を〉(正式に)承認する,認可する.




おぉ、間違いない。



ビザの申請は承認されたようです!


終わったら郵送してって提出したけど、メールには取りに来いって書いてあるけど。。。
まぁ、いいですかねw


ということで、パスポートは明日、ピックアップ予定です。





いよいよ、チケットを確定させて、出発に向けた準備を
本格化させなくては。。。

まだまだ、気持ちは現実感がないですが、
一つ一つ前には着実に進んでいるようです。










こうなると、残る問題は、飛行機のチケットと、
相変わらず一向に連絡のない不動産屋さん。



ちなみに、その不動産屋さんとのやり取りは・・・


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

上司の人から今日、振り込み後初めての連絡。。。

======================
When emailing 担当者Aさん there is no need to send this to others.
It just gets confusing as it doesn’t relate to Bさん or myself.
======================

混乱するから、メールは担当者だけに送れと。

===============================
なめとんのか。
Bさんは、そっちが勝手にCCに入れてきたから、入れておくっとんねん。

混乱するから送るな~?
そんなメール送る暇があるんやったら、ちゃんとマネジメントして、
どうなってんのか連絡してこんかい、われ~!
===============================


(英語なので、気持ちだけ)やくざチックな怒りモードで返信・・・・・・
っと、いかんいかん。。。返信メールを削除。



とりあえず、しばし放置することに決定。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんな感じw


バカンスなのか何なのか、困ったもんです。




スポンサーサイト
2009.12.15 Tue l NZに行くぞ! 学生ビザ l コメント (4) トラックバック (0) l top
ようやく。

今日朝、学校からメールが一通。

====================
I will be sending your receipt soon.
We have received both your payments as advised by our accounts department.

====================

英語のメールって短いですよね。

本文これだけ。
後は、頭に「Dear Toru」と結句「Best regards」だけ。



ま、それはともかく。
無事に入金も確認できたとのこと。
待ってれば領収書が送られてくるらしい!


1時間後。

==================
Kindly find the receipt attached.

==================
(またしても本文これだけw)


お~~~。
ようやく来ました。

一年分の学費の支払いの証明。

ということで、これで僕らは2011年1月28日までのビザがもらえるはず。


さっそく行ってきましたNZ大使館。

・申請書類3種:学生ビザの申請、パートナースポンサーシップの申請、ワークビザの申請。
・パスポート二人分
・健康診断の結果二人分
・犯罪経歴証明書(僕の分)
・銀行の預金残高証明書
・学校からのオファーレターと領収書
・戸籍謄本
・住民票

これらを一式にして提出。
(多いな・・)


==================
大使館員(以下、大):結婚したのは最近ですね。

自分(以下、T):そうですね。一緒に住んでるのは一年くらいですけど。

大:偽装結婚とかそういうのもあるから、1か月だとちょっと。。。

T:え!?そうなんですか。
 むしろこれを機に籍を入れたんですけど・・・

大:んー、付き合ってたことが証明できるものありますか?

T:んー。。。。写真?郵便物?・・・・探してみます。

大:じゃぁ、申請は受け付けましたので来週の金曜日までに追加の資料
  持ってきてください。

==================


ということで、一歩前進、半歩後退w


パートナーにもビザがでる制度を利用していくため、
結婚が偽装結婚でないということを証明しないとNZ側としては
変な人に無駄なビザを出してしまうことになるという理由なんですね。


こまったなぁ。。。あんまり写真に写らない僕。
二人で写ってる写真なんて何枚あるのか。。。

だれか持ってればご連絡ください(切実に)




まだ、ビザの申請は終わりませんねぇ。


2009.11.28 Sat l NZに行くぞ! 学生ビザ l コメント (0) トラックバック (0) l top
皆様にもずいぶんとご心配をおかけしております。
色々なメールありがとうございます。

学費はどこへ行ったのか・・・その行方がおぼろげながら見えました。

間に入っている日本人が経営する会社の従業員(現地の人)の方からもらったメール。
======================
Your money has been transferred to NSIA "Trust account",
a Trust account is set up to make sure that students money is protected.
There are lots of students who have paid their fees just now,
and it willtake NSIA accountants a few days to sort the problem out.

※NSIAというのは、僕が行く学校の名前。
======================

もはや英語になってるし。。日本人向けに間にはいる意味あるのか。。。


どうやら、僕は直接学校にお金を支払ったわけではないようです。

留学が重要な産業の一つとなっているNZでは、政府の期間として、
詐欺や、倒産などによる学生への被害を防ぐため、
政府が管理する銀行口座があり、そこが一度お金を受け取る仕組みになっているそうです。

そして、2月が日本でいう4月のようなもののため、たまたま同時に大量の学生からの入金が
発生しており、その仕分け作業が追い付いていないとか・・・

なんだそれ・・・・と思ったりしますが、そのため誰が悪いわけでもないですが、
まだ学校も入金を確認できていないとのこと。

間に入っている日本人エージェントの人と電話で話をしたところ、
僕の前に振り込んだ人で2週間もかかった人もいたそうで。。。
上記メールにも「数日」かかりますと。
向こうの数日は×2、いや、×3くらいは考えたほうがいいような。


信じられない・・・・!!


と叫びたいところなんですが、そこはNZ。
まぁ、そういうこともあるのかもしれない。



ただ、ビザの申請受け付けは12月1日までなので、待ってるわけにもいかない。
ということで、向こうで振り込みをした(先日の二重に支払ってしまったときにやり取りをした)
担当者の人に、銀行側から連絡をしてもらうことといたしました。


僕はもうどうしていいもんやら。。。とさんざん困った挙句。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・ビザの申請に学校のレシートが必要なこと、
・レシートの発行には入金が確認できるものが必要であること、
・ただ学校側は銀行から振り込みの証明を出せと言っていること、
・そんなものは存在しないと僕は思っていること、

・待っていれば、入金は確認できそうであること
・ただし、それには1週間以上かかりそうであること
・ビザの申請が12月1日までしか受け付けてもらえないこと

という状況で、どうしようもないので、一度直接話をしてほしい。

ただ、電話番号はわかっているが、誰宛に電話をしたらいいのかわからない。

まずは、そんな対応が可能かどうかを教えて欲しい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というメールを書きました。


すると!!


銀行の担当者の人から、僕が振り込み依頼でFAXを送った紙に、
その人のサインと、銀行の社判を押したもの(=銀行側はこの振り込みを証明するよって言う意味)を添付して、早速「電話の前に先にメールでこれを送るよ」と
学校の担当者にメールをしてくれました。

学校からのメールを以前転送した時のを引っ張り出して送ってくれたみたいで、
それだけでも驚きだったんですが・・・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
銀行側としては振り込みが完了していて、キャンセルにもなっていないし、
エラーにもなってないし、戻ってきてもいない。
つまりは振り込みが完了しているはずで、振り込みの証明としては添付の書類で
十分なはず。

彼(=僕のこと)は今日本でビザの申請に、レシートが必要だから早く発行してあげてくれ。

何か問題があるなら、連絡をください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という文面付きで。



感激です。
いや、思わず昼間に携帯からそのメールを見て街中で、
その親切さと心強さに涙ぐみそうになっちゃいました。


そして、夜にようやく学校の誰に電話をすればいいのかがわかり、
その情報と電話番号を銀行の担当者に連絡することができました(これ、さっき)。


明日にはレシートが来て、大使館に行けるといいなぁ。。。

向こうの方が3時間早いので、朝起きる頃には仕事がスタートしているはず。
なんらかアクションはあることでしょう!


提出可能な日は残り3日。
はたして間に合うのか・・・・


2009.11.27 Fri l NZに行くぞ! 学生ビザ l コメント (4) トラックバック (0) l top
先週の木曜日、ニュージーランド国内の銀行から学校へ学費を振り込んだはず。

間に入っている日本人エージェントに振り込んだことを伝え、
証拠として画面キャプチャーしたものもメールで送信。

その際、二重で振り込んでしまったので、返金してほしい旨も連絡。


ところが・・・・
それから、一向に音沙汰がないまま5日間。。。。

はたしてだまされたのか??
それとも何か問題でもあったのか???

と不安な日々を過ごしてました。


明日、ビザの申請に行くということで、本日も連絡がなかったため、
エージェントをすっ飛ばして、学校へ直接メールにて連絡。

すると!
そく返事がきました。

いったい、間のエージェントは何をしてるのか・・・
直接学校とやり取りさせてくれって感じです。




ところが!
メールでのやり取りを見てみると。。。


We have not received the payment yet.
As soon as I receive it I will email you.

え・・?

「まだ、入金されてないので入金され次第連絡します」????


どういうこと!?


銀行の人は、木曜日に振込すれば、金曜日に振り込まれると言っていたはず。

はたして、僕はいったいどこの誰にお金を払ったのか・・・



その間に入っていたエージェントから電話が来た(現在日本におられるので)ものの
タイミングが合わず電話にて話はできずじまい。


二重入金になっているだけに、支払った額約300万円弱。


そのお金はどこへ行ってしまったんでしょう・・・

そして、明日ビザの申請はできるんでしょうか?
明日できないと間に合うんでしょうか??



んーーーー。
一気に雲行きがやや怪しい状況になってしまいました。





2009.11.25 Wed l NZに行くぞ! 学生ビザ l コメント (2) トラックバック (0) l top
「向こうに行ってどこに住むの?」

「学生寮みたいなのがあるんですよ~」


という会話を方々でしているわけです。
とはいっても、無条件に学校がこの部屋ねと割り当ててくれるわけではありません。

ましてや、今回夫婦二人で行くわけで、学生寮のせまーーーい一人部屋に
二人で住むってわけにはいきません。
(思わず大学の宿舎を思い出した・・・
 5畳くらいにベッド、机、洗面台付きで冷蔵庫テレビを設置して暮らす部屋でした。)


実際は、現在提携先の不動産屋さんに連絡をしています。
それがここ:Build Corp

で、学校に近いのがSchnapper Rock Rdというところにある、学生寮。
比較的新しいらしく、きれいなところの様。

ちなみに、写真はここで見れます。(広告のようなのでしばらくの期間だと思いますが・・・)
Albany, 6 bedrooms

7つの個室と4つのユニットバスを持つ1軒屋に10人弱で暮らすことになります。
一人用の部屋と、ダブルベッドのある二人用の部屋があり、
$150(一人用)~$250(二人用)という感じ。

部屋には日本で言うところのクローゼットと机、タンス、テレビがついていて、
ワイヤレスのインターネットが可能とのこと。

思いのほかいい環境そうです。


ちなみに、このエリアは大学や専門学校があるため学生向けのものが多いです。
日本で言うワンルームみたいなものもあります。

その他比較的海にも近いことから、すごーーーくいい部屋もあったりします。

例えば、これ
日本円換算で、月に11万ちょっと。
物価を考慮しても家賃は、16万/月。


いやぁ。。。ありえない。
広すぎます。

素敵なキッチンに広すぎるリビング。
どう使ったらいいんでしょう。

トレーニングマシンでも並べようかな・・・
あ、妄想が膨らんでしまいました。


こんなところに住めたらいいなぁと思いながら、
まずは二人で暮らせる部屋を決めるところが先ですね。

また、住所が決まれば方々お知らせいたします。

============================================

ちなみに、先日の”ニンショウ”をしてもらうために、改めてニュージランド大使館へ。

お相手は、日本人だったのでなんとなく安心(笑)
(ちょっと手続に不慣れでドキドキしたけど・・・)

会社の住所がわからない!とか、そんなこともありましたが、
無事に何とか。
ふぅ。

結局のところ、学生ビザやワークビザの申請には認証は要らず、
パートナースポンサーシップのビザの申請にのみ、認証が必要でした。

ちなみに、認証料金は9000円(2009年11月現在)。
領事部の方がサインして、住所とかのハンコと、大使館の印鑑を押してくれます。


後は、学校への振込完了のレシートがあれば提出できる!!

もうちょっとです。
2009.11.18 Wed l NZに行くぞ! 学生ビザ l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。