上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Sakuraです。


ネイピアに引っ越してきてもうすぐ一年。
地方都市ですが、オークランドと比べると田舎。

田舎に住んで、初めてわかったのが



「芝刈りって大変」


ってこと。



今住んでいる家には、前と後ろとそれなりの広さの庭があります。
NZサイズでいったら小さい庭だけど、その気になればブランコぐらいは
置けちゃう広さの庭です。



賃貸ですが、家賃に芝刈り代は含まれていないので、
自分たちで手入れしなければなりません。


芝ってのは、特に夏!暴力的に伸びていくもので、
冬場は最低3週間に1回、春秋は2週間に1回、夏は1週間に1回、
芝刈りをしないと、家の美景は保てません。


芝刈りがきちんとされているかどうかというのは、
その通りや家の評価額に関連してくるので、
NZ人は気にするってのがもっぱらの噂。


引っ越してきた当初は、まだ娘もお腹の中で静かにしていますから
私が運動がてら芝刈り担当。


そこまで広い庭じゃない、ということでお店の人のアドバイスをもとに
$100しないくらいで手動の芝刈り機を買い、2週間に1回くらい刈っていました。



しかーし、暮らしていくにつれ問題がでてきました。
手動芝刈りでは、庭の端の部分の芝が刈れない。


そのため、端っこだけみょんみょん芝が伸びているという不格好な様子に・・・


そして、私のお腹も大きくなり手動を押すのがしんどいなあということもあったので、
2代目芝刈り機として、端っこをカットするようのエンジン付き芝刈り機を購入。

こちらはスティックタイプなので、お値段も$200ぐらい。


これでばっちり!!と思ったのですが、ここから恐怖の夏に突入!!


急激に伸びる芝!!


繁忙期で仕事に忙殺されるToruくん!!


体力も時間も奪っていく赤子!!


ということで、我が家の庭の芝は伸び放題に。



そして、伸びた芝というのが厄介なことこの上なく。



手動芝刈り機では、刃が巻き込まれてしまい役に経たず→壊れる。


スティックタイプの芝刈り機でも、一部は刈れるけどガタガタに。→不格好。



そして、先日ついに大家さんに言われてしまいました。


「よかったら週末芝刈りに行こうか??」



ええ、お願いしましたよ。



大家さんは快く、エンジン付きのでっかい芝刈り機をもってきて、
30分くらい芝を刈って帰っていきました。
見違えるほど庭をきれいにして・・・




いやー完敗です。


芝をなめてかかり、芝刈り機への予算を削ろうとした私たちが間違ってました。


その次の休みの日、ホームセンターに行ってさっそく買ってきました。


1932328_705324492843850_1106476029_n.jpg


ガソリン入れて動く、エンジン付きの芝刈り機。
約$600ドルなり。


安いテレビやパソコンが帰る値段。。。


でもこれ、Metro(都市)モデルなんです。
ホームセンターでは、木も刈れるっていう芝刈り機も売ってました。


庭のある暮らし、ってのに憧れを抱いてたこともありましたが、
うちらには無理だな、って思いました。
「そこそこの広さ」で手いっぱいです。


子供がもうちょい大きくなれば、庭も遊び場として大活躍なんですけどね。


ガーデニングってのは、時間と体力とお金がかかるなあ
というのが、ネイピアに越してきてひしひしと実感したことです。




スポンサーサイト
2014.03.08 Sat l 家庭菜園 l コメント (1) トラックバック (0) l top
Toruです。

子供はかわいいけれど、子育ては結構大変。。。。
泣くし、寝ないし・・・。

でもまぁ、時々出る笑顔に癒されながら、
過ごしてます。

生後8週目?
既に、僕とSakuraさんの違いや、ある程度の意思表示を覚え、
新生児から立派な赤ちゃんへと変貌したなぁという感覚。

子供の成長は本当に日々早いもんだと驚かされるばかりで、
自分もそんな時期を過ごしてきたんだなぁと今更ながらにシミジミです。


さて、新しい家にはベジガーデンがある!ということで、
雑草を抜いて畝を作り、勢い込んで、
紫蘇、オクラ、レモングラスを植えてみたのが2か月ほど前。

ところがその後、寒の戻りで冬に逆戻り。。。。
雨は降るわ、寒いわの時期を過ごし、
どうなるかなぁと2週間ほどたって、ぽつぽつと芽が!!!!!


喜んだのはつかの間、それらはほぼすべて「かぼちゃ」
いったいどこに紛れ込んだのかわかりませんが、
かぼちゃは繁殖力が強いようで、一気に芽を出しました。

それらは今回はごめんなさいということで間引き。


その合間を縫って、オクラの芽が!!
そして、一つだけ紫蘇の芽も??



わくわくしてましたが、
3日後にはすべて全滅。。。。




正体は、鳥でした。


うちの庭には、スズメのほか、なんだかわからない鳥が
数種類やってきては飛び去っていくのですが、
その鳥たちが食べてしまったようです。



忙しさもあり、ガーデンは正直諦めモード。
そのまま一か月ほど放置してました。

その間していたことといえば、卵の殻や、
リンゴの皮などの野菜くずを捨てること。
(本人はコンポストのつもり。。。)


あっという間に雑草復活。。。。



でも、本日。
3度目の正直。

ということで、今度は、苗を購入。




まずは、家庭菜園の定番。
ミニトマト。



DSC09684.jpg



そして、一緒に食べれるかな?のバジル。



DSC09685.jpg



合わせて、どうしてもやってみたい気持ちに勝てなかった、スイカ。



DSC09686.jpg



この三種類をまずは植えました。




そして、この後なんと、「茗荷」と「紫蘇」が加わる予定です。


どうなるかガーデン!?




おまけ。


DSC09687.jpg



放置されたガーデンに、「サボテン」???
なんだかわからないけどちょっと面白そうなのでしばらくは放置することに。
うまくいけば、ドラゴンフルーツが食べられる??
2013.10.22 Tue l 家庭菜園 l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。



今住んでいる家は、お庭とけっこうなサイズの
ベジガーデンがあります。


引っ越してきたときは冬だったし、前に住んでいた人が植えた
野菜が残っていたので放置していたのですが、春らしい気候に
なってきたこともあり、家庭菜園を再開してみました。





DSC09388.jpg


雑草もろもろを引っこ抜いて、スコップで土を掘り返します。


今回は、Toruくんの発案で畝を作ってみることに。



DSC09391.jpg


畝の部分にビニールをかぶせます。
こうすることで土が乾くのが防げるということで
日光の強いネイピアではいいかな、と思ったのですが
実際のところの効果はこれから。



紫蘇、おくら、レモングラスの種をまいてみましたが、
種をまいた後から雨の日が続き、まだ芽がでていません。


鳥もいっぱいやってくるし、軌道に乗るには時間がかかりそうです。




2013.08.21 Wed l 家庭菜園 l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


NZは6月4日が祝日ということで3連休でした。

3連休といっても、私たちは中日はマーケット。
マーケットは連休の中日ということでいつもよりも多いにぎわい。

そして初の完売!でした。
やっぱり売上を上げるには、マーケットは場所全体の集客は必須なんですね、とひしひし。



話は変わって土曜日のお話。
土曜日は仕込み~の日でしたが、午前中に例のコミュニティガーデンに行ってきました。

この日はコンポストの作業日ということで人出が必要だったらしく
Toruくんはコンポストの肥料をまぜまぜ。

私はおとなしく畑の雑草を抜いてました。

「Bad Weed」ということで、コンポストに入れてはいけない
雑草を1種類学習。
ほとんど役立たずです。

2週間ぶりの畑は、更に緑が濃くなってました。
夏がガーデニングシーズンとはいえ、冬でもすくすく育つんですね。

知らない野菜もたくさん。
2時間ほどぶちぶち雑草を抜き、お茶をして、農作業って知識も体力も
必要だし、「農業で田舎へ移住」って絶対想像するほど簡単じゃ
ないよなあなんてことを思いながら終了。

(私は)対して役に立っていませんでしたが、
いろいろ野菜をもらってきました。


IMG_1707.jpg
ベトナミーズリーフ。スープに入れるとあっという間にベトナム風に♪

IMG_1709.jpg
えーと、ルッコラ?だったかな・・・

IMG_1706.jpg
こちらはなんと三つ葉!ちょっと育ちすぎですが、味は三つ葉でした。
育ててるおばあちゃんは何かわからないけど育ててました。

IMG_1703.jpg
とうがらし。


IMG_1726.jpg
超でかいローズマリー。ラムシャンクと一緒につけて、翌日おいしいラムシャンクを頂きました。


IMG_1728.jpg
Jerusalem artichoke。日本名はキクイモ。
生でも食べれます。細切りにしてサラダにいれるとしゃきしゃきして美味しい。
NZでも買うと高いです。1キロ$6~$8ぐらいかなあ。


ちなみに、ジェルサレムアーティチョークはイスラエルのエルサレムとも
、野菜のアーティチョークとも何の関係もありません。
南米のペルー原産で、ヒマワリの仲間、だそうです。


IMG_1722.jpg
変わり種。さとうきび。


IMG_1717.jpg
でっかいパクチョイ。





003_20120605185809.jpg


これらの野菜を使って、土曜日のお昼ご飯はベトナムラクサ風ヌードル。

畑直送の野菜が美味しゅうございました♪


ほんと、家を買うなら日当たりのよい畑が作れる庭があるのがいいです。








2012.06.05 Tue l 家庭菜園 l コメント (0) トラックバック (0) l top
Sakuraです。


家で野菜を育てたいな、と思いつつ
ベランダの日当りが悪いので家庭菜園は、ハーブを育てるぐらいで
すっかり放置気味だったある日。

同じマンションに住むおばあちゃんから、オーガニックのフィジョアと
イチジクを頂きました。


このおばあちゃん、おばあちゃんというには若々しく、
おしゃれで人生楽しんでいる感じです。
毎週週末にマンションの近くで行なわれるマーケットでも
いろんな野菜を売っており、ベランダにも鉢植えがいっぱいあるので
「ベランダで育ててるの?」と聞いたところ近所にコミュニティガーデンがあるということ。

いつでも見にきたらいいわよ~的な感じだったので、
場所を教えてもらってお友達といってきました、というのが先々週の土曜日のお話。


コミュニティガーデンは教会の敷地内にある小さいガーデン。
その日は、当のおばあちゃんはいなくて、2人の女性が
ガーデンで作業していました。


興味があることを話すと、自由に作業していっていいわよ、ということ。
なんでもその女性2人もここには参加したばかりで、どこが誰の区画か
よくわからないそうです。

ここのコミュニティガーデンは、使用料は自由。
とれたものを少し教会に寄付しているそう。
登録すれば誰でも使用できるそうですが、今は畑が全部使われているそう。

「みんな勝手にきて植えるだけうえてあとはほったらかしなのよね~」

と、案内してくれた女性は笑っていました。


特に厳格な規則を決めず、当日ふらっと現れた人間もWelcomというところが
ニュージーランドっぽいです。


001_20120523192812.jpg


畑のスペースは小さいですが、緑と土のいいにおい。
日本の祖母の家にあった畑の空気を思い出しました。


005_20120523192812.jpg

006_20120523192813.jpg

008_20120523192814.jpg




野菜もたくさん育ってます。


基本的にはオーガニックで育てているそう。


この日は1時間半ほど草取りをして終了。



週末はガーデンに通うぞ~と思って登録はしてみましたが、
マーケットの準備に追われてさっそく先週はいけず・・・


はたして自分達のガーデンを持つことはできるのか。
体力次第な気がします。




2012.05.22 Tue l 家庭菜園 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。